>
[Amazon] 海の底 (角川文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

海の底 (角川文庫)
海の底 (角川文庫)で自分のブログにレビューを書く

海の底

おすすめ!3.9 [3.9](33件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:18973位
  • Amazon価格:¥ 761
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4043898029(角川グループパブリッシング)
海の底 (角川文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(33件) 3.9 [3.9]

JUGEMテーマ:読書 私は電子書籍で読みました。出張中に読むにはぴったりの軽さ(重量も中身も)。

海の底

11:19:By みかん丸の本棚

『海の底』(有川浩著/角川文庫)  ★★★★☆ 「図書館戦争」で有名になった有川浩さんの自衛隊三部作の3作目。海上自衛隊の隊員が出てくるお話です。 自衛隊三部作は、以前第1作(にしてデビュー作)の「塩の街… このレビューの続きを見る

読み物連投ですが。 こちらもようやく読みました。 海の底。 有川浩さんの自衛隊三部作といわれているうちのひとつ。 三部作は最初に「空の中」を読んで、しばらく手をつけずに「塩の街」。 そしてそしてやっとの… このレビューの続きを見る

有川浩さんの『海の底』を読みました。 ストーリーは4月。桜祭りで開放された米軍横須賀基地。 停泊中の海上自衛隊潜水艦『きりしお』の隊員が見た時、 喧噪は悲鳴に変わっていた。 巨大な赤い甲殻類の大群が基地… このレビューの続きを見る

****************************************************************************** 桜祭りでにぎわう横須賀に、突如巨大な甲殻類(レガリス)の大群が襲来する。 海上自衛隊潜水艦「きりしお」クルーの夏木と… このレビューの続きを見る

自衛隊三部作、第3作。 横須賀を巨大な赤い甲殻類の大群が襲う!! 面白くて止まらず、一晩で読みきってしまった〜。 シリーズの中でイチバン迫力あったし!!スゲー!! 三部作、どれも違った面白さ!!たまらんっ!! 「クジラの彼」を再読したくなった。 (7日読了)

有川浩を初めて読んだのは「阪急電車」。すーっと涙が出てくる一冊で、人の気持ちがリアルだった。そして、夏休みに入る前に買って読んだ「空の中」。研究室で読んでたのに、もう涙でぐずぐずになってしまった。自… このレビューの続きを見る

ここ1年半ほどだいぶ本離れしてるんだけど、思い出したように時折読みます。まだまだ積読書あるんだけど無理はしない。少し前は村上春樹『雑文集』、あと漫画の『Real Clothes』を大人買いしたりして、昨日は有川浩… このレビューの続きを見る

塩の街/有川浩

12:59:By bocchi no kobeya

この3つで自衛隊3部作だそう。 ライトノベル?って言うのかな? おもしろかったです♪ でも、設定がちょっと入りきれないんで もどかしい。 もっとすごくなりそうなのになぁって感じ。 サクサク読めて2日で3冊読み切っちゃいました +  +  + 今日の夜おやつ マリンタワーで買っためひかり塩チョコ。 おいしかった

海の底

23:51:By sablog8

有川浩さん、今まで読んだのが全部おもしろかったので ちゃんと買って読んでみました。 せっかく買って読んでるのに そんな時に限って・・・コケるのか??活字の漫画か? っと、最初心配になったけど、なになに全… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 有川氏の「海の底」読破^^ 自衛隊三部作、これで全部読み切った☆ 横須賀基地に突如現れる未知の生物。 人々を次々に食らう大量の巨大なエビらしき生物たちに、横須賀は危機的状況に陥る。 … このレビューの続きを見る

3.9

海の底

18:15:By EVERYBODY'S UP TO SOMETHIN'

有川さん2冊目 また出てきた冷静な男の人 憧れるわー 食べ物がほとんどない深海で生活していた生き物が 人間によって栄養が豊富な場所に移動させられてしまうと この本のように、本当に巨大化してしまうのでは と思ってしまった 実際どうなんだろう SFっぽい話好きだ◎

 前回に引き続き有川さん読み中。 番外編(クジラの彼)→本編(海の底)って順に読んじゃったけど普通に楽しめた! こっちはラブ少な目。ちょっとあるけど前回の二冊に比べたら少ない。 パニックもの好きだし面白… このレビューの続きを見る

3日くらい前に読み終わってました。 怪獣映画みたいな小説です。恋愛要素はほとんどありません。 かろうじて、ほんの少し、匂わせる程度のものがあります。 友人に「『クジラの彼』を読むならこの本の後だろう… このレビューの続きを見る

 最近ずっと嵌っている作家さん、有川氏の自衛隊三部作を読了しました。 いやぁ、面白かったですよーーー。一番のオススメは「海の底」かなって感じなのですが 基本、あんまり恋愛モノを読まないあたしなので、恋愛要素が強すぎるものよりも 海の底みたいな方が好みかな。でも、どれも面白かったのですよーーー。 次は図書館戦争シリーズを読もうかなと思ってます。

3.9

海の底

21:51:By 人魚の本棚

 12月に入って読書量が減った。減ったっても、もともとそう多くはないけど・・・年末は忙しいし、いろいろあったからなーもうちょっとで連休だからそこで今月の本読み分をリカバーできると良いけど、どうかな… このレビューの続きを見る

