>
[Amazon] 塩の街 (角川文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

塩の街 (角川文庫)
塩の街 (角川文庫)で自分のブログにレビューを書く

塩の街

おすすめ!3.6 [3.6](23件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:13484位
  • Amazon価格:¥ 720
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4043898037(角川書店(角川グループパブリッシング))
塩の街 (角川文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(23件) 3.6 [3.6]

JUGEMテーマ:読書 私は電子書籍で読みました。出張中に読むにはぴったりの軽さ(重量も中身も)。

有川浩さんの『塩の街』を読みました。 ストーリーは塩が世界を埋め尽くす塩害の時代。 塩は着々と街を飲み込み、社会を崩壊させようとしていた。 その崩壊寸前の東京で暮らす男と少女、秋庭と真奈。 世界の片隅… このレビューの続きを見る

3.6

塩の街

11:08:By Living Inside The Shell

 図書館戦争読んでから、今昔ラブコメ読んで、これ読んだら、さすがに結構似たキャラが多いなー・・・と少し食傷気味。とはいえ、読みやすいから好きなんだけど。

「世界が終わる瞬間まで、人々は恋をしていた。」ようやくです。有川浩さんのデビュー作をようやく読みました。「空の中」「海の底」と並ぶ三部作の第一作。これで三部作は読破や〜とか思っていたら、海の底は未読… このレビューの続きを見る

「図書館戦争シリーズ」と「三匹のおっさん」はすでに読了済みだったのですが、そのあと怒涛の有川ワールドに突入中です。 まずは「塩の街」(これは彼女のデビュー作らしい)とそれに続くシリーズ「空の中」「… このレビューの続きを見る

有川浩を初めて読んだのは「阪急電車」。すーっと涙が出てくる一冊で、人の気持ちがリアルだった。そして、夏休みに入る前に買って読んだ「空の中」。研究室で読んでたのに、もう涙でぐずぐずになってしまった。自… このレビューの続きを見る

塩が世界を埋め尽くす塩害の時代―世界を救ったのはひとつの恋だった…。 自衛隊3部作の第1作にして、有川さんのデビュー作!! は!?塩!?どの辺が自衛隊!?と思いつつ読み始めて40ページくらいで目がウルウルし… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  ※ネタバレするつもりはないですが、読み方によってはネタバレになる可能性もありますので、それが嫌な人は読まないでね(*^−^*) 最近読書づいています。 もう何年も前にアニメ化して… このレビューの続きを見る

 今回読んだ本;塩の街 有川 浩塩が世界を埋め尽くす塩害の時代。塩は着々と街を飲み込み、社会を崩壊させようとしていた。その崩壊寸前の東京で暮らす男と少女、秋庭と真奈。世界の片隅 で生きる2人の前には、様々な人が現れ、消えていく。だが――「世界とか、救ってみたくない?」。ある日、そそのかすように囁く者が運命を連れてやってく る。有川浩のデビュー作!番外編も完全収録。

塩の街

18:21:By * walk

バイト先の先輩にお借りしました。 この人のも初めて読んだけどすごい読みやすかった! 何となく、本屋でぱらぱら読んでる感じではあんまり好きなタイプじゃないかな…と思ってたんですがいざ読んでみると印象と違… このレビューの続きを見る

塩の街

21:34:By sablog8

有川浩さんのデビュー作だそうです。 読み終わった時、はぁ〜・・・っとため息出ちゃうほどおもしろかった。 設定としてはSFで、SFはどうも苦手な私のはずなのに まったく問題ないのはどうしてなんだろう?? これで自衛隊三部作、読了しました。 「クジラの彼」と合わせて 総合的に大・大・大満足です。

「塩の街」

18:00:By moji*lib

読んでて痒かった。十代のうちに読めば名作かも。いや、世界観なんかは十分三十路にも楽しめますよ。 主人公同士の恋愛のむず痒いこと。有川さんて、どうしてこんな恋愛が書けるんだろうか(笑)。クジラの彼や、… このレビューの続きを見る

3.6

塩の街

15:59:By EVERYBODY'S UP TO SOMETHIN'

"空の中" "海の底"とこの"塩の街" 3部作だったのかー◎ 有川浩さんの本は、どれもハッピーエンド でも、その過程が読んでいて面白い "頼れる男"になりたいと思った。

 妹にお勧めされて読んだ本が凄く良かった! 図書館戦争も読んでみようかな〜… 漫画もそんなに読んでないから知らないし

 こんな世界でも新たに手に入れる何かがあるこんな世界ですらこんな世界でよかったと言える者がいるJUGEMテーマ:オススメの本

3.6

「塩の街」/有川浩

22:22:By If.

以下感想。

突然襲った隕石の落下と、突然始まった人が塩の塊になるという死病。 塩害、と呼ばれるそれは一度かかったら治す手段はなく、死に至る。 塩害の為に世界は滅びを待つだけとなり、生き残った人々はただ今を必死に… このレビューの続きを見る

 おはようございました。 春休みになって早一週間、宿題がまったく進んでいないジロウです。 真面目にやらないから毎年新学期にやる某会社の模試の成績が いつもより40位くらい低いのかなorz まぁ、暗い話… このレビューの続きを見る

 最近ずっと嵌っている作家さん、有川氏の自衛隊三部作を読了しました。 いやぁ、面白かったですよーーー。一番のオススメは「海の底」かなって感じなのですが 基本、あんまり恋愛モノを読まないあたしなので、恋愛要素が強すぎるものよりも 海の底みたいな方が好みかな。でも、どれも面白かったのですよーーー。 次は図書館戦争シリーズを読もうかなと思ってます。

塩の街。 有川さんのこの本をかったのは、まさしくジャケ買い。笑 読んでみてびっくりしたっていう感想が一番な気がする。 最初は、設定が次元が違うというか、あったら怖いなという設定で驚いたし、 そもそもそん… このレビューの続きを見る

塩の街

01:42:By nap soup

久々に読みごたえのある本を読みました。「読書をしたな」そんな風に思える一冊でした。 何よりも設定がすごい。 舞台は塩が世界を埋め尽くす塩害の時代。人々が次々に塩になってしまうんです。 そんな状況の中、… このレビューの続きを見る

塩が世界を埋め尽くす塩害の時代。 塩は着々と街を飲み込み、社会を崩壊させようとしていた。 その崩壊寸前の東京で暮らす男と少女、秋庭と真奈。 世界の片隅で生きる2人の前には、様々な人が現れ、消えていく… このレビューの続きを見る

狡いですよ

23:56:By 朱晞の巻物

−−− 

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品