>
[Amazon] デフレの正体 経済は「人口の波」で動く (角川one...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

デフレの正体  経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21)
デフレの正体  経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21)で自分のブログにレビューを書く

デフレの正体 経済は「人口の波」で動く

おすすめ!3.6 [3.6](24件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:新書
  • Amazonランキング:11713位
  • Amazon価格:¥ 782
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4047102334(角川書店(角川グループパブリッシング))
デフレの正体  経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(24件) 3.6 [3.6]

デフレの正体 経済は「人口の波」で動く

デフレについて知りたくて読書。 読みやすい書き方で専門書ぽさを感じさせない。 本書発売から4年近く経ち日本経済は大きな変化を見せた。 第二次安倍政権では、本書で疑問視されている調整インフレ的な政… このレビューの続きを見る

 デフレの正体 経済は「人口の波」で動く 著者 : 藻谷浩介  

新春講演会

21:41:By ハセブロ

この本の著者、藻谷さんの講演を聞きました。これだけ本音で喋る人も珍しいというくらい、毒舌満載でした。昨年末、初めてテレビに登場、朝生テレビやテレビタックルに出たそうですが、いきなり共演者から集中砲火… このレビューの続きを見る

 【感想】色々知らなかった世界を知ることができた。「あーだからそうなのか」と思う点が多々あった。読んでみて損はない一冊。【抜粋(一部改変)】成功のカギ:?高齢者の個別の好みを先入観を排して発見する… このレビューの続きを見る

 ワールドカップ、試合より背景が面白い。ドイツ・イギリス戦の誤判定ゴールにハーフタイム時、審判は気づいて頭を抱えたらしいけど、そこは訂正したりしない(@_@;)とか、キュートなアルゼンチンのマラドーナが… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:ビジネス  恥ずかしながら今更読んでしまった本なのだが、既に読まれた方も多いだろう。本書の要諦は日本の慢性的な不景気と、実態なき2000年代の好景気の正体は、すべて高齢化と、少子化の人… このレビューの続きを見る

若者の車離れ、アルコール離れ、その他同様の言葉を頻繁に目にする。車が売れない、酒類が売れない・・・等内需低下を若者世代の嗜好の変化に結びつけるものだが、これは本当に正しいのだろうか?そんな疑問に対し… このレビューの続きを見る

 お客様にわかりやすくプレゼンするには、 実は、営業マンがプレゼンの優先順位をつけておく必要があります。 そこで、否が応でも優先順位づけしたくなるように、 自分がお勧めしたい物件を3分類し、大型を営… このレビューの続きを見る

テーマ長く続くデフレの正体とは、結局のところ何が原因なのか?メインとなる考え方藻谷氏によれば、「景気」が原因ではなく、少子高齢化を抱えた日本の「人口構造」にこそ要因があると説く。高齢者世代が莫大な金… このレビューの続きを見る

景気がよくなれば、収入があがるとか。内需が拡大すれば、いいとか。雇用を促進すれば、景気がよくなる、とか。そういう、言葉を統計数字を元に、ガラガラとひっくり返してくれる本、ですな。前半は面白かったけど… このレビューの続きを見る

デフレの正体を読んだ。大変興味深く面白い本だった。ずっと感覚的に思っていたことを基本的には肯定された感じで、今ある課題への解決方法も提示されていたと思う。そもそもは今の不況は人口動態によるのだろうと… このレビューの続きを見る

デフレの正体というより、そうだなあ、この20年を説明してあまりあるなあ、20年って、そう、日本の経済だ。いや、経済というより、今の日本そのものを説明してあまりある本だ。前回は、そのイントロを紹介させ… このレビューの続きを見る

経済は「人口の波」で動く   まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング 【あらすじ】 「生産性の上昇で成長維持」という、マクロ論者の掛け声ほど愚かに聞こえるものはない。日本最大の問題は「二… このレビューの続きを見る

 日本の最大の問題点は、人口ピラミッドにある。これは20年近く前から分かっていたことだ。労働人口は、人口の約半分しかいない。半分が社会に依存している状況で成長軌道をみつけるのは、容易ではない。日… このレビューの続きを見る

経済書なのに超ベストセラーの「デフレの正体」を読んだ。日本経済は景気の波ではなく、人口の波で動いていると推論している本だ。確かに団塊の世代が35歳〜40歳という住宅取得意欲が大きくなるころとバブル発… このレビューの続きを見る

3.6

デフレの正体

20:51:By 山の本屋さん

 こんばんは。 今日の一冊は…<デフレの正体>です。 かなり売れていますね。 ほーっ、なーるほど…とつい言ってしまいました。 この閉塞感漂うこの時代に、どうしたら抜け出せるのか みんな答えやその… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:政治 この本を読む前に最近多いなあと思っていたことがありました。 それはよくネットニュースや各新聞の社説なんかで書かれている 「若者の○○離れ」という言葉。 若者の車離れ。 一番メジャーな所… このレビューの続きを見る

昨夜、帰宅してビデオを見ていたら、モヤモヤさまぁ〜ず2が録画されているはずの時間に、池上彰さんの番組が入っていました。 池上彰の世界を見に行く! モヤモヤさまぁ〜ずは、ストレスが発散できる、数少… このレビューの続きを見る

 デフレの正体 経済は「人口の波」で動く

 日経ビジネスオンライン読んでいたら、「人が成長するために、最も必要なこと。それは自身にとって、「凄い」と思える人との出会いである。人が人たらしめるには、1日200人の人と会う必要がある。人間性を養… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:年金/財政     こんにちは。 中年男子です。     マスコミでは、相変わらず民主党の党内人事、閣僚人事、特に小沢一郎氏の去就を云々していますが、もうそんな話し… このレビューの続きを見る

著者の藻谷氏は、日本政策投資銀行に主に研究分野で勤めながら、自費で全国3200市町村、59ヶ国への訪問経験を持つ、フィールドワークを大切にする研究者と言えます。この著書は、現在様々な要因から語られる「停滞… このレビューの続きを見る

 ワールドカップ、試合より背景が面白い。ドイツ・イギリス戦の誤判定ゴールにハーフタイム時、審判は気づいて頭を抱えたらしいけど、そこは訂正したりしない(@_@;)とか、キュートなアルゼンチンのマラドーナが… このレビューの続きを見る

関連する商品