DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed グラスホッパー - 伊坂 幸太郎 のレビュー全126件 JUGEMブログ

>
[Amazon] グラスホッパー (角川文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

グラスホッパー (角川文庫)
グラスホッパー (角川文庫)で自分のブログにレビューを書く

グラスホッパー

おすすめ!3.4 [3.4](126件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:8475位
  • Amazon価格:¥ 637
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:404384901X(角川書店(角川グループパブリッシング))
グラスホッパー (角川文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(126件) 3.4 [3.4]

3.4

グラスホッパー

18:21:By my favorite

 殺し屋小説と言われているこの小説。ほんとに、こんな世界があるのかも・・・と思いながら読みました。何が本当で、何が作り物なのか?本当のことが良いものなのか、作り物でもいいじゃん。などなど、思うところ… このレビューの続きを見る

3.4

伊坂幸太郎さん

22:03:By Wallflower

最近映画の話ばかりしていたので本の話をしようと思って! 上は最近読んだ本 と その本の前作です 伊坂さんのマリアビートルとグラスホッパーです 最近の本の売り上げランキングで毎回上位に来ていますよね … このレビューの続きを見る

3.4

伊坂幸太郎作品

00:55:By ひとりごと

今週は伊坂さんの本を読んでいます ・オーデュボンの祈り  不思議な島がどこかにある様なきがします・・・グラスホッパー 現実に起こりうる様な事件と殺し屋達 楽しく読めました・重力ピエロ 少し重い感… このレビューの続きを見る

伊坂幸太郎さん

17:40:By creamy ; days

  今ハマっているのが伊坂幸太郎さんの本。 とてもおもしろいのでオススメです。 読んだ順に掲載。

3.4

グラスホッパー

02:16:By niko niko*

殺し屋の話。 主に鈴木、蝉、鯨の三人の視点で書かれてます。 すっごいスピード感! 一気に読み終えました。 最後にぜんぶが繋がる感じ、さすがだなあって思いました。 殺し屋にも色々種類があって… このレビューの続きを見る

グラスホッパー

22:54:By Wisteria note

伊坂幸太郎、これは映画にもなりましたよね。 堺雅人で、でしたっけ? 読みながら、これは西尾維新の戯言・人間シリーズなのではないの?と思っていました。 だって、殺し屋とか、ね?殺し名とか呪い名とか… このレビューの続きを見る

「復讐を横取りされた。嘘?」元教師の鈴木は、妻を殺した男が車に轢かれる瞬間を目撃する。どうやら「押し屋」と呼ばれる殺し屋の仕業らしい。鈴木は正体を探るため、彼の後を追う。一方、自殺専門の殺し屋・鯨、ナ… このレビューの続きを見る

グラスホッパー 著/伊坂幸太郎  鈴木の妻はフロイライン「令嬢」という非合法なことをしている会社の息子に轢き逃げされた。教師をやめ、妻を殺した寺原に復讐するために、その会社に入社したものの、目の前で殺… このレビューの続きを見る

・結構はやりの作家さんなのね? ・「アヒルと鴨とコインロッカー」のDVDがすごくよかったので、読んでみたら、意味がわからなかった。 ・速読派の私は、仕掛けられた罠に気づくことすらできなかったみたい。 ・こういう「裏社会」を扱った話ってすんごい落ち込む。 ・そういう話で、一般人が巻き込まれていくとさらに落ち込む。 ・小説の中だけでありますように。

押し屋、自殺屋、、、みんな殺し屋!   まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング 【あらすじ】 「復讐を横取りされた。嘘?」元教師の鈴木は、妻を殺した男が車に轢かれる瞬間を目撃する。どうや… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  久しぶりに読書・・。 [あらすじ] 妻を殺した男に復讐するために、男の父親の会社に社員として潜入する鈴木。 ある日、鈴木は目の前でその男が車にひき逃げされるのを目撃する。 その事故… このレビューの続きを見る

世界から自由になるには、携帯電話を切ればいい。 単純で、ひどくくだらない。 夢がない。 つまり、自由なんてのは、その程度のものなのだ。 現代って本当に携帯に束縛されてますね 携帯を手放したらどんなに自由になれるだろうかと思うときがあります 疲れたときとかは昔が羨ましくなります JUGEMテーマ:伊坂幸太郎 

