>
[Amazon] 半熟作家と“文学少女”な編集者 (ファミ通文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

半熟作家と“文学少女”な編集者 (ファミ通文庫)
半熟作家と“文学少女”な編集者 (ファミ通文庫)で自分のブログにレビューを書く

半熟作家と“文学少女”な編集者

おすすめ!3.3 [3.3](4件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:286515位
  • Amazon価格:¥ 648
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4047272221(エンターブレイン)
半熟作家と“文学少女”な編集者 (ファミ通文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(4件) 3.3 [3.3]

JUGEMテーマ:ライトノベル 『実はさ、初恋なんだ』byすずみやかいと ☆

 1か月も買いそびれていたので帯付のを探すのに手間取りました。   半熟作家と“文学少女”な編集者 感想です。  シリーズ最終巻は遠子先輩が編集者となった後のお話。 JUGEMテーマ:文学少女

 編集者になった遠子と、彼女が担当するある高校生作家のお話。これが文学少女シリーズの最終巻です。  快斗のキャラクターにちょっとびっくりして「……これはすごいな」と思っていたんですが、彼の手綱をちゃん… このレビューの続きを見る

”文学少女”シリーズ、最後の物語。 新しい担当編集の天野遠子嬢は、清楚な美人だった。――が、いきなり本棚の前でグルメ批評を始めるわ、ほんわかにこにこと容赦なく原稿を修正してくるわ、売れっ子高校生作家たる… このレビューの続きを見る

関連する商品