>
[Amazon] 狼と香辛料〈11〉Side Colors2 (電撃文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

狼と香辛料〈11〉Side Colors2 (電撃文庫)
狼と香辛料〈11〉Side Colors2 (電撃文庫)で自分のブログにレビューを書く

狼と香辛料〈11〉Side Colors2

おすすめ!3.9 [3.9](9件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:360572位
  • Amazon価格:¥ 594
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4048678094(アスキーメディアワークス)
狼と香辛料〈11〉Side Colors2 (電撃文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(9件) 3.9 [3.9]

狼と香辛料 11今回のストーリーは開拓村の土地争いエーブの商人の覚悟へのエピソードです。エーブはメインストーリーではえげつない商人ですが、最初はひよっこのお人よしなんですね。すごく感じました。JUGEMテーマ:オススメの本 

狼と香辛料11 は 下

14:37:By  栞屋

JUGEMテーマ:ライトノベル 『黒い狼が、涙と死の上に誕生する』 ☆☆☆

狼と香辛料 11

16:30:By 書痴記録

JUGEMテーマ:読書  ショートストーリーず。 それにしても、世界設定が絶妙だ。移民の開拓村の構造とか、商売人の色々とか。 黒狼の話は、珍しく辛口だった。騙された彼女が、如何に起死回生したのか。黒い。黒いけれど、それが商売人の世界だ、みたいな。その甘さの無さが、良い。

シリーズ11巻目で、外伝の2冊目。 2本の短編と1本の中篇で構成されている。 短編はホロとロレンスの会話を楽しむ激甘ラブエピソード。 中篇は5・8・9巻に登場したライバル?のエーブ・ボランの駆け出し時代を描く過… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:最近読んでる本  最初短編集ということに気づかなくて、「コルは、コルはー!?」とコルの姿を求めてしまいました。エーブの過去を描いた話はいいですね。

 大人気ライトノベル「狼と香辛料」の短編集2作目。内容はと言うと、 甘い・・・・・激甘!!!! ちょっと自分には耐えられないくらい甘いです。 本編みたいに何か事件的なものがあるわけでもないし、ホロとロレンスも相変わらず甘々のあんまみーやだし、エーブまでなんとなく乙女チックときている。 商人達の口先八丁な騙し合いはいったいどこへ・・・。短編集ですから本編の骨休めにどうぞ。

支倉 凍砂著(挿絵:文倉 十)、電撃文庫 書き下ろしの中編を含む3編が収録された、短編集第2弾。 タイトルに“色”を冠して綴られる話は、本編にそっと色を添えてくれます。 「狼と黄金色の約束」は、旅の途中で立… このレビューの続きを見る

 わりと初期から読んでます。アニメは、ホロの魅力が全然つたわんねー!!と思ってみてません  ^ ^最初友人が「すごく面白い本があって主人公が 『ありんす』とか『わっち』とかいうんだけど すげーかわい… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 待望のTVアニメ第2期7月より放送開始予定! 新感覚ファンタジー最新刊!!  ロレンスたちが港町レノスで出会い、その後ケルーベまで追いかけることとなった、美しき女商人エーブ。貴族で… このレビューの続きを見る

関連する商品