人間がいてくれて良かった、なんて誰も思ってねえよ、 人間以外はな 本当に人間って自然から見たら 最悪なことしかしてませんよね(笑) JUGEMテーマ:伊坂幸太郎 

 買ってからだいぶ放置気味だったので一気読み。最近専ら伊坂しか読んでないな〜でもいいんだよね。巧妙さを感じない、頭のいいお話。あーなんかいろんなことある前提で省いてる感じが好き。ようわかんないけど。疲れないんだよね。でも読んだ後に残る物は多い感じ。言葉のセンス欲しいな〜欲しい欲しい言ってないと欲しい物忘れちゃいそうだから連呼する。ほしいほしいほしいあーどうにか自分肯定してあげたい。

   元教師の鈴木は、妻を殺した男が車に轢かれる瞬間を目撃する。 どうやら「押し屋」と呼ばれる殺し屋の仕業らしい。鈴木は正体を探るため、彼の後を追う。 一方、自殺専門の殺し屋・鯨、ナイフ使いの若者・蝉も「押し屋」を追い始める。 疾走感にちょっとストレスを感じた。 わりとほのぼのなラストは良かった。 (11日読了)

JUGEMテーマ:小説全般 とにかくテンポが良い小説でした。さくさく読み進めることができます。だいてい2日くらいあれば読み終えることができます。内容はちょっとえぐい部分もありますが、R指定をつけるほどでも… このレビューの続きを見る

人もこうやって、呼吸しているのが泡や煙で見て取れればもう少し、生きている実感があるんじゃねぇかな。行き交う人が、口からぷくぷくと呼吸を見せていたら、暴力も振るいにくいだろうな、絶対そうだ、とも思った… このレビューの続きを見る

長編。図書館にて。 『復讐を横取りされた。嘘?「鈴木」「鯨」「蝉」。疾走感溢れる分類不能の「殺し屋」小説』 スピードがあって面白かったー。一気読み。 でもあまりにもいっぱい死ぬので、もう一度読むか、というとそうでもない。

……内容が思い出せない。蝉(?)のキャラクターがなんか好きだった気がする。

グラスホッパー

02:28:By nap soup

伊坂先生はどうしてこうも爽快感さえ感じさせてくれるぐらいの勢いで、 まったく後味の悪さを残さずに残酷な場面を書けるのだろう。 これが『チルドレン』を書いた人とは思えない。陣内のような人はここにはいない! 正直すごく残酷で暗くなる。でも一度読み始めたら止められなくなる。 すごいです、伊坂幸太郎。次々に映像化されるのも納得できる。 すごく精密で大胆。映像化にするのはもってこいだな。

こんばんは。 昨日に引き続き、本のレビューです。 今回は最近読み出した伊坂幸太郎氏の作品です。 他の作品同様に氏の伏線の書き方や登場人物の心理描写は楽しめます。 しかしながら、登場人物の設定が現実離… このレビューの続きを見る

裏表紙より、あらすじ。 「復讐を横取りされた。嘘?」元教師の鈴木は、妻を殺した男が車に轢かれる瞬間を目撃する。どうやら「押し屋」と呼ばれる殺し屋の仕業らしい。鈴木は正体を探るため、彼の後を追う。一方… このレビューの続きを見る

3.4

グラスホッパー

23:52:By かたくりこ

久しぶりに本の紹介です! なんせ最近忙しいと言い訳して 本読んでなかったもんで 今回は大好き 伊坂 幸太郎 さんの グラスホッパー 紹介しますよ さすが伊坂さん… めちゃ良かったっす あ ら す じ … このレビューの続きを見る

残虐な袋小路な暴力話なのに、読み終わったあとかんじがいい。何故だろう 就寝前に読んだのに、眠り・夢は全く影響されず。

4回目休演日

23:18:By LeinaUshiyama Blog

 昨日は中日を無事に越えまして、今日も休演日をゆっくり過ごしています。いちにち一日、丁寧に。あます事なく魂をぉぉぉぉ〜〜〜〜!そんな毎日が過ごせる事に感謝です。千晶さんみたいに何か気の利いた写真… このレビューの続きを見る

ずっと読みたくて文庫落ち&図書館待ちしてたやつ。文庫版の表紙がきれいだったから思い切って買ってみました!伊坂さんの本はこの他にはオーデュボンの祈りしか読んでないけど、それに較べるとずいぶん垢抜けた… このレビューの続きを見る

 最近、目の疲れで相変わらず手がしびれている香織です。 と、まずは言い訳から。 何も書かないと部長に殺されそうなので、すみません。今月は今までで一番好きな本から。 私はこの一冊で一気に伊坂幸太郎… このレビューの続きを見る

