>
[Amazon] 僕とおじいちゃんと魔法の塔(1) (角川文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

僕とおじいちゃんと魔法の塔(1) (角川文庫)
僕とおじいちゃんと魔法の塔(1) (角川文庫)で自分のブログにレビューを書く

僕とおじいちゃんと魔法の塔(1)

おすすめ!3.5 [3.5](12件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:357500位
  • Amazon価格:¥ 473
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4043943318(角川書店(角川グループパブリッシング))
僕とおじいちゃんと魔法の塔(1) (角川文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(12件) 3.5 [3.5]

【あらすじ】 ある日偶然見つけた、岬にある黒い塔。中に入ってみると、そこには、死んだはずのおじいちゃんが住んでいた!いろんなことを教えてくれるおじいちゃんに刺激を受けた僕はやがて塔に入り浸るようにな… このレビューの続きを見る

 香月日輪による小説、僕とおじいちゃんと魔法の塔の1〜5巻を、風邪で寝込んでいる間一気に読みました。 世間常識と異なる価値基準を持ってしまった人間の気持ちを代弁しつつ、自由な生き方の比喩や物語の必然性… このレビューの続きを見る

お話は素直に面白いけどタイトルがハリーポッターの真似っこみたいで損してる気がするのは私だけか。

さくっと読んでしまった。 ねる好みでおもしろかった。 また何か探さなきゃなぁ。

最近児童文学ばかりに はまる私ですが。文句なしに面白いんだもの!!!!!!!!!!!妖怪アパートはしばらく出ないので一気に大人買いして 一気に読みました。面白いです。 まあパターン的には 妖怪アパー… このレビューの続きを見る

ぼくとおじいちゃんと魔法の塔 著/香月日輪こうづきひのわ  六年生の龍神たつみには、五年生のよく出来た弟、和人、また三年生の妹、晶子がいた。特に不満はない日々を送っていた龍神はサイクリングのとき、岬に… このレビューの続きを見る

 絵に描いたように善良な5人家族。そのなかで違和感を感じていた長男・龍神が引き寄せられるように訪れた海沿いに建つお屋敷で死んだはずのおじいちゃんと出会う。そこへ通いなかがらほんとうの自分の声に耳… このレビューの続きを見る

最初、「妖怪アパートの優雅な日常」をオススメしていただいたのですが なかなか手がだせず(お財布事情的に・・・) 本屋でよくよく眺めてたいたら、 本屋で以前気になっていた、コチラ「僕とおじいちゃんと魔法の塔… このレビューの続きを見る

内容(「BOOK」データベースより) 岬にたたずむ黒い塔。まるでお化け屋敷のようなその塔は、鎖と南京錠で封印されているはずだった。だけど、ある日、塔に行ってみると、そこには、僕が生まれる前に亡くなったお… このレビューの続きを見る

 岬にたたずむ黒い塔。まるでお化け屋敷のようなその塔は、鎖と南京錠で封印されているはずだった。だけど、ある日、塔に行ってみると、そこには、僕が生まれる前に亡くなったおじいちゃんが住んでいた!しかも… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 学校でも家の中でも自分だけ感じている違和感。みんなと同じが正しいのか、言う通りなのが正しいのか。ひとつの塔の中、おじいちゃんと出会った龍神(たつみ)の成長物語。 違和感。そこを肯定し認めてくれる存在はとても偉大で大切だと思う。小学生の龍神が進む道を素直な気持ちで応援したいと思った。最近、香月日輪作品がとても好き。がんばろうって思う。

内容(「BOOK」データベースより)岬にたたずむ黒い塔。まるでお化け屋敷のようなその塔は、鎖と南京錠で封印されているはずだった。だけど、ある日、塔に行ってみると、そこには、僕が生まれる前に亡くなったお… このレビューの続きを見る

関連する商品