>
[Amazon] 乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)
乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)で自分のブログにレビューを書く

乙嫁語り 1巻

おすすめ!3.9 [3.9](50件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:コミック
  • Amazonランキング:33639位
  • Amazon価格:¥ 670
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4047260762(エンターブレイン)
乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(50件) 3.9 [3.9]

 職場の主任がこれを貸してくれました。

乙嫁語り 1巻

21:31:By Reading with Coffee

面白かった。けれど、どこがどう面白かったのか、僕には上手く説明できない。あえてわかりにくい言語で言うと「ヤック、デカルチャー」という感じだろうか。これ程この言葉が相応しい漫画はそう無いと思う。19世紀… このレビューの続きを見る

「僕はアミルがもっと若かったらとか全然思ったことないからね」 『エマ』が完結してやっと一息、と思いきや早速スタートした新連載。今回は舞台が中央アジアへと移ります。話の中心はとある夫婦、定住民族の夫カ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:漫画/アニメ  土曜日に買った漫画の一部を紹介しますー。  乙嫁語りについに手を出してしまいました。  以前から、『いい絵だなー』と思っていたのですが手を出さずにいました。  そん… このレビューの続きを見る

いやぁこのマンガ面白いです! 森薫先生の本は初めてでしたが絵が綺麗で書き込みがパなくてうっとりしてしまいました 19世紀のとある中央アジアのとある村に嫁いできた20歳のお嫁さん 旦那さんはまだ12歳! … このレビューの続きを見る

中央ユーラシアに暮らす、遊牧民と定住民の昼と夜。 美貌の娘・アミル(20歳)が嫁いだ相手は、若干12歳の少年・カルルク。遊牧民と定住民、8歳の年の差を越えて、ふたりは結ばれるのか……? 『エマ』で19世紀末の英… このレビューの続きを見る

3.9

森薫さん!

15:00:By bitter sweet*

 の新しい連載です。 かきこみってすばらしい。。。

こんにちわえがにめオレンジ総館長ですああ!森薫さんの乙嫁語りが2巻まででてる・・・FELLOS!で連載開始!!っていうのを見て読みたいって思っていたんですがまさか2巻まででてるとは・・・。FELLOS!は読みたい… このレビューの続きを見る

6月に買った本は悉く当たりだったので、6月残りはレビュー週間にしようと思います。 まずは『乙嫁語り』。 告白すると、1巻発売当初から少し気になってはいたんですが、絵柄が好きじゃないかもなぁとかジャケ食わ… このレビューの続きを見る

 風邪を引き込んだらしいです。なんか鼻水出る。さっき読んだ乙嫁語りみたいにとは言わないけど風邪の時には休ませて欲しいです。なんか今日はカレーらしいです。自分で作らなくていいからラッキーだと思って… このレビューの続きを見る

 商品紹介 小麦粉を水でこねて少しおくと、やわらかで扱いやすい生地に 変身します。この簡単生地1つで餃子もめんも、少し置いて 微発酵させればパンやお菓子まで作れます。 ユーラシア各地のお母さんに習った… このレビューの続きを見る

3.9

読みたい

21:41:By ひねもすのたり

 本屋さんで見かけない本をマンガ喫茶で読もうと思ってたのに今日は行けませんでした。週刊誌もバックナンバーがたまっちゃうよ!明日行って来ようかな。いつも行くマンガ喫茶は路線が違うところなんで電車だ… このレビューの続きを見る

あの「エマ」の作者の新作です。そう、あのエマの作者です。あの、ヴィクトリア朝時代のメイドさんを描いたエマの作者さんの新作ですよ。まぁ、エマは読んだことないんですけどね。今度の舞台は18世紀の中央ユー… このレビューの続きを見る

 バタバタが一段落して、すこしホッとしました。家族が出かけたり、用事こなすのもとりあえずは。さて、名古屋コミティアお越し頂いたみなさま、ありがとうございました。参加サークルさんも、来場者も、以前… このレビューの続きを見る

3.9

乙嫁語り

12:38:By Amrita

とにかく絵が綺麗。 服の書き込みが半端ないです。 民族衣装って本当に良いよね! 眺めているだけで幸せになれる漫画です。 話も面白くて、これからの展開が楽しみ!

 「乙嫁語り」 森薫 著 ブリティッシュロマンスの「エマ」を書いてらっしゃった森先生の新しい作品。 表紙の衣装に釘付けになって、買ってしまいました。 山を越えやってきた花嫁アミル(20)と、花婿カルル… このレビューの続きを見る

3.9

乙嫁語り

12:50:By

すっっごく面白いよこれ。 オススメ。 衣装も絨毯もいいが、大工のおじいさんがもう! 木とか手とか空気とか。 なんだよもう、漫画ってすげぇ。 手工芸好きにはたまらんね。 お話も今後どうなるの〜って感じなので楽しみ楽しみ。

「中央ユーラシアに暮らす、遊牧民と定住民の昼と夜。美貌の娘・アミル(20歳)が嫁いだ相手は、若干12歳の少年・カルルク。遊牧民と定住民、8歳の年の差を越えて、ふたりは結ばれるのか……? 『エマ』で19世紀末の… このレビューの続きを見る

