>
[Amazon] 雪蟷螂 (電撃文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

雪蟷螂 (電撃文庫)
雪蟷螂 (電撃文庫)で自分のブログにレビューを書く

雪蟷螂

おすすめ!3.8 [3.8](11件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:425415位
  • Amazon価格:¥ 594
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4048675230(アスキーメディアワークス)
雪蟷螂 (電撃文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(11件) 3.8 [3.8]

JUGEMテーマ:読書  紅玉いづきさんの「人喰い」シリーズ三作目。今回は「魔物」とは違うお話でした。(でもフクロウのエピソードが出てきてちょっとときめく)きれいにまとまってはいるしロージアの執着も… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:幸せなお金と時間の使い方PCなんて触ってる場合じゃないんだけども。まぁ、いいや。ごめんなさい、自分。受験が近づくほど何やっていいのか分かんなくなってきた。誰か教えて。人任せ。学校任せ。今… このレビューの続きを見る

3.8

雪螳螂

01:11:By

 成程、これもまた「人喰い」の物語。  極寒に耐える雪の世界であるだけに、人々の想いは熱く焼き切れて赤い色を際立たせるようです。  ある意味では執着の物語でもあるかもしれない。少女向けによくある「政略結婚」を扱っているだけに、そういう系統かなーと思いきや、かなり別の方向だったのが良い意味で意表を突きました。  面白かったです。満足!

雪蟷螂

21:03:By 小説と幻想の本棚

JUGEMテーマ:文庫   [ココが、面白かった!]  ☆ 4 ★ 雪の一族の、女性たちは激情を持って、戦いに挑む 恋も戦も激しいものだ その恋は、相手を食らい尽す程だ 死したその後でも、その想いは変わらない = 次の、極上幻想世界へ = Amazon.co.jp ウィジェット 続きは、チョイ読み ↓  

雪蟷螂

15:54:By

  狂気を持たぬものは人としてあらず、

紅玉いづき先生の新刊(って言っても発売から結構経ってますけど;;) すっごいお勧め。 ちょっと展開と結末が読めちゃう部分もあったけど、それはそれ。 これはこれ。 前2作とは違って、大人っぽいお話でした… このレビューの続きを見る

貴方を喰べたい やっと読みました。 紅玉さんの3冊目。人喰いシリーズ3部作3冊目。 前作は、人食いシリーズであったけれども人喰い感が少なかったのに比べ、始終人喰い言っている気がします。いえ、いい意… このレビューの続きを見る

雪蟷螂

21:15:By 蒼の読書感想のーと

 ☆8 あのミミズクを書いた人の、3作目。 2作目のMAMAよりはこっちのが好きですが、(なんとなく) ミミズクは超えられないというか、っていうかミミズクは超えられないものというか 面白かったです ただあれ… このレビューの続きを見る

アルスバントの山脈に点在する部族の中でも、双頭のひとつ。フェルビエの女には異名がある。愛するものさえ噛み殺すとされる激情を持つ彼女達の事を、人々は畏れを込めて“雪蟷螂”と呼んだ。 「十日もあれば殿方… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  涙も凍る冬の山脈に雪蟷螂の女が起つ。この婚礼に永遠の祝福を―。 長きにわたって氷血戦争を続けていたフェルビエ族とミルデ族。その戦に終止符を打つため、ひとつの約束がなされた。それ… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品