>
[Amazon] ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)
ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)で自分のブログにレビューを書く

ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常

おすすめ!3.5 [3.5](32件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:17970位
  • Amazon価格:¥ 572
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4048708244(アスキー・メディアワークス)
ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(32件) 3.5 [3.5]

毎日1冊ずつ書いていけば、きっと溜った本を消化できるに違いない、と思うのだが、これがなかなか難しい。特に夕べは薬を飲んでしまってからは、朦朧としてパソコンの前にいることすら難しかった。多少なりともま… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:ライトノベル鎌倉の片隅にひっそりと佇むビブリア古書堂。その美しい女店主が帰ってきた。まるで吸い寄せられるかのように 舞い込んでくる古書には、人の秘密、そして想いがこもっている。青年ととも… このレビューの続きを見る

 内容(「BOOK」データベースより)鎌倉の片隅にひっそりと佇むビブリア古書堂。その美しい女店主が帰ってきた。だが、入院以前とは勝手が違うよう。店内で古書と悪戦苦闘する無骨な青年の存在に、戸惑いつつ… このレビューの続きを見る

毎週月曜21時から、TV放映中ですね。 来週はいよいよ最終回。 古書堂に静かに座っている栞子さん。 推理ストーリー的には、 イマイチ感が拭えない部分もありますが、 雰囲気のある物語です。 原作は、TVとは一味ちがった世界が楽しめますよ。  

 ビブリア古書堂シリーズ第二弾。 普段はコミュ障なのに本の話をする時はものすごく生き生きしてるビブリア古書堂女店主篠川栞子と、本は読めないけど本にまつわる話を聞くのは好きな店員五浦大輔。 今回は2… このレビューの続きを見る

ビブリア古書堂の事件手帖2巻! 面白かった!読みやすかった! 『時計じかけのオレンジ』の感想文の謎とか、元恋人の複雑な家の謎とか、栞子さんのお母さんのこととか、どの話も気になりながらさくさく読めた! … このレビューの続きを見る

早いものでもうすぐ2月です。考えている事に、行動が追いつけていないです。効率や能率を考えて、色々やっていきたいですね。前回、今回と『ビブリア古書堂の事件手帖』を紹介しております。未読の方で、小説が好きな方には是非ご一読頂きたい作品です。気がつくとビブリアワールドに引き込まれています。来月には新刊も出ます。今から楽しみです。琴浦さんも面白いですが、GJ部も面白いですね。こちらもノーチェックでした。

勘が良い栞子さん 体格と性格が合ってない大輔さん オールドファッションなキャラ設定 大輔さんのおばあちゃんの話がとても好きです JUGEMテーマ:Book review

おもしろいです! 2巻目、さらに面白くなってきてます。 栞子さんのお母さんのこと、気になりますね。 母親を巡っては、まだまだ何か事件がありそう。 栞子と大輔のこの先も気になりますねー。 ふたりの仲… このレビューの続きを見る

三話以外はいい話でしたー。三話以外は。と言うか、三話もいい話かと思ってたら(実際いいところもあったけど)……うーん、ヒロインのお母さん、怖い。

3.5

栞子さん本 3冊

00:34:By tantan blog

さらにさらに読み散らかし中 ビブリア古書堂の事件手帖シリーズを3冊読み終わりました。 Oさま、楽しいです。おすすめありがとう。 なんだか可愛らしいお話で、すんなり読めました。たぶん、末っ子に貸し… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 鎌倉の片隅にひっそりと佇むビブリア古書堂。その美しい女店主が帰ってきた。だが、入院以前とは勝手が違うよう。店内で古書と悪戦苦闘する無骨な青年の存在に、戸惑いつつもひそかに目を細め… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書感想文  ◆ビブリア古書堂シリーズ    篠川栞子の母親のことが少しづつ解った来ましたね。    本の虫だけでなく、聡明で大胆な推理と    人に対… このレビューの続きを見る

今月は図書館で借りた本を読むことから始まりましたー!笑 その本は、三上延さんの… ビブリア古書堂の事件手帖〜栞子さんと奇妙な客人たち〜 ビブリア古書堂の事件手帖 2〜栞子さんと謎めく日常〜です◎ … このレビューの続きを見る