殺し屋の話。 これはよかった キャラがすごい確立してたし 自殺させ屋、てのはおもしろい発想だと思った 「人はみんな死にたがっている」のはほんとうかな 自殺させて殺すのと車道に押して殺すのとオーソドックスに殺すのと 三人の殺し屋の話なのにえぐくない お人よしの愛妻家を一人登場させることですっごいバランス良くなってる この本にかぎらず この人が書く話はどこか透き通った感じがする 

開拓

16:00:By のんびり*すごそ

 友人から借りまして 初めて読む作家さんです。 昨日に引き続き本を借りちゃって 一気に読みたい気分が高ぶってますが 今はバイト中なので 少しずつ読んでいこう。

3.4

読書。

17:18:By たんたん譚

JUGEMテーマ:読書 久々に小説を読んだ。 面白いとずっと聞いてたけど読めていなかったのから手をつけてみたり。 ぐるぐるする展開,境目が滲むように曖昧になっていく思考。 ちょっと酔っ払ったような読後感が… このレビューの続きを見る

昨日から一泊で下田に行ってきました。温泉で癒される、なんてことはまるでなく、ガーッと行って、ゴーッと飲んで、ダーッと帰ってきました。***新人選合宿キックオフミーティングテーマ:いざ、一流 〜DRIVE!!〜… このレビューの続きを見る

背表紙の解説を読む限り、面白いのかなぁ?なんて半信半疑だったんだけど、ついつい読んでしまう。んで、面白かった。妻を殺された恨みを晴らすべく、犯人の男を殺すつもりが、目の前で別の誰かに犯人を殺されてし… このレビューの続きを見る

 なかなか面白かった。殺し屋の世界を扱ったこの作品。決して道徳的とはいえたものじゃないけど、でも、その世界観を楽しめる。巧い具合に登場人物たちが絡み合い、そこに生まれる人間関係がまた興味深い。

もう9月なんですね…。ブログを書くといつも月日の流れの早さを感じます。というわけで久しぶりのレビューです。グラスホッパー。私の好きな伊坂幸太郎をまたまた読みました。この本はサークルの同期が「オススメだ… このレビューの続きを見る

おもしろい

13:54:By Que sera, sera

10代の頃は山田詠美にはまっていました 20代前半は宮部みゆき そして今は、伊坂幸太郎です すごく考えさせられる でも重苦しくない、感じ 今まで読んだもの オーデュボンの祈り、ラッシュライフ、陽気なギャング… このレビューの続きを見る

3.4

GOOD

險。嗯,重申,直覺十分重要的。就是說,那種人,一開始就沒啥好的感覺。果然。。。。可,不嘗試把它越過,也沒法把好人抽取出。我是替代的。。。煩啊煩啊。。。。想東西也能亂嗯,我要去看攜帶。畢竟我可憐的攜帶已經死了很久。。。啊,信還是沒解決啊。嗯,是不是由祝賀信變成普遍沒意思的信了。

結構衝撃的なお話からスタートするこの物語。自殺・拷問…ちょっとだめでした。ラッシュライフの人体切断がだめなかたにはおすすめできません。偽装家族のくだりは好きです。

伊坂幸太郎の作品で今のところ一番好きな本です。とてもダークな世界でたくさんの人が死にますが・・・でも終盤に行くとこの残酷な世界から離れたくないと思い 、いつまでも主人公の鈴木と漂っていたい気持ちになります。 主人公の鈴木の復讐劇という内容で、亡くなった妻への思いが優しさであふれています。 登場人物みんなが魅力的で、かっこいい!

まだまだ伊坂熱は冷めず。 今はグラスホッパーを読んでるー ラッシュライフは、心温まったなぁ。 つながりをついつい探って読んでしまったけど、 たのしかった。 オーデュボンの祈りは、 ハッピーエンドでうれし… このレビューの続きを見る

グラスホッパー

12:01:By kb

まだ、小説を読み始めて間もなかった1年前。 書店で面白そうな文庫を探していると、目立つPOPを発見。 『前代未聞の殺し屋小説!! これを、読まないままで良いのか?』 その頃から、いつか読んでやろうと思って… このレビューの続きを見る

グラスホッパー

20:54:By 受賞本

 グラスホッパー  著者 : 伊坂幸太郎  受賞歴 : 第132回直木賞 ノミネート

3.4

グラスホッパー

02:10:By memo

内容(「BOOK」データベースより)「復讐を横取りされた。嘘?」元教師の鈴木は、妻を殺した男が車に轢かれる瞬間を目撃する。どうやら「押し屋」と呼ばれる殺し屋の仕業らしい。鈴木は正体を探るため、彼の後を追う… このレビューの続きを見る

