DB Error: connect failed つくもがみ貸します - 畠中 恵 のレビュー全10件 JUGEMブログ

>
[Amazon] つくもがみ貸します (角川文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

つくもがみ貸します (角川文庫)
つくもがみ貸します (角川文庫)で自分のブログにレビューを書く

つくもがみ貸します

おすすめ!3.8 [3.8](10件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:368326位
  • Amazon価格:¥ 648
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4043888023(角川書店(角川グループパブリッシング))
つくもがみ貸します (角川文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(10件) 3.8 [3.8]

江戸、深川で古道具屋兼損料屋「出雲屋」という小さな店を営む姉弟。 損料屋は今でいうレンタル業。 火事が多い江戸では物を多く持たないので、鍋や布団まで貸し出す。 また、掛け軸や壺や根付などの飾り物も貸し出… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  お紅が忘れられない「蘇芳」という俳号をもつ男。大恋愛の末、何かしらの原因があって結ばれなかったのかしらと思ったけど・・・。たいした理由じゃなかった(笑。 理由はともかく、「付喪神」付きの何か、欲しいな〜

お江戸の片隅、お紅と清次の姉弟2人が切り盛りする小さな店「出雲屋」。鍋、釜、布団と何でも貸し出す店ですが、よそにはない奇妙な品も混じっているよう。それらは、生まれて百年を経て、つくもがみという妖怪に化… このレビューの続きを見る

好きな畠中恵さんの著作読みました。 妖怪が良く出てくる設定が多いのですが、今回の舞台は骨董屋 モノに宿るつくも神に限ってのお話。 お江戸は昔火事が多かったのは有名ですが だからこそ、身の回りのものが用… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  江戸で、損料屋を営む清次とお紅。 もちろん普通の店ではない。 貸し出す掛け軸や根付などは、生まれて百年が経ち 「つくもがみ」という妖になっている。 その「つくもがみ」達の おしゃ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  畠中恵の「お江戸妖怪譚」。彼女の書くお話は、「主人公が優しく、妖怪がかわいい」ので非常に「気楽」に読めるのがいいですね。刺激が欲しい時にはちょっと物足りないのですがリアルで… このレビューの続きを見る

つくもがみ貸します

03:51:By Drawing

あっさりした終わり方だったなあと思いつつも、つくもがみがみんな可愛いくて面白かったです。

3.8

つくもがみ貸します

11:04:By blue_side

久々に小説を読みました。まさに一気読み。「しゃばけ」シリーズも「ゆめつげ」もおもしろいけど、こちらもなかなかです。

 めっちゃ久しぶりに本のレビューを書きます。 「しゃばけ」シリーズでおなじみ畠中恵さんのまたまた妖怪モノ。今回は器物が100年経つと魂を得るようになる「付喪神」が出てくる話なのですが、しゃばけ慣れ… このレビューの続きを見る

文庫化を待ち望んでた1冊。 でもいざ読んでみたら、これは単行本で買っても良かったかなぁとさえ思った。 まず上手いと思うのは、つくもがみと清次・お紅との関係。 お互いに直接言葉を交わさないことが第一。人… このレビューの続きを見る

関連する商品