 まずはレビューから今とある事情で大型出力機でカレンダーなんてちっさいものを出力中。紙をセットするのは人間でやるので四六中張り付いてなきゃならない。しかし印刷中はヒマなので、読み物としてずっと迷… このレビューの続きを見る

乙嫁語り 1

22:16:By midnight-feast

  

 相変わらずこの方の作品は書き込みが細かいです。じゅうたんの模様も民族衣装もコマコマ〜。これは描いていると目が痛くなりそうです(笑)今回はモンゴルの花嫁さんのお話。20歳と12歳の年の差カップルですって。もう、花嫁アミルのラブリーなこと。年上女房に年の割にはしっかりした旦那さん。なにそのいかにも乙女のための設定。森さんたら・・・。エマも好きだったけど、これも好きになりそうです。

森 薫著、ビームコミックス/エンターブレイン 「僕はアミルがもっと若かったらとか 全然思ってないからね」 ―時は19世紀。舞台となるのは、アジアとヨーロッパを結ぶ中央ユーラシアの一都市。 後継ぎである12歳… このレビューの続きを見る

どっかから民族音楽が聞こえてきそうなフォークロアな物語のスタート。ぜったいにあり得ない(自分を擬似的に入り込めさせない)恋愛のあり方だから男子向けなんでしょうか。もちろん好きな女子も多いだろうけど。その点、君に届けあたりは感情移入しやすそうだもんなー。風早くんみたいな男子はいないけど!相手の男の子がしっかりしてそうだけど、なんだかんだいっても子どもってところが萌えポイントでしょうか。

この描き込みは尋常じゃない! 前作「エマ」から一転、今回は中央アジア、遊牧の民の(嫁)物語です。 ストーリーはともかくとして(?)、民族衣装や装飾品、絨毯の模様、ヒツジの群れなどなど、ちょっとやりすぎ… このレビューの続きを見る

 9月はすっとばしましたが、とりあえず10月のもの。ロリポップから何故か強制的にJUGEMへ移動くらわされて、今まで面倒と思いながらも適当にやってきましたが、漫画リストのっけるのやめようかと思うくらい、商品レビューするのめんどくさいな、JUGEM!ひとつの記事に三個までって、ええー。

  個人様・法人様の不用品(不用在庫)をネットオークションで委託販売致します。 リサイクルショップの二束三文での買取りに不満を感じている方! オークション代行王大阪八尾に全てお任せ下さい!高く〜売… このレビューの続きを見る

 これは積んではイケないと思い、先程、読み終えました。 私的には面白かった! 感想を書くのが物凄く苦手なので省略しますが(^^;)、20歳の嫁アミルと、8歳年下の12歳の夫カルルクのお話で、後ろの… このレビューの続きを見る

乙嫁語り

01:24:By 象亀庵(仮)

厳密には・・・コミックだからなぁ、読書感想文と言っていいのか。 「エマ」という英国のビクトリア朝時代のメイドの物語があった。 その作者、森薫氏の新作。 今度は19世紀の中央ユーラシア。 12歳の新郎の元に… このレビューの続きを見る

  何で近所の本屋にはないのかな・・・・こんばんわ。 やっと単行本になってくれて嬉しいですw 森薫先生の「乙嫁物語」 前回の「エマ」はイギリスのメイドさんの物語でしたが 今回は中央アジア。しかも新婚… このレビューの続きを見る

3.9

うー

21:37:By 雨歌風声

寒くなってきました… 仕事場が暑いから気付きにくいけど(まだ半袖)、もう10月も終わりなんだね(´・ω・`) えちょっと待ってまだあたし何もしてなうわあああああorz コミックナタリー Power Push - 乙嫁語り /… このレビューの続きを見る

エマですでに森先生のとりこだけど、今回も1巻から興奮しながら読んじゃった! 書き込みがすごすぎる・・・ これ、このままのクオリティで最後までいくのかな?? ストーリーをあらすじにしてしまうと、すごく簡素になるのに、森先生の物言わぬ1コマ1コマが逆にたくさん心に届いて、いつも胸がジーンとする。 そしてあいかわらず、なんてキャラが素晴らしいんだ! 何回も読み返したい。

エマは買おう、とは思わなかったんだけど、これは表紙の衣装に 惹かれて購入。以前どこかで貰った小冊子にこの話の数ページが 載ってました。 12歳の夫と20歳の妻。姉さん女房なんだけど、12歳の夫が 12歳の割りに大人びてて、8歳の年の差があまり気になりませんよ。 妻も可愛いしね。

3.9

乙嫁語り

01:08:By I LOVE GAMES!

