DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 螺鈿迷宮 上 - 海堂 尊 のレビュー全22件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 螺鈿迷宮 上 (角川文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

螺鈿迷宮 上 (角川文庫)
螺鈿迷宮 上 (角川文庫)で自分のブログにレビューを書く

螺鈿迷宮 上

おすすめ!3.3 [3.3](22件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:532468位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4043909012(角川グループパブリッシング)
螺鈿迷宮 上 (角川文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(22件) 3.3 [3.3]

 キャラクターや展開は面白いし、一つのブームを作ったのでリスペクトしていますが、読んだ後に残るものが少ないのと、コストパフォーマンスが。。。

*螺鈿迷宮

14:48:By 本のなる木

死を司る者と生を司る者、勝つのはどちらだ? 『螺鈿迷宮』 海堂尊 話は東城大学病院を離れ、桜宮市に古くから君臨する碧翠院桜宮病院が舞台。 なんでも東城大医学部の母体となった病院とか。 この話のテ… このレビューの続きを見る

螺鈿迷宮

00:32:By ★ Love * Smile ★

チームバチスタから1年半後のお話。田口と白鳥ではなく、医学生が主人公。 後半くらいから白鳥は出てくるけど。 今やってるドラマ「アリアドネの弾丸」の前の話です。 話はとても面白いのだけど、文章が頭に入っ… このレビューの続きを見る

3.3

螺鈿迷宮

16:45:By 読書記録

 「チーム・バチスタ」がおもしろかったので、さっそくその続編も読んでみようと本屋に行ったのですが、残念ながらロンドンの本屋には「ナイチンゲール」が入っていなかったため、とりあえずこちらを購入しま… このレビューの続きを見る

3.3

螺鈿迷宮

10:15:By my favorite

海堂尊氏の小説は何冊か読んだのだけれど、この「螺鈿迷宮」は、映画にもなった「ジェネラルルージュの凱旋」、「ナイチンゲールの沈黙」の舞台となった東城大医学部附属病院の関連病院である碧翠院桜宮病院を舞台に… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般   ブクオフで上下ともに300円。 兄貴に貸す本を探していたらいつの間にか読み返してました。懐かしい。 私の部屋にあるミステリが片っ端から根こそぎ兄貴に持っていかれているんです… このレビューの続きを見る

1週間ぶりです、こんばんは ようやく体調が元に戻ってきたみたいです 今週は仕事にも行けず(1日働いただけでした、、、) お家のベッドの中でおとなしくしてました テレビを見る元気もなく 布団をかぶりながら、たま… このレビューの続きを見る

螺旋迷宮

10:43:By T_plus!

 著書が多いのは結構なんですけど、一つだけ言いたいのは、この人の話いつも大して厚くないので、上下別けなくてもいいと思う。  という話は置いておいて、前からちらほら話の出ていたバチスタとはまた別の病院… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 「螺鈿迷宮」読みました。 医療サスペンス『チーム・バチスタの栄光』からのスピンオフらしいです。 田口先生は出てきませんが、厚生労働省の変人・白鳥圭輔は出てきます。

3.3

螺鈿迷宮 上

16:23:By

医療界を震撼させたバチスタ・スキャンダルから1年半。 東城大学の劣等医学生・天馬大吉はある日、 幼なじみの記者・別宮葉子から奇妙な依頼を受けた。 「碧翠院桜宮病院に潜入してほしい」。 この病院は、終… このレビューの続きを見る

3.3

姫宮シリーズ

08:15:By B*C

海堂作品を読んだ結果、 姫宮をシリーズ化していただきたい。読者の行きつく先がこれで正解なのかは分からない。

評価:★★★☆☆ 関連作品:映画『チームバチスタの栄光』・小説『ナイチンゲールの沈黙』 【あらすじ】 医学生の天馬大吉は留年を繰り返していた。 幼馴染の新聞記者葉子の依頼で桜宮病院へボランティアと称した… このレビューの続きを見る

読んだー☆ ナイチンゲールよりは好き♪ でも・・・・かわいそう 本当のお医者さんが、医療現場の問題について 知らせるために書き始めたらしいけど それが徐々に前面に出てきてる感じが… このレビューの続きを見る

 これ書いたら寝るわ―。

バチスタシリーズのサイドストーリーで、あの姫宮が出てくる不思議な話。なんていうかサスペンスなのに御伽噺のようで、すごく怖い話なのに笑ってしまう感じの展開で、読み終わった後、これでいいのか?と自分に問いかける内容でした。深いというか、不思議な話。でも、面白いんだけどね。 

天馬大吉がとても好青年ですばらしい! なんだろうこの絶妙なへたれ具合! 好ましゅうてなりませぬ。もゆもゆ。 事件?の関係者が開き直りなのかなんなのか喋りすぎですね。前半あまりにほのぼのしているので後半… このレビューの続きを見る

3.3

螺鈿迷宮

23:01:By FMふなばし

「この病院、あまりにも人が死にすぎる」―終末医療の最先端施設として注目を集めていた桜宮病院。黒い噂のあるその病院に、東城大学の医学生・天馬が潜入した。だがそこでは毎夜のように不審死が勃発していた…。 … このレビューの続きを見る

3.3

螺鈿迷宮

01:12:By Briar-Woods.

『イノセント・ゲリラの祝祭』が意外と(失礼)面白かったので続けて買ってみました。 こちらの方が小説っぽい。 天馬大吉というえらく縁起のいい名前を持ちながら「アンラッキー・トルネード」に巻き込まれ続… このレビューの続きを見る

3.3

まちどおしい。

00:56:By knock ; lucK

+ 『荊の城』「なんて書いてあるの?」「わたしがあなたにしてほしいことがたくさん・・・来て」もう、このラストが素晴らしすぎる。鳥肌がたつくらい。やもすれば陳腐と云うか、官能小説にありがちな?科白になっ… このレビューの続きを見る

医療界を震撼させたバチスタ・スキャンダルから1年半。 東城大学の劣等医学生・天馬大吉はある日、幼なじみの記者・別宮葉子から奇妙な依頼を受けた。 「碧翠院桜宮病院に潜入してほしい」。 この病院は、終末医… このレビューの続きを見る

螺鈿迷宮

00:31:By mariblo

チームバチスタの栄光、ナイチンゲールの沈黙に引き続き、やっぱりはまってしまった作品。上下巻一気に読んでしまった。今回は田口先生は出てこなかったけど、前の二作でほんのり名前だけ出てきてた白鳥の部下、氷姫が登場!やっぱりこの作品はおもしろい!次回が気になるなぁ〜

今回の舞台は東城大学ではなく、桜宮病院。 一人の男性の失踪を機に東城大医学部・天馬大吉が潜入調査を始める。 変わった医療体制をとる桜宮病院では患者の不審死があまりに多いことである疑惑が。。 [チー… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品