DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed サウス・バウンド - 奥田 英朗 のレビュー全33件 JUGEMブログ

>
[Amazon] サウス・バウンド

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

サウス・バウンド
サウス・バウンドで自分のブログにレビューを書く

サウス・バウンド

おすすめ!3.8 [3.8](33件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:107836位
  • Amazon価格:¥ 1,836
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4048736116(角川書店)
サウス・バウンドのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(33件) 3.8 [3.8]

3.8

サウスバウンド

20:50:By 白い本棚

「サウスバウンド」奥田英朗の長編小説です。 奥田英朗の小説で好きな本は、 「イン・ザ・プール」です。 問題が起こって、 解決していく小説だから好きです。 ハッピーエンドになるから安心して読… このレビューの続きを見る

「サウスバウンド」

20:20:By moji*lib

僕の父さんは元過激派とかいうやつで、いつも家にいて小説を書いている。学校なんか行く必要ないとか言うのだけれだけれど……。少年の視点を通して、変わり者の父に翻弄される家族を描く、長編大傑作! この家族面白すぎ!(笑) お父さん全然妥協しませんね。絶対国民年金を払わないところとか。大杉栄とか、あそこらへんを彷彿とさせる・・。

採点: 8.0点 ひさしぶりにこんなにおもしろい小説を読んだ。開放感・爽快感・高揚感、どれをとっても一級品である。上下巻と長いが、物語は大きく二つに別れているので、二作品読むと思って望んでも良い(上巻… このレビューの続きを見る

3.8

サウスバウンド

23:07:By flowbar

お父さんが、左翼なのかな、右翼なのかな。まぁそういう系の人で。 文句ばっかいってるので苦労してるコドモが主役です。 そういうひとたちって、理想ばっかじゃねぇか!って思う反面、人によっては それができれ… このレビューの続きを見る

3.8

サウス・バウンド

22:57:By sablog8

奥田作品初の長編。 ずっと短編集ばかり読んでいたので 短編のイメージがついてしまっていたけど 長編、いい! おもしろかった〜。 物語はちょっと極端だけど でもホントそうだよなぁ・・・っと思うところがたくさんあった。 奥田英朗さんに、本格的にハマっちゃった宣言しておきます。

JUGEMテーマ:読書  まーーったく、ここまで楽しませてくれる作家も珍しいってほど、読めば読むほど敬服する奥田英朗さん。  男児の痛快冒険小説という点で、終始マーク・トウェインの「トム・ソーヤの冒険」… このレビューの続きを見る

サウス・バウンド

20:53:By T_plus!

 最初はスタンド・バイ・ミーみたいな青春群像(って言うの?)っぽい話かと思ったら大分違ったようで……。 今まで読んだものと違って随分思想的(と言って正しいのかは不明)。 最終的には父ちゃんの話……か? 割とおもしろかったんですが、正しい楽しみ方がよくわからなかったりもする。 どっちかって言うと一部の東京編のがちょっと好き。

小学生が主人公で、小学生の青春物語だったらいやだな と思ったが、元過激派の父がおもしろいからよかった。 前半は、東京の小学校生活。 後半は、西表島での自給自足生活。 前半は中学生のヤンキーに脅されて、変… このレビューの続きを見る

サウスバウンド

21:26:By 受賞本

 サウスバウンド  著者 : 奥田英朗  受賞歴 : 2006年本屋大賞 2位

 元過激派の父に何かと気苦労させられたり、中学生に因縁をつけられたり、 主人公の二郎くん。小学生男子も何かと大変だ。 そんな日常な中で、少しずつ家族を理解し成長する二郎くんがあまりにも けなげで「頑… このレビューの続きを見る

サウス・バウンド

21:12:By ぶくわむ

サウスバウンドは映画化もしましたよね。 WOWOWでチェックしてたものの見逃し、まだ観てはいないのですが、なにやら沖縄が舞台らしいとの情報は入っていたので、半分が東京での物語だったことに驚きました(笑)。 … このレビューの続きを見る

―――――――――――――――――――――――――――――――  別れは、淋しいことではない。出会えた結果のゴールだ。 ―――――――――――――――――――――――――――――――  「俺は楽園を求めている。ただそれだけだ」  「はは、楽園ね。いい大人が、そん… このレビューの続きを見る

最近文庫にもなったようですね。 奥田英朗さんの本。この人、岐阜県出身です、はい。 2部構成。 1部は、二郎(小6)が中学生のヤンキーに目つけられて戦う?話。友情とか。 家族のことももちろん。無職の元革命家… このレビューの続きを見る

