DB Error: connect failedDB Error: connect failed ユージニア - 恩田 陸 のレビュー全17件 JUGEMブログ

>
[Amazon] ユージニア

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ユージニア
ユージニアで自分のブログにレビューを書く

ユージニア

おすすめ!3.4 [3.4](17件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:342330位
  • Amazon価格:¥ 1,836
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:404873573X(角川書店)
ユージニアのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(17件) 3.4 [3.4]

北陸のとある町で、地元の名士であった青澤医院の当主の還暦祝いとその母の米寿の祝いが重なっていた日に事件は起きた。当主の知人からの配達として送られてきたビールやジュースに毒物が混入されていたのだ。十七… このレビューの続きを見る

3.4

ユージニア/恩田陸

21:56:By Carpediem

最近、しばしば図書館に通っていて、昔読んだ本を見つけては再読しています。学生時代に一大マイブームだった作家、恩田陸さんを再読。タイトルを見て読んだ気がするけど覚えてなくて、とりあえず借りてみたけど、… このレビューの続きを見る

いかにも恩田ワールド!という小説でした。 読んでいる間、とにかく不安な気持ちをかき立てられるような、 何かを思い出したいのに思い出せないような、 わからないこと自体に恐怖するような 不思議な感覚を味わい… このレビューの続きを見る

内容(「BOOK」データベースより) 遠い夏、白い百日紅の記憶。死の使いは、静かに街を滅ぼした。知らなければならない。あの詩の意味を。あの夏のすべてを。

ユージニア

01:14:By ◆Ruri+Hari†◆

ユージニア 恩田陸 角川書店/角川文庫 ある夏、旧家で起きた大量毒殺事件。 未解決の事件を巡り、事件関係者の証言が積み重ねられ 事件の真相が浮かび上がる―― と、思うのが普通だけど しかしはっきり… このレビューの続きを見る

はい、明日からちょっと出かける森宮です。ケータイからブログが見れなくなってしまったので、コメ等にしばらく気づかないことがあるかもしれませんが、必ずお返事はしますので!!! ・「食堂かたつむり」 >好感… このレビューの続きを見る

あの夏、青沢家で催された米寿を祝う席で、 十七人が毒殺された。 ある男の遺書によって、一応の解決をみたはずの事件。 町の記憶の底に埋もれた大量殺人事件が、年月を経てさまざまな視点から再構成される。 … このレビューの続きを見る

ユージニア、私のユージニア。 私はあなたと巡りあうために、 ずっと一人で旅を続けてきた。 遠い夜明けに震えた日々も、 今日で終わりを告げる。 これからは永遠に、私たちは一緒。 私の唇に浮かぶ歌も、 … このレビューの続きを見る

あの夏、青沢家で催された米寿を祝う席で、 十七人が毒殺された。 ある男の遺書によって、一応の解決をみたはずの事件。町の記憶の底に埋もれた大量殺人事件が、年月を経てさまざまな視点から再構成される。 本書は… このレビューの続きを見る

まるでそれは藪の中 すごく評価の分かれる作品だと思います. 物語はある町の名士のお祝いの席で起こった大量毒殺事件で,一族,そしてお祝いに駆けつけた人々も巻き込み17人もの人が亡くなります. 一族の中,唯… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 丸窓の屋敷で催された米寿の祝い。運び込まれたジュースを飲み、17人が死んだ。 現場に残された謎の詩、「ユージニア」。唯一生き残った、盲目の美少女。 何度も読み返してるんですけ… このレビューの続きを見る

ユージニア

15:23:By 不機嫌にっき

怖い。謎が残りすぎ。 金沢市と思われる町でかつて起きた大量毒殺事件の真相に、あらゆる面からアプローチしていくストーリー。 一人の人物が一方的に語る言葉、書簡、会話、事件について書かれ、かつてベス… このレビューの続きを見る

装丁とプロローグが気に入って購入した本。 実は中身は見ずに金五郎に初めてお付き合いをOKした時に贈った本だったり。 これは一遍の詩のようなものから始まりますが実は実行犯が真犯人に宛てた手紙。 ユー… このレビューの続きを見る

かつてあの屋敷で起きた、17人が死んだ無差別殺人事件。犯人はひとり生き残った彼女なのか…動機は…? いや〜気持ち悪いッ(笑) 内容なんですが、私は恩田さんにしては比較的明確なオチじゃないの〜と思っ… このレビューの続きを見る

3.4

ユージニア

00:24:By

再読。Kはすぐ隣県の県庁所在地です。強いて言えば真弓坂が鍵。

ユージニア、私のユージニア。 私はあなたと巡りあうために、ずっと一人で旅を続けてきた―― 昭和48年夏、北陸のK市にある名家・青澤医院で、無差別に17人が毒殺された。 現場にのこされたのは謎めいた一通の手紙。… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品