自殺屋の鯨、ナイフ使いの蝉、そして押し屋の槿。3人の殺し屋が数奇な運命で巡り合う。 殺された妻の復讐を果たすためにまともな稼業をやっているとは思えない会社「令嬢」へ入社した鈴木。妻を轢き殺した犯人は令… このレビューの続きを見る

ジェットコース並です。 劇団員には驚きました。現実にあるのかなぁ〜

 こういう世界もありそうだな、とぽつりと思った本。【粗筋】元教師の鈴木は、妻を殺した男が車に轢かれる瞬間を目撃する。どうやら「押し屋」と呼ばれる殺し屋の仕業らしい。鈴木は正体を探るため、彼の後を追う… このレビューの続きを見る

 あらすじ「復讐を横取りされた。嘘?」元教師の鈴木は、妻を殺した男が車に轢かれる瞬間を目撃する。どうやら「押し屋」と呼ばれる殺し屋の仕業らしい。鈴木は正体 を探るため、彼の後を追う。一方、自殺専門… このレビューの続きを見る

伊坂作品を次々と読んでますが この作品もいいですよ。 1冊読むと次の作品も読みたくなるのがこの作者の特徴?かもしれませんが、 なんと、「魔王」 という作品に 「グラスホッパー」というカクテルが出てきます。(ねたばらし) そんな感じで、、前に出てきた1シーンが 後の作品に出てくるのが著者の特徴でもあります。 JUGEMテーマ:読書 

本はわりとスキ。

3.4

記憶を辿る

18:25:By Uccello giallo.

 メイトに行ったら、この本の漫画があった。あれ、やっぱりこれ原作の漫画?(ググれ(ry随分前にマンマが買って来て、読ませてもらったのだけれどなかなか不思議な話。名前も不思議。不思議不思議で面白かったと思う。漫画買おう♪

 こういうノリのブログの中で、普通の文芸書を紹介するのは良いのだろうかとどうでもいいことを真剣に考えてしまったりする。 このレビュー目的に来た人は、これを読んだらすぐに逃げてください……(・w・! … このレビューの続きを見る

伊坂幸太郎さんの作品にしては好みじゃありませんでしたなあーーー それぞれ犯罪を生業としている人たちの罪悪感や罪の意識ををカタチにして、結果的に「死」という選択を選ぶ過程が面白いです。 それぞれの人… このレビューの続きを見る

3.4

グラスホッパー

15:41:By uta-kata*

あらすじ 「復讐を横取りされた。嘘?」元教師の鈴木は、妻を殺した男が車に轢かれる瞬間を目撃する。どうやら「押し屋」と呼ばれる殺し屋の仕業らしい。鈴木は正体を探るため、彼の後を追う。一方、自殺専門の… このレビューの続きを見る

342

20:23:By tubutub u

展開的にはおもしろいのだけれどメインが殺人がらみなのとずっとシリアスなかんじと巧妙な会話のやりとりがこれは少なくて

  作家:伊坂幸太郎 好き:     妻を殺した男に復讐しようと、男の父親が経営する会社に 契約社員として入った鈴木。 ところが、自分の目の前でその男が車に轢かれる。 「押し屋」と呼… このレビューの続きを見る

3.4

グラスホッパー

19:13:By sallyの本棚

 またまた伊坂さんです。これはそれぞれの方法で人を殺すのがお仕事の、殺し屋たちのお話もともとはまったく関係のなかった殺し屋達が、知らないうちに、あるいは直接的に関係し物語は進んでいきます伊坂作品… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 友達から借りた伊坂本 「ラッシュライフ」、「アヒル〜」に続き3冊目です。 今回はどんな伊坂ワールドがみられるのでしょうか・・・  ・内容(「BOOK」データベースより)・ 「復讐を… このレビューの続きを見る

 始末屋たちのハードボイルド。 3人の主人公「鈴木」「蝉」「鯨」たち、それぞれの視線でバラバラに話が展開され 最後に一つに絡んでくる形式で、これがなかなか面白く 話も非常に綿密に計算されているの… このレビューの続きを見る

ちかごろ。

21:53:By alley

今朝、『ラッシュライフ』を読み終わりました。 なんかあっけなく終わっちゃった感じもあったけど楽しかったです。 今月は年に一度の読書月間。この熱が冷めないうちに読もう。 次は『オーデュボンの祈り』を読んで… このレビューの続きを見る

(2005/01/06) 例えば“伊坂幸太郎ってどんな作家なの?”と聞かれたとする。 答えになっていないかもしれないが私は次のように答える。 読者に“「この作家の新刊だけは必ず買おう!”と思わせる数少ない作家だよ!”

