>
[Amazon] 狼と香辛料〈12〉 (電撃文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

狼と香辛料〈12〉 (電撃文庫)
狼と香辛料〈12〉 (電撃文庫)で自分のブログにレビューを書く

狼と香辛料〈12〉

おすすめ!3.9 [3.9](7件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:ペーパーバック
  • Amazonランキング:99540位
  • Amazon価格:¥ 594
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4048679333(アスキーメディアワークス)
狼と香辛料〈12〉 (電撃文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(7件) 3.9 [3.9]

今回はロレンスたちが北に行くために絵画商をたずね、地図をかける方を紹介してもらうことに。そこででてきたのは褐色の女の子女性に地図を描いてもらうためにあるところにむかうのですが・・・この少女が訳アリなんですが、その少女の思いがなんとも純粋ですね。JUGEMテーマ:オススメの本 

狼と香辛料12 は 下

14:40:By  栞屋

JUGEMテーマ:ライトノベル 『人間の命は短い。たかが100年も生きられない』 ☆☆☆

JUGEMテーマ:読書 楽しみにしてきた本の続編である。 ■ 狼と香辛料〈10,11〉 | D.I.'s Memorandum 今回は、ロレンスとホロが中心というよりは、 銀細工師フランに関わる話が中心。 面白いのは、化身が狼や羊だけではないということ。 重奏低音のように、何かが響いている気がした。

狼と香辛料 12

10:28:By 書痴記録

JUGEMテーマ:読書  これ、ラノベじゃないよなあ。よく出来てると最近感心する。 島で知り合った「羊」から、やはり絵画商人として成功している「羊」経由で、地図作りのプロを紹介してもらう。彼女は、肌… このレビューの続きを見る

 図書館で予約して随分時間が過ぎ、ようやく手元に…。 さて今回もロングシリーズならでは、な味のある褐色系ゲストヒロインが登場、いつもながらホロのカウンターヒロインとして活躍、翻弄されるロレンス…。 … このレビューの続きを見る

支倉 凍砂著(挿絵:文倉十)、電撃文庫 ホロの故郷ヨイツの手掛かりを求め、旅を続けるロレンス達。 羊のユーグから、北の地に詳しいという銀細工師のフラン・ヴォネリを紹介してもらうが、 彼女は地図を描く代価… このレビューの続きを見る

 昨日は地味に有休をとってだらだらしてましたが昼間に本屋に行って目的の物がなかったので、帰ったわけですがふと電撃PS買い忘れてたを思い出して、今日も本屋に行ってまいりましたすると発売日がまだのはず… このレビューの続きを見る

関連する商品