>
[Amazon] 図書館革命 図書館戦争シリーズ (4) (角川文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

図書館革命 図書館戦争シリーズ (4) (角川文庫)
図書館革命 図書館戦争シリーズ (4) (角川文庫)で自分のブログにレビューを書く

図書館革命 図書館戦争シリーズ

おすすめ!3.8 [3.8](15件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:41744位
  • Amazon価格:¥ 734
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4043898088(KADOKAWA/角川書店)
図書館革命 図書館戦争シリーズ (4) (角川文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(15件) 3.8 [3.8]

 内容(「BOOK」データベースより)原発テロが発生した。それを受け、著作の内容がテロに酷似しているとされた人気作家・当麻蔵人に、身柄確保をもくろむ良化隊の影が迫る。当麻を護るため、様々な策が講じら… このレビューの続きを見る

いよいよシリーズ4です。 図書館革命。 図書館戦争はアニメにもなっていてリアルタイムでは見てなかったのですが、 原作を全て読み終わってから動画で見ました。 そしてさらにアニメの映画化もされていて、その映… このレビューの続きを見る

昨日水曜日レディースデイで1000円だったんで娘とふたり朝イチで 「図書館戦争 革命のつばさ」観てきました! 予習としてYouTubeでテレビアニメ版観て行きました。→ 図書館戦争−YouTube いやーもうやたらニヤ… このレビューの続きを見る

 みてきました!とりあえずネタバレを含む感想です。原作は有川浩『図書館革命』。「図書館戦争シリーズ」の最終巻(4巻)です。原発テロから始まる作家の表現の自由に対する取締りと、それに対するメディア&… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 前作はこちら。 ■ 図書館戦争 図書館戦争シリーズ(1) | D.I.'s Memorandum ■ 図書館内乱 図書館戦争シリーズ(2) | D.I.'s Memorandum ■ 図書館危機 図書館戦争シリーズ(3) | D.I… このレビューの続きを見る

公式サイトはこちら↓http://www.kadokawa.co.jp/toshokan-sensou/ なんとなく、「あー図書館戦争の映画やるんだよねーたしか。」と、知ってはいたのですが、あまぞんで映画公開記念DVDboxが出るってのが出てた… このレビューの続きを見る

原発テロが発生した。それを受け、著作の内容がテロに酷似しているとされた人気作家・当麻蔵人に、身柄確保をもくろむ良化隊の影が迫る。当麻を護るため、様々な策が講じられるが状況は悪化。郁たち図書隊は一発逆… このレビューの続きを見る

3.8

図書館革命

21:59:By ViVid?

図書館戦争シリーズ本編完結作ということで。 このシリーズはキャラクターが本当に勢いあるなぁ。 ラブストーリー的要素と図書館の立ち位置、表現の自由の在り方はどうあるべきなのかという軸が 上手い具合に交錯… このレビューの続きを見る

原発テロが発生した。それを受け、著作の内容がテロに酷似しているとされた人気作家・当麻蔵人に、身柄確保をもくろむ良化隊の影が迫る。 当麻を護るため、様々な策が講じられるが状況は悪化。郁たち図書隊は一発逆… このレビューの続きを見る

 原発テロが発生した。それを受け、著作の内容がテロに酷似しているとされた人気作家・当麻蔵人に、身柄確保をもくろむ良化隊の影が迫る。当麻を護るため、様々な策が講じられるが状況は悪化。郁たち図書隊は… このレビューの続きを見る

 弓先生の図書館戦争を読んでたら原作が気になって購入。 マンガ版は結構忠実に描かれてたんだなぁ〜。 ※今は3巻の頭くらいですが。 堂上教官と郁ちゃんの恋の行方が気になってたのでスッキリ☆ 甘々なのはマ… このレビューの続きを見る

*図書館革命

23:18:By 本のなる木

 図書館戦争シリーズ第四弾!『図書館革命』 有川浩まず、いつもなら相関図のある部分を見てにやにや(^O^)笑そしてしょっぱなのデートwを読んでさらににやにや…さて‘革命‘の内容ですが、やっぱり一番の目玉… このレビューの続きを見る

昨日、遅番の仕事帰りに本屋に立ち寄り、一気に読んでしまいました。 おかげで今日は寝不足です。公休日だからいいんですけど。 このままの世界で終るのならいやだなーと思っていたので、ちょっと前進したな。 革命というタイトルが付いているだけありますね。 主人公の会話、ちょっと赤くなりながら読んでました。家読みでよかった。

JUGEMテーマ:読書 ★★★★(4/5) あらすじ 正化33年12月14日、図書隊を創設した稲嶺が勇退。図書隊は新しい時代に突入する。年始、原子力発電所を襲った国際テロ。それが図書隊史上最大の作戦(ザ・ロンゲスト… このレビューの続きを見る

関連する商品