黒いバッタ。

17:21:By BLUE COLOR 

 してやられた・・・、というのが率直な感想で。(ネタバレあり) 傍若無人な会社のバカ息子に妻を殺された鈴木。 復讐のために、その会社に入社する。 ところがバカ息子は、誰かに背中を押され、 車道に飛び出し… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 いもうとが伊坂先生だいすきなんですねー なので、ほぼ全作品が揃っています。 お借りしてみました。 うーん、 なんだか受け付けない。 イマイチ? そんなことはないんだけど。 「ア… このレビューの続きを見る

3.4

グラスホッパー

20:29:By doku*doku

JUGEMテーマ:読書 「復讐を横取りされた。嘘?」元教師の鈴木は、妻を殺した男が車に轢かれる瞬間を目撃する。どうやら「押し屋」と呼ばれる殺し屋の仕業らしい。鈴木は正体を探るため、彼の後を追う。一方、自殺… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書数々の作品をずいぶん読んでいる気がするんですが 今までこの作家を知りませんでした。  なぜ知ったのかといえば ブックオフのランキングの上位に名前が載っていたからで 興味が湧いてすぐ… このレビューの続きを見る

 去年の年末に何気なしにダ・ヴィンチを読んでいると、「2008年好きな男性作家ランキング」がのっていた。第1位は予想通りの東野圭吾。ところが第2位になっていた作家について俺は何も知らなかった。3位以下の… このレビューの続きを見る

殺人者たちがみんな一文字の名前の中鈴木っていう日本人に一番多い名前の パンピー 嘘一般人的な人 もぅ令嬢に足突っ込んだ時点で一般人ていっていいのかわかんないけど 入る前は一般人で、 事件が… このレビューの続きを見る

3.4

グラスホッパー

22:00:By DON 9

JUGEMテーマ:小説全般 オーデュボン>グラスホッパーって感じでしたが この話はこの話で面白かったです^^ 蝉が好きでした。 共感できる部分が多かったです、とても。 鈴木・蝉・鯨 全く他人の3人の物語が、ど… このレビューの続きを見る

おもしろい! 疾走感! 一気読み! スカッ!……かな?

伊坂氏のはこれで3冊目 自分の癖として一冊読んでおもしろいとその作家ばかり読んで 次第飽きてきて別の作家に・・・がパターン化してる。 彼の作品もどこまで続くのかね。 正直、「ギャング」の2編ほどはおもしろくなかった。 でも全然ってわけではなくて「ほどは」ってこと。 軽快さがなくハードボイルドな展開だったからなんだろうけど。 でもPKが「くまのぷーさん」には苦笑い。

 最近疲れているのか、なかなか本を読む暇がない・・・ ので、仕事中に読んでしまいました 妻の復讐に燃える鈴木 自殺屋の鯨 殺し屋の蝉 3人が追うのが「押し屋」 それぞれ全く接点の無かった者同士が絡み合ってからの 加速が凄い!仕事サボって読むしかない! 題名と、内容がかみ合った瞬間は爽快です

 少し物足りない感じもした。これがこの作品の一言です。 ネタバレになるかもしれないのでご注意を。  この作品を読んでまず思ったのが「伊坂さんっぽくないなぁ」という感情でした。 たしか… このレビューの続きを見る

グラスホッパー

22:46:By

連休は、ひさしぶりに小説を読みました。伊坂幸太郎のグラスホッパーおもしろかった。ひさしぶりに読めた小説が、おもしろくて良かった。

なんだこれ。 怒涛の読書Weeeeekを迎えているらしいね、テストから逃げたいばっかりに。現実を放棄ですか。 そういえばいっつもそうだったんだよねー…遠い目。 読書の感想の前に言っちゃって申し訳ない… このレビューの続きを見る

グラスホッパー

23:10:By precious!!

初伊坂さん なんとなく伊坂さん話題だし、本屋で押されてるし読んでみた けどねー、あまりすきではなかった。。 だってこわいんだもん 私にはちょっと殺しの描写がえぐすぎた

グラスホッパー

16:14:By dodo.