 買ってしまいました。まず、すごく綺麗な装丁なことに驚きました。表紙のつやといい、遊び紙が二枚も入ってることといい。ハードカバーみたいだ。森薫さんの漫画は初めて購入したんですが、あれ、エマってこ… このレビューの続きを見る

 乙嫁語り 1巻 買ってきました。 エマではストウナー先生が一番好きな自分としては そういうキャラが出るかは心配です。 しかし、森先生のエマの頃のよかったテイストは崩さず 完全に新しい物語が楽しめます。

3.9

乙嫁語り 1

13:00:By The Samantha Times

 あらすじ: 中央ユーラシアに暮らす、遊牧民と定住民の昼と夜。 美貌の娘・アミル(20歳)が嫁いだ相手は、若干12歳の少年・カルルク。遊牧民と定住民、8歳の年の差を越えて、ふたりは結ばれるのか……? 『エマ』… このレビューの続きを見る

『 乙嫁語り 』 第1巻 継続中 2009.06.22 に、 『 Fellows! 総集編 乙嫁語り&乱と灰色の世界 』 の感想を書いています^^ 感想はその時とほぼ同じです。 そりゃあ・・・同じにもなるわ。 内容の、三分の二… このレビューの続きを見る

 全然BLじゃないんですけど、はげしく萌えました・・・・!!!この書き込み量,半端ないです衣装とか装飾品とか絨毯とか木彫りの戸とか楽しく楽しく書いているんだろうなあって見ていてほこほこしてくるですよ… このレビューの続きを見る

待ってました!森薫さんの新作^^前作「エマ」の世界観も大好きだったのですが、今回の新作もまた森さんの『大好きなんです!』オーラ全開が素敵ですw今回も描き込みが半端無いです。好きだから楽しみながら描いて… このレビューの続きを見る

あらすじ中央ユーラシアに暮らす、遊牧民と定住民の昼と夜。美貌の娘・アミル(20歳)が嫁いだ相手は、弱冠12歳の少年・カルルク。8歳の年の差を越えて、ふたりは結ばれるのか……? 「エマ」で19世紀末の英国を活写し… このレビューの続きを見る

FELLOWS!

22:34:By Remedy

コミックスが出ていたので既に他で読んでたんですけどやっぱり買ってしまいましたあ〜やっぱり素敵だなあ綺麗だなあ11月に入江さんの新刊も出るみたいで興奮しちゃう!フェローズ作家さんの絵は大方大好きなので最高にたまらんですスイ先生が気になって仕方ないので、今月分から本誌も買おうかなと思いましたアニメイト行くしかねえなこりゃお金ないのでラキドCD我慢しよう…!こんなに漫画出るだなんて知らなかった〜

 待ってましたーーーーーー!森さんの新作!!! 表紙スベスベ!! あああああああ!最高だったよ。 「次は、花嫁になっちゃった話かー」 っていささか残念な気分だったんだけど・・・・ 全然花嫁じゃなああ… このレビューの続きを見る

3.9

素晴らしい漫画です。

01:23:By

  『エマ』はアニメで全部見たけど、漫画は読んだことなかった。 巷で盛り上がっている『乙嫁語り』ちょっと気になっていたので、 昼休みに本屋へ行って買ってきた。 絵が上手いって思ってたけど、それ… このレビューの続きを見る

先日、風邪が治ってから、不意打ちのように届いた本があります(というか、予約注文していたのをすっかり忘れていた) 数ある漫画家さんの中で、デッサン力としてもストーリーテラーとしても文句なしに素晴らしい… このレビューの続きを見る

3.9

乙嫁語り 1

18:42:By 鳩野さん。

時は十九世紀――中央アジア。 カスピ海沿岸の町で生きる十二歳のカルルク・エイホンのもとに嫁いできた美貌のアミル・ハルガルは二十歳。 馬をつかい、弓矢を能くし、エイホン一家の忘れて久しい遊牧の女性として… このレビューの続きを見る

3.9

乙嫁語り 1巻

04:19:By hato's room

読んでみました。 何これすごい面白すぎる!! 嫁がかっこいいです。こんな嫁欲しいです。 そしてカルルクが12歳とは思えないほど大人びている・・・。 きっといい男になるね!! 歳の差カップル好きだけど、男が… このレビューの続きを見る

森薫「乙嫁語り」1

20:46:By defeated.

森薫「乙嫁語り」1 定住民のカルルク少年の元にやってきたのは、8歳上で20歳の嫁・アミル。馬に乗って自ら弓をひき、兎を捕らえる遊牧民の娘である彼女を暖かく迎え入れるカルルクとその家族たち。中央ユーラシアで… このレビューの続きを見る

初の森薫本 前作は自分が全然メイドさんに萌えない体質だったので 友達に借りたりしてさらっと読んだだけ(それも5巻くらいまで) 知らん間に連載がおわってるなーという感じだったです。 今回は遊牧民モノ?と… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:漫画/アニメ 「エマ」で世のマンガ読みたちを唸らせた森薫が帰ってきた。 シルクロードが舞台の、飛びっきりの新作を引っさげて。 コミックナタリーはビデオカメラ片手に、待望の新作「乙嫁語り」… このレビューの続きを見る

「丸角屋の嫁とり」  ★★★☆☆ なかなか良い評価を聞いていたので、読んでみる。 相変わらず、絵は不安定で好みではない。 が、表題作は良かった。 何がよかったのか。 ベタかもしれないが、妾腹の長子という… このレビューの続きを見る

関連する商品