DB Error: connect failed 決断力 - 羽生 善治 のレビュー全25件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 決断力 (角川oneテーマ21)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

決断力 (角川oneテーマ21)
決断力 (角川oneテーマ21)で自分のブログにレビューを書く

決断力

おすすめ!3.3 [3.3](25件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:新書
  • Amazonランキング:2269位
  • Amazon価格:¥ 864
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4047100080(角川書店)
決断力 (角川oneテーマ21)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(25件) 3.3 [3.3]

  先生方のおすすめする本が集まったISSライブラリー。 プロの通訳者・翻訳者として活躍されているISS講師に、「人生のターニングポイントとなった本」「通訳者・翻訳者として必要な知識を身につけるため… このレビューの続きを見る

『決断力』

16:23:By Proc Blog

JUGEMテーマ:読書   今年17冊目。

3.3

決断力

23:31:By 書籍メモ

決断力

uluo028です。 羽生先生の新刊。目新しい内容は特段ないんですが、いつも楽しみに読んでます。本当に頭が良い人が文章を書くと、とても簡潔になる。難しい本は分かりにくいことを小難しく、かつ、漏れなくまとめ… このレビューの続きを見る

 決断力 著者 : 羽生善治  

  (羽生善治著『決断力』角川書店¥ 720)の言葉から引用    ○  〔欠点〕は、裏返すと〔長所でもある〕。 ○  〔勝負所〕では、〔シンプルに考えよ〕。 ○  〔知識〕は、〔知… このレビューの続きを見る

羽生善治 棋士 1970年に埼玉生まれる。 小学校六年生で、奨励会に入会。 中学三年生で、四段プロ棋士になる。 1996年、王将位を獲得。 名人、竜王、棋聖、王位、王座、棋王と 合わせて「七大タイト… このレビューの続きを見る

「兄は、頭が悪いから東大に行った。 私は、頭が良かったから棋士になった」と、米長永世十段が言ったというのは、嘘か真か。こんなセリフが(フィクションにせよ)ある程度のリアリティを持って語り継がれている… このレビューの続きを見る

  【オススメな人】 ・仕事を元気にバリバリ捌いていきたい人  ・羽生さんの考えていることに興味ある方  【目次抜き出し】  第一章 勝機は誰にでもある  第二章 直感の7割は正しい  第三章 … このレビューの続きを見る

 プロ棋士・羽生善治さんによるプロ論が書かれた本書。あくまでプロ棋士として、将棋の世界から必要な決断力、集中力、勝負論が書かれていますが、どんな分野・どんな世界であろうと、その道のトップの人からは学… このレビューの続きを見る

  将棋は広告づくりに通ずるなァ、 なんて思うことがあるんです。 思考力と決断力が必要とされる。 結論までの筋道を立て、仮説を立てるトコとか。 相手の心理状態や、戦略を読んでいくトコとか。 どんな手でい… このレビューの続きを見る

1.一日仕事が充実した。 2.O氏との打ち合わせが楽しかった。 3.気分がイイ目覚めだった。 4.和牛わさび丼が美味かった。 5.仕事を頑張ろうと思った。 6.健康的で今日一日いられた。 7.渋谷のポ… このレビューの続きを見る

将棋の世界において旋風を巻き起こした麒麟児、羽生善治の決断力。 彼は如何にして将棋で勝ち続けたのか。 その判断力、及び決断力は私たちの生活においても役立つはず。

JUGEMテーマ:オススメの本羽生善治(はぶよしはる)1970年9月27日生まれ。埼玉県所沢市出身。名人・棋聖・王座・王将(永世名人・永世棋聖・永世王位・名誉王座・永世棋王・永世王将 ※永世称号の襲位、就位につい… このレビューの続きを見る

この連休でここひと月やろうとしていたプロジェクトが 終わろうとしているKeniです。 学校に行きながら片手間でしたが、平日にこちらが 身動き取れないというのは結構つらいものですね。 今のところ、うま… このレビューの続きを見る

3.3

book_2008_033

23:58:By meganeblog

もちろん内容は将棋を通じての話ですが、 本質的に大切なことがたくさん再確認できます。 JUGEMテーマ:読書

これはスゴイ本です。 以前にブックオフで350円で買った本ですが……、 こんなに素晴らしい本だったとは。 みなさんよくご存知の、将棋の羽生善治さんの本です。 はじめに、の名人戦のくだりから、 将棋の、… このレビューの続きを見る

3.3

決断力 (角川oneテーマ21)

07:32:By IIJ

自分は将棋はまったくしない。小学生のころ、友人や父親と少しやったくらいだ。矢倉とか穴熊とか陣形があるのは知っているけど、それをどう使うのかは知らないくらいの実y力だ。しかし、この本をなんとなく手にとっ… このレビューの続きを見る

楽観はしない、ましてや悲観もしない。  最初、信託大好きおばちゃんの影響で、羽生さんの本を読む。   ↓  きむらがレビューを書く。   ↓  次に、フセン王子さまが断続的に羽生さんの本の中から「名… このレビューの続きを見る

 才能は一瞬のきらめきだと思っていた。  将棋の羽生さんの本、決断力P.170より。  以前、私は、才能は一瞬のきらめきだと思っていた。しかし今は、十年とか二十年、三十年を同じ姿勢で、同じ情熱を傾けられ… このレビューの続きを見る

小学生のころ将棋をさしていたとき、憧れていたのが羽生さんです。 「決断力」というタイトルで、羽生さんの将棋を通した決断や思考に対する考え方、また将棋についてのエピソードや自身の心構えなどが書いてあり… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 以前から読みたいなあと思っていた本 将棋の事が良くわからないので戦法だとか定跡については全くお手上げなのだけれど、勉強とかビジネスに置き換えると理解できるかも。 おぼろげなが… このレビューの続きを見る

075 『決断力』 羽生善治著 角川oneテーマ21 686円+税 2005/7/10発行 結構、前から読もうか迷っていた本です。 マネックス・オルタナティブ・インベストメンツ代表取締役、 内藤忍さんが、八月におもしろいと… このレビューの続きを見る

3.3

決断力

01:07:By くいしんぼう

前にも書いたのだけれど、このたび、2回目だ。 実に面白い、自分ひとりで考えること。意味がある、一手一手の意味、それがどれだけ深いかだ。谷川さんとは、会話を将棋の中で無言で交わす。 なんてすてきな… このレビューの続きを見る

「決断力」(羽生善治)を読みました。 一応、知らない人のために書くと、羽生さんは作家ではなく、将棋のプロ棋士です。 将棋の世界にある7つあるタイトルを一時期すべて持っていたこともある実力者なのですが… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品