読書の秋なので本読みます!んで、軽く紹介っつーか、感想文を書こうかなと。 d君のアニメ紹介の真似事みたいな感じなんで、適当に読んでください。『グラスホッパー』伊坂幸太郎のミステリ?サスペンス?ハード… このレビューの続きを見る

ごめん無理。長嶋有4連発で頭がエンタメモードに切り替わらないせいもあるかもだけどこういうナゾの組織みたいな話は醒めてしまって駄目。文章が全体的に安っぽいのも妻ネタ&子供ネタで泣かそうモードに持ち込むのもアウト。登場人物たちの死に対する視点が無理矢理というか強引で全然頭に入りませんでした。東京都文京区の伏線だけは「そう来たか!」とニヤリできたから星ひとつあげる。

JUGEMテーマ:小説全般 うーん。すがすがしいお話でした。 一般人の鈴木さんと、殺し屋たちのバトル。 それぞれの個性的な生き様が描かれてます。 鈴木・蝉・鯨の3人視点から描かれてるのが繋がっていくので… このレビューの続きを見る

脳内物質でろでろなので読書がすすむくん 超特急で文字が読める。こわい 伊坂幸太郎は、『ちんぷい』(関西ローカル)の 西アナ読書コーナーで、西君が一押しの作家さん。 ブクオフでとりあえず一冊だけ入手… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:Book review  久しぶりに、伊坂幸太郎。これの前に読んだのは、『ラッシュライフ』だったかな。 伊坂作品に登場する人物はみんな個性的で面白い。とても愛らしい。 妻を殺した男に復讐するた… このレビューの続きを見る

途中まで読んで、彼氏から続読禁止令が発令されました。笑 ぐ、グロいんだこれが。。。。 でも続きがちょう気になる(><)でもコワイ(><)でも読みたいでもコワイ あぁあぁああ(><) こういうのも、なんてことなしに読めるようになりたい。

JUGEMテーマ:小説全般 昨夜読み終わりました。 この作品は一言で表すと… 『非情』 ですかね。

『グラスホッパー』 お薦めされて読んだ本です。 ネタバレするとマズイかも知れないタイプのお話なので 極力、内容には触れないようにしますが… 『グラスホッパー』…“バッタ”という意味の題名。 … このレビューの続きを見る

伊坂幸太郎の作風を色で表すなら、 彼の作品には水色やライム色や黄緑色のような明るめの色が多い。 その明るいの色の中に暗色系の人間への嫌悪感や悲しさが混じっている。 それでいて人を沈鬱にさせないポッ… このレビューの続きを見る

グラスホッパー

00:11:By telescope

お久しぶりです。 いつから書いてないんだ? この本は装丁が気になって買ってしまった。 かっこいい。 中はなんと殺し屋の話でびっくりしました。 主人公は殺し屋ではなく、復讐のためにやばい組織に 関わ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 「グラスホッパー」のタイトルを見て、何処かで聞いたことがある気がする。 と読み始めてから長い間、考えていた。 喉の近くまで答えが上がってきているのに、明快な答えを思い出せないまま… このレビューの続きを見る

3.4

はーどぼいるど

23:52:By .uoo*blog

やっとじゅんばんがまわってきたので(としょかん)よみました。おもしろかったです。けど、ぼくはほかのいさかさくひんのほうがすきだとおもいました。

「復習を横取りされた。嘘?」元教師の鈴木は、妻を殺した男が車に轢かれる瞬間を目撃する。どうやら「押し屋」と呼ばれる殺し屋の仕業らしい。鈴木は正体を探るため、彼の後を追う。 一方、自殺専門の殺し屋・… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般 とにかく読んでみろ!といいたくなる名作。

3.4

(本)グラスホッパー

02:57:By books.

3人の殺し屋が出てくる現実離れした話。 (持)

(あらすじ) 「復讐を横取りされた。嘘?」 元教師の鈴木は、妻を殺した男が車に轢かれる瞬間を目撃する(o ´Д`)σ)Д`) どうやら「押し屋」と呼ばれる殺し屋の仕業らしい 鈴木は正体を探るため、彼の後を追う。 … このレビューの続きを見る

これの前に漫画版の「魔王」を読んだので興味を持ちました。漫画版魔王ではグラスホッパーは美青年犬養をリーダーとする私設警察の名称として登場するんですが、本作でのグラスホッパーの意味するところは、主人公(… このレビューの続きを見る

ばった

15:28:By M's DIARY

『グラスホッパー』伊坂幸太郎 読了。 静かに迫る焦燥。さらりと描かれる思惑。 笑えるくらい人があっさりと死んでいく、なんとも非日常な世界。 初の伊坂作品。『アヒルと鴨のコインロッカー』と悩んで、… このレビューの続きを見る

3.4

グラスホッパー

23:17:By UNIKKI

最近読んだ本そのさん

3.4

グラスホッパー

19:47:By For no one

復讐を果たす為に非合法的な会社≪令嬢≫へと潜り込む鈴木。復讐を誓った男が車にひき殺されるのを目撃する。どうやらその事故は「押し屋」と呼ばれる者の仕業だった。鈴木は正体を掴むために彼の後をつける。そして… このレビューの続きを見る

