DB Error: connect failedDB Error: connect failed クドリャフカの順番 - 米澤 穂信 のレビュー全27件 JUGEMブログ

>
[Amazon] クドリャフカの順番 (角川文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

クドリャフカの順番 (角川文庫)
クドリャフカの順番 (角川文庫)で自分のブログにレビューを書く

クドリャフカの順番

おすすめ!3.7 [3.7](27件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:14703位
  • Amazon価格:¥ 691
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4044271038(角川書店(角川グループパブリッシング))
クドリャフカの順番 (角川文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(27件) 3.7 [3.7]

 作家別マイベスト19回目です。もうだいぶネタ切れで後誰を紹介できるっけ?って状態なんですが...今回は米澤穂信さんでいきたいと思います。古典部シリーズがアニメ化されてファンが増えてるようですが、み… このレビューの続きを見る

〈古典部〉シリーズ三巻目。文化祭の前夜から閉幕までを描いた一冊でした。  今までは奉太郎の一人称で進んでいましたが、今回は古典部四人のそれぞれの視点から綴られていたのが、とても新鮮でした。特に里志の… このレビューの続きを見る

  昨日読みはじめ、今日読み終わりました。 元々アニメで先に結末など知ってはいたのですがキャラたちの心情というものが アニメではどうしてもわからない。折木みたくモノローグで語ってくれるのなら 助かる… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書感想文      ◆古典部シリーズ    またもや折木奉太郎を混乱の渦に誘い込む折木供恵。    事件の黒幕かと思えるほど登場しました。  … このレビューの続きを見る

7:30起床。 録画していた氷菓 17話 クドリャフカの順番を視聴。 今回、文化祭を舞台にした十文字事件…クドリャフカの順番編は面白かった。 とにかく、みんな真剣すぐる…。 福部くんは精神疾患というか、強迫… このレビューの続きを見る

読了しましたー。相変わらず面白かったです。多分!何度も同じ事ばかり書いていて申し訳ない限りですが。本当に好みじゃないんですよね・・・いえ。悪い意味ではなく。本当に、好みじゃ ない。というだけなんです… このレビューの続きを見る

いよいよ3日間に及ぶ文化祭・カンヤ祭が始まり、古典部も文集「氷菓」を販売することに。しかし30部の予定だった発行部数は、何かの手違いで200部に…古典部の面々はそれぞれ「氷菓」を売り切るために最大の努力… このレビューの続きを見る

 難しい言葉もそろそろ楽しめるように。。。。なったか。。。。な。。。。 苦笑 相変わらずホータローくんは冴えてます、というより 頭の回転がいいね。。。 将来、なんになるんだろうか。。。

これまで読んだ中で一番面白かった。時期は文化祭、ちょっと危機的状況に陥ってしまった古典部が文化祭を満喫しながらそれぞれの視点で事件に追うという内容。古典部員それぞれの視点に入れ替わって事態が進行して… このレビューの続きを見る

 某有名ミステリをなぞらうような事件が、カンヤ祭中に発生。果たして犯人の目的とは!?古典部のメンバーそれぞれの視点で細かくパートを区切りながら進行するという作りになっていて、各キャラの内面が見えてくるという面白い作りでした。里志の内面が意外といえば意外だったかな?今回はあんまり推理方面に気を使って読まなかったので、犯人や仕掛けについて気づいたのはネタ明かしの直前でした。

期待っていうのは、諦めから出る言葉なんだよ。 時間的にとか資力的にとか、及ばない諦めが期待になるんだよ。 いよいよ始まった文化祭。 ところが校内では奇妙な盗難事件が続いていた。盗まれたのはタロットカー… このレビューの続きを見る

 2011年ももうすぐ終わるということで、今年読んだ本を振り返ってみたいと思います。ちなみに、今年読んだ本は190冊らしいです。去年は201冊だったので...残念ながら前年超えならず...(^_^;)まぁ今… このレビューの続きを見る

 【あらすじ】 神山高校で待望の文化祭が始まった。折木奉太郎ら4人の部員が所属する古典部も、「氷菓」という文集を作成し、文化祭に参加することになっていたのであったが、文化祭を目前にして、トラブル… このレビューの続きを見る

