>
[Amazon] GO (角川文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

GO (角川文庫)
GO (角川文庫)で自分のブログにレビューを書く

GO

3.2 [3.2](12件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:61435位
  • Amazon価格:¥ 482
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4043852010(KADOKAWA)
GO (角川文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(12件) 3.2 [3.2]

 【あらすじ】日本で生まれ育ち、日本語を喋りながらも、両親が「在日朝鮮人」というだけで朝鮮学校に通い育った杉原。彼は、その狭い世界から脱出するため、日本の普通の高校に通うことを決意する。そして、… このレビューの続きを見る

 この本、直木賞作品である。映画にもなっている。窪塚洋介主演で話題になったけれど、個人的にはそれがよくなかった。映画は観ていないけれど、CMの効果とは恐ろしいもので、どうしても主人公が窪塚洋介でしかイ… このレビューの続きを見る

「GO」

02:09:By 少年は跳ぶ

“僕は小説の力を信じてなかった。小説はただ面白いだけで、何も変えることができない。本を開いて、閉じたら、それでおしまい。ただのストレス発散の道具だ。僕がそういうことを言うと、正一はいつも、「独りで黙々… このレビューの続きを見る

GO

23:30:By iiii

  帰りの飛行機でこれを読んだんです たまたま友達が持ってきていて、前から少し読みたいと思っていたので衝動で拝借 ニューヨークふっとぶくらい良かったです 言いすぎかもしれないけど 良かっ… このレビューの続きを見る

久々にいい物語を読んだなぁ、という感じです。 映画の評判もよくない上に、私もちょっとみたのですが、だめ。 小説版は、コミカルなタッチの中に描かれるシリアスな話のバランス感覚がすばらしい。 桜井みたいな恋人、私はちょっと苦手かも。実際、ちょっと似ていたかも。

金城作品3作目です。良い話です。自伝的小説。この人の作品は強い男が結構出てくるんだけど、本作もいっぱい出てきた。強さってなんなんだろうって考えされられるよね。たぶん著者の本意ではないと思うけれど、強さ… このレビューの続きを見る

GO

00:08:By kb

僕はある日、在日朝鮮人から在日韓国人になった。 当時、オヤジは五十四歳で、朝鮮籍を持つ、いわゆる在日朝鮮人で、 マルクスを信奉する共産主義者だった。 そんなオヤジが、初めて僕の前で、ハワイという言葉を口… このレビューの続きを見る

『GO』

10:16:By つれづれぱぺり

「在日朝鮮人」から「在日韓国人」に国籍を変え、民族学校ではなく 都内の男子高に入学した杉原。 ある日、クラブでヤクザの息子である友人・加藤の誕生パーティーが 行われ、誘われて行った杉原は一人の女の子と出… このレビューの続きを見る

GO

08:14:By 受賞本

 GO  著者 : 金城一紀  受賞歴 : 第123回直木賞 受賞

3.2

GO (角川文庫)

21:10:By 〜k.k.k〜

広い世界を見るんだ―。僕は“在日朝鮮人”から“在日韓国人”に国籍を変え、民族学校ではなく都内の男子高に入学した。小さな円から脱け出て、『広い世界』へと飛び込む選択をしたのだ。でも、それはなかなか厳しい選択でもあったのだが。ある日、友人の誕生パーティーで一人の女の子と出会った。彼女はとても可愛かった―。感動の青春恋愛小説、待望の新装完全版登場!第123回直木賞受賞作。

感想文

20:54:By ☆here and there★

 「これは僕の恋愛に関する物語だ。」、ということです。  ”僕”のあだ名は”クルパー”で、元ボクサーの父とたびたび家出をする母と三人暮らし。在日韓国人のクルパーは民族系の高校へは行かず、日本の男子高校へ通… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:本の紹介 金城氏の書く小説はとても興味深い内容です。 確か、以前V6の岡田くんが好きな作家さんとして名前をあげていて 知りました。 今、本屋大賞候補にもなっている 『映画篇』がすっごくよ… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品