あんまり読み進まなかったのは ハードボイルド小説らしいから たぶん 鯨に愛着抱くも 彼は自殺屋でみんな首つったり飛んだりする しまいに幻覚 愛のある人は基本救われるので 安心して読める伊坂幸太郎 けど 殺し屋たちの話

最後まで読んで出た感想は、面白い!!に尽きます。 ただし、情景描写や精神状態の表現に抵抗ありました。あまりにも的確であろうと思われるので。 殺し屋の話なので、どんどん人が死んでゆくし。 伊坂さんの作品に登場する女性像に憧れます。 芯の強い、センスある会話の出来る、建設的な話合いのできる女性に。 この文庫は装丁もステキ。

JUGEMテーマ:読書 中断していたのをついに読破しました。 途中所々でつながりが理解し切れなかった・・・たぶん鯨の幻覚と現実の区別が。 それでもこの進行形式が結構好きなんです。

3.4

グラスホッパー

21:41:By ETHNOCENTRISM-R

伊坂幸太郎 『グラスホッパー』 読みました。 でもね、あんまり真剣に読めなかったと言うか、 押し屋 殺し屋 自殺屋 みたいな、 そういう世界に、うまく入り込めない心理状況にあったので、 (何せ… このレビューの続きを見る

3.4

グラスホッパー

19:21:By 空想本棚

読了! 爽やかに終わったかと思いきや、最後の最後で怖かったです。 岩西の「お前は最初から自由だよ」って台詞が、なんか好きでした。 久々の感想なのでちょっと勝手が分からなくなっています……。やっべ。

グラスホッパー

01:09:By a bow tie

あ、関西いっちゃお。 と思い立ち、仕事帰りに夜行バスに乗り込み大阪京都へ。 無計画な旅路・道程を豊かにするため購入したのがこの一冊。 (正確には、これって家出っぽい、と寺山の家出のすすめも購入) … このレビューの続きを見る

おもしろい、ざーーーーと読みました。 内容 妻の復讐を目論む元教師「鈴木」。自殺専門の殺し屋「鯨」。ナイフ使いの天才「蝉」。3人の思いが交錯するとき、物語は唸りをあげて動き出す。疾走感溢れる筆致で綴… このレビューの続きを見る

「復讐を横取りされた。嘘?」 元教師の鈴木は、妻を殺した男が車に轢かれる瞬間を目撃する。 どうやら「押し屋」と呼ばれる殺し屋の仕業らしい。 鈴木は正体を探るため、彼の後を追う。 一方、自殺専門の殺し… このレビューの続きを見る

読書期間:2007/9/29〜2007/10/1 「復讐を横取りされた。嘘?」元教師の鈴木は、妻を殺した男が車に轢かれる瞬間を目撃する。どうやら「押し屋」と呼ばれる殺し屋の仕業らしい。鈴木は正体を探るため、彼の後を… このレビューの続きを見る

グラスホッパー

13:44:By samstag

わたしの読んだ伊坂作品二冊目にあたるこれは、「オーデュボンの祈り」が好みだったせいか、どこか物足りない感じがしました。 ジャンルが全く違うから当たり前と言えば当たり前なのかもしれないけど。 悪徳業… このレビューの続きを見る

3.4

グラスホッパー

22:15:By Kaleidscope

妻を殺され復讐を生きる糧とする「鈴木」 殺し屋の「蝉」 自殺専門の殺し屋「鯨」 の三人の物語 何か純粋に面白くなかった。

復讐のために悪徳会社の契約社員となった鈴木。 ところがその復讐相手が目の前で轢き逃げされる。 鈴木は「押し屋」と呼ばれる殺し屋を追いかけ、正体をつかもうとする。 一方で、依頼されて人を自殺させる「鯨… このレビューの続きを見る

3.4

グラスホッパー

22:11:By 7話目

伊坂作品だから買ったというのが一番の動機ですが、帯の「死んでるみたいに生きたくない」の一文に惹かれました。 殺し屋がいろいろ出てきて、それぞれに思惑があって、「次はどうなるんやろ!」と気になって一気… このレビューの続きを見る

3.4

グラスホッパー

17:55:By バラノハナ

まだ読み終わってないけれど途中までの感想を かっこいい! 鈴木も蝉も鯨も、なんだかかっこいい してることは悪いことなのにねー なんだろう、読みながらワクワクしてる。そしてにやけてるよきっと … このレビューの続きを見る

伊坂幸太郎 『グラスホッパー』

ハードボイルド、って評されてるけど、これはハードボイルド? ああ、でも「殺人」っていう事柄を客観的に見ている、っていう点でみれば確かにハードボイルドに分類されるのか。 蝉、鯨、鈴木、という三人の視… このレビューの続きを見る

死んだように生きたくない!! 分類不能の殺し屋小説っ!