    最近の遠征のお供はこれ〜。    安心安定のブランチBOOKコーナー紹介からの購入です。  何かしら一冊本を持っておくと時間つぶしになるしよいよね〜。  この間のカツンコン遠征では、舞台×コン… このレビューの続きを見る

灯油です。ネタバレ全開なので続きから御願いします。

  この3冊、密林で購入することにしました! 鍵のかかった部屋に関しては榎本シリーズらしくこの購入したのは 短編集らしいです。だから第1弾から購入しようかと思いましたが とりあえずは試しにってことで^… このレビューの続きを見る

時計自掛けのオレンジのくだりが秀逸、っていうか映画見てて馴染みがあった分感情移入しやすく。73点。

23:00起床。 練習 5:30まで。 そのまま出社。 出社したら仲の良い同僚が 「娘に生理が来てしまった…」 って、かなりショックを受けていた。 初潮は喜ばしいことなんだろうけど、スポーツをやらせている関… このレビューの続きを見る

●本日の読書 ・「ビブリア古書堂の事件手帖 (2)」三上延/メディアワークス文庫  一巻を読んで面白かったので続けて二巻を購入し、読書。著者があとがきで書いているように、今巻から本編と云う感じです。キャ… このレビューの続きを見る

―内容(「BOOK」データベースより)― 鎌倉の片隅にひっそりと佇むビブリア古書堂。その美しい女店主が帰ってきた。だが、入院以前とは勝手が違うよう。店内で古書と悪戦苦闘する無骨な青年の存在に、戸惑いつつも… このレビューの続きを見る

なんか栞子さんはあまり好きになれない・・・。天然ボケの女の子かと思いきや、絶妙の所で男心をくすぐるし。きわどい胸元とか。もしかして魔性の女ですか。でも、どう読んでも、絶対大輔に恋してるっぽいんですよ… このレビューの続きを見る

鳳雛の本棚から・・・拝借 古本屋を舞台にしたコージーミステリー キャラが良くって・・・2巻目まで一気読み 【本屋大賞】ノミネートも納得です 

 シリーズ二巻目。栞子さんに一歩踏み込んだ内容でした。  大輔の元カノ登場で、ちょっと前進したかに見えた大輔と栞子さんの関係ですが、前途多難そうです。  今回は二話目に少しじーんときた。晶穂とお父さ… このレビューの続きを見る

ビブリア古書堂という古書店に持ち込まれた古書にまつわる物語を店主である栞子さんが推理していくミステリ、第2弾。今回のネタ本は『時計仕掛けのオレンジ』『名言随筆 サラリーマン』『UTOPIA 最後の世界大戦』… このレビューの続きを見る

内容(「BOOK」データベースより) 鎌倉の片隅にひっそりと佇むビブリア古書堂。その美しい女店主が帰ってきた。だが、入院以前とは勝手が違うよう。店内で古書と悪戦苦闘する無骨な青年の存在に、戸惑いつつもひ… このレビューの続きを見る

 【あらすじ】鎌倉でひっそりと経営されている古書店「ビブリア古書堂」。本のこととなると天才的な推理能力を発揮するその美人店長のもとには、数々の本にまつわる珍事が舞い込むのであったが、そんな彼女の… このレビューの続きを見る

古い本は、命を持つ。 『ビブリア古書堂の事件手帖2 〜栞子さんと謎めく日常〜』 三上延 ビブリア古書堂シリーズ第2弾です。 どうやら、この巻で終わりというわけではなさそうで… 3巻以降にも続く感じの最… このレビューの続きを見る

ビブリア古書堂の事件簿 2読みました本当に すらすらと一気に読める物で 楽しいなあとただ 今回は 姉妹の関係や主人公の元彼女やヒロインの母親についてと本を取り巻く環境で こうも来るかなあと自分の感想… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般  ビブリア古書堂の事件手帖の続編です。 正直に言うと前作が面白かったので少しもったいなかった。 1が面白いので2は読まなくてもいいかな。 っていう気はします。 おそらく3が出… このレビューの続きを見る

関連する商品