今回はホータローが積極的な気がする そしてわらしべプロトコルが今回私のお気に入り 事件よりもホータローにおこったわらしべプロトコルの方が気になっていた 始まりは千反田のおいのりかな そして姉の放った万年筆 最後に、今回のホータローなかなかかっこよかった

JUGEMテーマ:mixi mixiのコラムに時々ある「バカドリル」 今回は”妄想読書”という面白いテーマで、 ”みなさん、読書の秋です。 本を読んでいますか?たとえ読んでいなくても、 本の内容は自分で想像することがで… このレビューの続きを見る

古典部シリーズで一番楽しかった。のは、本書の主な趣旨が『文化祭を楽しむ』だからかな。 ちょっとしたミスで大量の在庫を抱えた古典部は、文集『氷菓』を完売させることができるのか!? お料理対決はどう… このレビューの続きを見る

   古典部シリーズ第3弾! 神山高校の文化祭が始まった。 折木奉太郎が所属する古典部で、文集「氷菓」を作り過ぎるトラブル発生!! また、学内では奇妙な連続盗難事件が起きていた。 この事件を解決して古… このレビューの続きを見る

折木奉太郎が主人公の ”古典部"シリーズ3作目です。 「クドリャフカ」は、宇宙へ行った犬の名前だそう。 ついに神谷高校の文化祭・「神谷祭」が始まります。 しかし、古典部で大問題が発生。手違いで文集「… このレビューの続きを見る

古典部シリーズ3作目。今回は4人の登場人物それぞれの立場で描写されています。ミステリー作品に詳しいともっと楽しめるのかな。

 今年入った学校の先生と、ほとんど初めて喋った感じの1学期お疲れさん飲みで薦められた本を次の日にさっそく買いに行って読みました 久しぶりに読んだよ〜人の死なない推理ものw 賢い個性豊な少年少女のゲ… このレビューの続きを見る

古典部シリーズ3作目。クドリャフカって何だろう?と思っていたのですが、宇宙へ行った犬の名前だったんですね。知らなかった。(^^;ゞ古典部シリーズの中でも評判がいいそうでわくわくしながら読みました。 待望の… このレビューの続きを見る

Welcome to KANYA FESTA! 古典部第三弾、やってまいりました神山高等学校文化祭、略してカンヤ祭。発注ミスにより大量印刷されてしまった古典部の文集ははたして完売なるか?! 文化祭期間の三日をかけて部員たち… このレビューの続きを見る

読了はいつだったか忘却の彼方ですが、文庫版発売からかなり経っての読書だったように思います。購入当時は待ちに待った文庫版。人気の古典部シリーズ第三弾。ついに舞台はカンヤ祭です。 ついにこの日のために… このレビューの続きを見る

3.7

クドリャフカの順番

17:36:By

やる気のない季節なので(大概そうか)読書。 『インシテミル』 『ボトルネック』 『犬はどこだ』 『クドリャフカの順番』 家にある米澤穂信、再読。知らぬ間に人気作家。 雑誌などで特集が組まれている… このレビューの続きを見る

文化祭で賑わう校内で奇妙な連続盗難事件が発生。犯人が盗んだものは碁石、タロットカード、水鉄砲――。事件を解決して古典部の知名度を上げようと盛り上がる仲間達に後押しされて、奉太郎はこの謎に挑むはめに!<Am… このレビューの続きを見る

3.7

クドリャフカの順番

22:29:By Rapunzel*

おなじみ古典部シリーズ第3作目です。 めでたく文庫化したもんだから迷わず購入。ようやく読めました。 で、今回いよいよ文化祭本番。 やっぱり面白かったです。今までと違い、4人それぞれの視点から物語が進む… このレビューの続きを見る

待望の文化祭が始まった。 だが折木奉太郎が所属する古典部で大問題が発生。 手違いで文集「氷菓」を作りすぎたのだ。 部員が頭を抱えるそのとき、学内では奇妙な連続盗難事件が起きていた。 盗まれたものは碁… このレビューの続きを見る

関連する商品