 突如現れた巨大ザリガニ(?)が次々に人を食っていく!! という、いきなりショッキングな場面が現れる。 主人公は海上自衛隊の夏木と冬原。 そして潜水艦に閉じ込められた少年少女・・・ ライトノベルの作者らしく 軽快なテンポで、ハラハラする場面やクスっと笑える場面が山盛り。 閉じ込められた船内でただ一人の少女・望の心理、 機動隊と自衛隊、米軍のかけひきなどとても面白かった。

JUGEMテーマ:読書  有川作品2冊目。この本と同じ自衛隊三部作の一つ、「空の中」がめっちゃ良かったので、この本が文庫化されたと知るや日本から取り寄せてしまいました。ほんと、良かったです。「空の中」… このレビューの続きを見る

3.9

海の底

22:41:By Dimanche

  自衛隊シリーズらしいですね。 謎の巨大エビに襲われた横須賀で、非難した潜水艦の中で繰り広げられる6日間の闘い?というようなところでしょうか。 巨大エビって何よ?と最初ちょっと引きますけどね、… このレビューの続きを見る

知人からおもしろいから、と勧められておきながら、ライトノベルの作家さんなんでしょ?という偏見からなかなか読むのに重いおしりがあがらなかった作品です。読んでみると、なんてことはない、どんどん話に引き込… このレビューの続きを見る

3.9

海の底

19:31:By

わかりやすいパニックエンターテインメントです。初っ端からいきなりパニックが始まって、そのまま進んでいきます。パニックの原因はなんでもいい、というくらいのパニックぶりで、面白いです。その原因は、なかな… このレビューの続きを見る

3.9

海の底

19:56:By りんね

有名な「図書館戦争」の著者の有川浩先生の本。 物語は巨大エビが人類を襲い、海上自衛隊の隊員が人類を救う ・・・・・・といったまぁ あらすじでシナリオがなんとなーく見える本 ではなく、全くシナリオが… このレビューの続きを見る

単行本は、図書館の本を何度も読み返したあげくに購入。 このお話は、わたしの中のベストオブ有川浩です。 とにかく面白い! いろんなことのバランスも、すごく良い。 登場人物は、コドモからオトナまで幅広く、そ… このレビューの続きを見る

 JUGEMテーマ:読書有川浩さんの自衛隊シリーズ第2弾。巨大なザリガニもどきが突如大量に現れて横須賀の町を襲い、人々を捕食し始める・・・という設定だけはかなりB級なのですが、中身は非常に緻密で計算されつくした展開に驚きました。女性作家の書くパニックものというのは珍しいと思うのですが心理描写が細かくてそこはかとなく甘くて野郎どもはかっこよくて女の子は潔くていいですね!!

これ買っちゃいました♪ 一回読んでたんだけどね、 読んだときにめちゃくちゃ気に入ってたのw んで、 図書館の先生が「海の底の文庫本出たよー」 と教えてくれたのでさっそく買いに行きました。

『海の底』。

15:30:By 一瞬間劇場

有川浩著(角川文庫)。 奴らは海底からやってくる!! 祭りで賑わう港に、突如襲い来る謎の海洋生物ども。 次々と食われていく人たち。何とか被害を食い止めようと、必死の防衛が始まった!! 『図書館戦争』シリーズが… このレビューの続きを見る

3.9

海の底

00:54:By ◆Ruri+Hari†◆

海の底 有川浩 メディアワークス/角川文庫 自衛隊三部作。 潜水艦を舞台に十五少年漂流記な話。 すごく面白かった! もうそれしか言えない。 ラストも大満足。

3.9

海の底 (角川文庫)

20:32:By Harmonia

有川浩著 『海の底』を一晩で完読しました。 面白かった、一気でした。 『空の中』も楽しかったし、自衛隊かっこいい。 以下ネタバレないように頑張ります。

海の底

01:46:By One per day

あー面白かった!!(>v<)// いやもう、文字通り、声を大にしていいたいくらい! もう引き込まれる引き込まれる。 すんごい厚みのある内容でした。圧倒されました。 ちょっと眠れなかったときに読み始めた… このレビューの続きを見る

4月。 桜祭りで開放された米軍横須賀基地。 停泊中の海上自衛隊潜水艦『きりしお』の隊員が見た時、喧噪は悲鳴に変わっていた。 巨大な赤い甲殻類の大群が基地を闊歩し、次々に人を「食べている!」 自衛官は… このレビューの続きを見る

3.9

ひとを喰う。

09:11:By knock ; lucK

+ 『海の底』有川浩の自衛隊シリーズだ!と思って、店頭で即買い。『空の中』がほのぼのだったから、それを想像して読み始めたら最初でかなりダメージくらった。だって巨大ザリガニが人間たべるって!えええ、グロ… このレビューの続きを見る

3.9

海の底

16:49:By ウサギホテルブログ

有川 浩著、角川文庫 ―桜祭りの為に解放されていた米軍基地に、突然巨大なザリガニの大群が上陸した。 腹を空かせたザリガニは手当たりしだいに人間を襲い始め、祭りの喧騒は悲鳴へと打って変わる。 現場に居合わ… このレビューの続きを見る

4月。桜祭りで開放された米軍横須賀基地。停泊中の海上自衛隊潜水艦『きりしお』の隊員が見た時、喧噪は悲鳴に変わっていた。巨大な赤い甲殻類の大群が基地を闊歩し、次々に人を「食べている!」自衛官は救出した子… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品