>
[Amazon] 異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴン...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)
異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)で自分のブログにレビューを書く

異国迷路のクロワーゼ 1

おすすめ!4 [4](16件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:コミック
  • Amazonランキング:117055位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4047125229(KADOKAWA(富士見書房))
異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(16件) 4 [4]

 廉さんからもご心配のメールいただいたのですが、前回記事の地デジ化の件は、ボクの部屋は『家具が備え付け』が売りのレオ○レスという事で、チューナーが送られてきまして、部屋の備品に追加されましたので、無事… このレビューの続きを見る

7月スタートのアニメの数や名前とかあまり詳しくないですが 「異国迷路のクロワーゼ」は見たい作品です。 (見れる地域でも環境でもないのでソフト化待ちになりますが) 正直、漫画の緻密な描き込みと情感… このレビューの続きを見る

4

放送は7月から。

22:20:By 『』

2011/04/22のアニメプレス☆Japan』の時間です。 いつもご利用ギガンクスです。 今日も管理人まびゅが元気にお届けしますっ 今日は 【壁紙・ケータイiphoneなど】です。 まだ早いんだけど やさしくて小さな… このレビューの続きを見る

Yです。 新学年ですねー! 心機一転頑張ります(`・ω・´) 最近、勉強のことについて全然書いてないですね・・・。 そんな調子で大丈夫か? 大丈夫だ、問題ない。 昨日まではやる気ゼロだったが、今日の私は一味違う。 朝起… このレビューの続きを見る

昨日は結局疲れ果てて寝、そして今日も午前中は疲れ果てて宿題だけで、結局原稿は何にも手をつけず、今日はメイトでこんなものを買ってしまったという… もうやけくそに電車で大公開で読んでいたのですが、もろはま… このレビューの続きを見る

100326−3

21:44:By 雑記個人帳

 

4

comic,book

23:05:By shumi-memo

・ 異国迷路のクロワーゼ (1〜2) あらすじ:舞台は19世紀のフランス。鉄工芸店を経営する青年クロードの元に、日本人の女の子・ユネが働きにやって来る。文化も習慣もまるで違う慣れない外国に戸惑いながらも… このレビューの続きを見る

  内容紹介 単身フランスへ渡り、パリの下町にある工芸店「ロアの看板店」で 働くことになって少女・湯音が、異なる文化に戸惑いながらも健気に がんばる細腕繁盛記。 緻密な描写で話題沸騰、ファン待望のコ… このレビューの続きを見る

  もう幼女・着物・異文化交流(日本とパリ)。好き要素溢れてる感じだったので前から気になってました!すごく良かったです。絵も綺麗で可愛らしいので、見ているだけでも楽しいです。やっぱり着物着てる女の… このレビューの続きを見る

 はい。というわけで、個人的オススメな「青年&幼女漫画を紹介してみ よう」その?〜。  日本の看板娘だった幼じ…少女が19世紀後半のフランスにやってきて、文化の違いに戸惑いながらも青年と一緒に看板店で… このレビューの続きを見る

ちょ… これ泣ける、感動すぎる(´;ω;`) 夢トカゲぇえ… この漫画もらっていいかしら? ← もう着物幼女とか反則でしょう! アリス嬢さまがおもちかえりになる気持ちもわかるわ! 話は別だけど、おも… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:オタクな話 撫子会オススメの一冊 古き良き日本の魂に全会員が涙した 伝説は終わらない そんな一冊

女の子が可愛かったので(…)ジャケ買い。どこかで見たことのある絵柄、と思ったら、「GOSICK」の挿絵の方だった。や、「GOSICK」読んだことないけど……。 19世紀末、パリで奮闘する日本人少女のお話。とにかくヒ… このレビューの続きを見る

珍しくマンガの感想でも。 19世紀、日本は長崎からはるばるパリへとやってきた少女・ユネと 奉公先の鉄雑貨工房の少年・クロードが、互いの文化の違いに戸惑いながらも 心を通わせていく姿を描くストーリー。 人気ライトノベル「GOSICKシリーズ」(桜庭一樹・富士見ミステリー文庫)の絵師さんである 武田日向さん、オリジナルのコミックス。

異国迷路のクロワーゼ 1巻 武田 日向著、角川コミックスドラゴンJr./角川書店 「俺はお前の国の事はよく知らない だがお前の誠意は信じる」 ―時は19世紀後半、 日本が長きにわたる鎖国を解き、西洋化… このレビューの続きを見る

 舞台は19世紀後半、花の都パリ。小さな工房の店主・クロードと、遠く海を渡って奉公することになった長崎の少女・ユネを中心にした物語。見るもの全てに目を輝かせるときのユネの表情、クロードに褒めてもらえた… このレビューの続きを見る