DB Error: connect failed 粘膜人間 - 飴村 行 のレビュー全6件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 粘膜人間 (角川ホラー文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

粘膜人間 (角川ホラー文庫)
粘膜人間 (角川ホラー文庫)で自分のブログにレビューを書く

粘膜人間

おすすめ!3.3 [3.3](6件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:19271位
  • Amazon価格:¥ 555
  • ユーズド価格:¥ 26
  • ISBN/ASIN:404391301X(KADOKAWA)
粘膜人間 (角川ホラー文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(6件) 3.3 [3.3]

 これを読んで最初に思い出したのは夢枕獏のバイオレンスアクション・サイコダイバーシリーズのプロローグである「魔獣狩り」と平井和正の「死霊狩り」や「悪霊の女王」。作品世界は全く異なるがその強烈な人物… このレビューの続きを見る

とぼけた感じの河童の性格と、残酷な描写のアンバランスが心地よい。 「清美が幸彦を殺していたこと」を少佐が見抜けなかったり(清美は嘘をついていたのに)、雷太の夢の真相が語られなかったり(まったくの夢な… このレビューの続きを見る

粘膜人間

14:34:By 受賞本

 粘膜人間  著者 : 飴村行  受賞歴 : 第15回日本ホラー小説大賞長編賞 受賞

 私はホラー小説ファンなのですが、今日読み終えた「粘膜人間」で久々に痺れました。 時間を忘れる程没頭してしまう作品というのは、その作品の出来以上に読み手とのフィーリングが大きな要因となっている… このレビューの続きを見る

 これは…あまり好きになれるものではありませんでした。 他の方のレビューを見ていると、グロい、というのが多かったけど八朔にとってはイライラするものでした。 何と言うか、人間の汚い部分が沢山ありすぎ… このレビューの続きを見る

先に何が待ち受けているか、予測不能――。 次から次へと押し寄せる恐怖、想像力の限界に達した描写力! 選考委員の支持を受けながらも、 惜しくも大賞受賞を逃した、現代の残酷童話。 ホラー長編賞を受賞した本… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品