3.4

グラスホッパー

02:04:By

「グラスホッパー」伊坂幸太郎 とにかくたくさん人が死にます。 たくさん死んでしまうのにスラスラ読めてしまうあたり 少し怖い作品ですね。 あぁ この人も死ぬのか。 へー この人も死んじゃうんだ。 ふ… このレビューの続きを見る

3.4

グラスホッパー

01:49:By くねくね式

バッタは密集して生きていると体の色が変わり凶暴になるものが出てくるんだそうです。 これは、そんな人間達のお話。 押し屋に自殺屋に殺し屋に普通の男。 普通にはいられなかった男達。 それぞれの人生が重… このレビューの続きを見る

JUGEMに接続するとネットの調子急に悪くなるんですけどぉ。そのおかげで今日は何回でもネットつなげてましたよ。本気でイライラしたわ。 ってことでグラスホッパー感想。 辞書でやっとtitleの意味を知… このレビューの続きを見る

3.4

グラスホッパー

11:48:By Yのブログ

最近伊坂幸太郎の本を読むようになりました。 さらっと読めるところがいいなと思います。 「食べ物を消化することと、問題を消化することは別だ」 うん。 確かに。 お酒飲んだって、おいしい… このレビューの続きを見る

☆☆☆☆★ やっぱりさすがの伊坂ワールド! 暴力の描写が痛々しいけど、ぐいぐい引き込まれていきます。 平日の夜に読んでなければ一気です。 毎晩寝る前に読んでいったんだけど、ワールドが濃くて夢で私も捕まっ… このレビューの続きを見る

3.4

グラスホッパー

16:30:By 芙蓉のひと

前から伊坂さんが気になってたのもあるけど、 本作はタイトル買いというか、ジャケ買いというか・・・ 殺し屋3人の話っていう、超異色な小説。 特に残るものはなかったので、特に良いということもなく。 でも読みやすくていいね、伊坂幸太郎。 人間を群生する虫のようとの表現はおもしろかった。

帯のタイトル『死んでるみたいに生きたくない』に惹かれて買っちゃいました。 100Sの『キャノンボール』(ホンマいい曲)がホンマ好きなんで。。 で、話は妻を殺された男、自殺させるのがメインの殺し屋、ナ… このレビューの続きを見る

3.4

グラスホッパー

15:08:By J-BookShelf

主人公の妻は、寺原という金持ちの息子に遊び半分でひき殺された。主人公は、妻の復習をするために、寺原が社長をしている闇組織”令嬢”にて働き始めるが、そんなある日、主人公は、寺原の息子が交通事故に巻き込ま… このレビューの続きを見る

文庫新刊なのになぜ商品画像がないのか、amazon。非常に不満ですが作品自体はとても面白い。伊坂幸太郎の既読作品の中では一番好きです。 亡き妻の復讐相手を目の前で殺害された「鈴木」は復讐を横取りした犯人… このレビューの続きを見る

「死んでるみたいに生きたくない」  別々の人物の視点で交互に語られ、最後に対峙することになる、伊坂ワールド。 血なまぐさい内容だけど伊坂さんにかかると、なんとも不思議なノリになるのが面白い。 .....… このレビューの続きを見る

3.4

グラスホッパー

22:43:By YOU

本屋に行ったら発見したので速攻買いました。 2007年07月09日 付ORICONランキング文庫部門2位て見てちょっと嬉しかったです♪笑 伊坂さんの作品って結構スキなんですけど、今回はちょっとなんか足りないなあ…て感… このレビューの続きを見る

私の大好きな伊坂幸太郎の本が、今月また文庫として発売されたのでいそいそと購入しました。「伊坂さんには一気に読ませる力がある!」と友達も言っていましたが、本当にそのとおりです。すごく楽しかった。読みや… このレビューの続きを見る

今回読んだ本;グラスホッパー 伊坂 幸太郎 殺したのは誰だ、殺されたのは誰だ 元教師の鈴木は、妻を殺した男に復讐を誓うも目の前でその男が車に轢かれる瞬間を目撃する。その犯人として上がったのは『押し… このレビューの続きを見る

”死んでるみたいに生きたくない” このセリフ、 僕はキャノンボール(by100s)を思い出してしまいます。 まったくレビューになってません。

関連する商品