前半なかなか面白かった。 後半、ちょっと失速したけど、まぁアリかなって思えた。 でも映画は子供のケンカのくだりがないと知って、それはどうかと思った。 あそこが一番、子供が成長した感じしてたのに。 それじゃ突き抜けた親が暴走してるばっかに目が行かないか。 だから原作読んだ方がいいよーって薦める事が出来たんだけど。

3.8

サウスバウンド

23:46:By

JUGEMテーマ:読書 内容(「BOOK」データベースより) 小学校六年生、僕の名前は二郎。父の名前は一郎。 誰が聞いても「変わってる」と言う。 父が会社員だったことはない。物心ついたときからたいてい家… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:オススメの本 夏に読むなら、これがバツグンにおススメ。 『イン・ザ・プール』『空中ブランコ』で奇人変人(?)な精神科医・伊良部を 描いた奥田さんがこの小説で描くのは、小学生の視点から… このレビューの続きを見る

二郎の父は元革共同の有名な闘士だったが 集団でいることに意味を見出せなくなり脱退した過去を持つ。 しかし精神はそのままで昔の仲間を居候させたり 二郎の先生に詰め寄ったりとかなり迷惑。 ついに居候させ… このレビューの続きを見る

「サウスバウンド」(奥田英朗) ぼくのお父さんはいつも家でごろごろしては小説を書いている。元過激派で数々の伝説を残し、その筋では一目置かれていた人らしいけど…。 何から何までメチャクチャで型破りで騒動… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 私も税金払うのやめたいなー 子供からしたら非常にはた迷惑な両親には違いないですが、嫌いになれないというか、むしろ清々しいほど好きだという感覚には納得せざるを得ない。

奥田英朗『サウスバウンド』(角川書店)

3.8

サウス・バウンド

08:46:By Who knows?

一郎さんみたいな人、テレビで興味本位に観るだけなら面白いけど 家族にいると相当迷惑(笑) ていうかご近所にいるだけでも厄介(笑)

JUGEMテーマ:読書 Amazonレビューでは、一気に読み終えたで★5つになってるのに、 私はなぜだか、途中で中断してしてしまった期間があって、 無駄に時間をかけてしまいましたが、 読後・・・相当な満足感… このレビューの続きを見る

3.8

サウス・バウンド

07:28:By

今週読んだのはサウスバウンド。 これもこの前映画化されて、主演は豊川悦司なんですね。 でもこれはちょっとイメージ違うかな。トヨエツ、南国顔じゃないし(^^; お父さんは元革共同でアナーキスト(無政府主… このレビューの続きを見る

<あらすじ> 父は元過激派だ。 小学校六年生になった長男の僕の名前は二郎。 父の名前は一郎。誰が聞いても「変わってる」と言う。 父が会社員だったことはない。物心ついたときからたいてい家にいる。 … このレビューの続きを見る

これは最高です。奥田さんちょっと見直しました。笑 コンセプトは伊坂さんの「魔王」と同じ感じですが、 申し訳ないがはっきり言って、断然こちらの方がいい。 「キンちゃんプシュー」や「これ、大豆ですから」… このレビューの続きを見る

3.8

サウス・バウンド

03:20:By

「サウス・バウンド」奥田英朗 内容の説明は‥すごく難しいので省きます。レビューなのに!w とってもいい本ですね。そう思います。 家族の絆や友情についても考えさせられるし、 社会の問題にも触れている… このレビューの続きを見る

来月公開される映画を見にいきたいのですが、 その前に読もうかどうしようか迷っていましたが、 読みました。 きっかけはゆりちゃん(天海祐希さん、映画で母親役)なので、 読みながら、重ねあわせてしまいま… このレビューの続きを見る

 再読です。  これを読むのはやっぱり夏ですね。  「全国書店員が選んだ いちばん!売りたい本 2006年本屋大賞2位」  学校なんて無理に行かなくてもよい、という元過激派の父に黙って付いていく妻も同志だ… このレビューの続きを見る

出版社 / 著者からの内容紹介 僕の父さんは元過激派とかいうやつで、いつも家にいて小説を書いている。学校なんか行く必要ないとか言うのだけれだけれど……。少年の視点を通して、変わり者の父に翻弄される家族を描… このレビューの続きを見る

元過激派の父のとっぴな行動に振り回される小学生の僕と家族。起こした事件のはてに、南の島に移住することになって…。 こんなお父さんいやだー(笑) 最後のほう、「税金は払わん」と豪語するお父さんがかっこ… このレビューの続きを見る

サウス・バウンド

17:00:By 溺書録

 直木三十五賞を受賞した後の第一作。私は愚かにも『イン・ザ・プール』、『空中ブランコ』、『町長選挙』の伊良部シリーズどころか奥田英朗作品は一切読んでいなかったのだが、シリーズ二作目の『空中ブランコ』よ… このレビューの続きを見る

..........................  小学校六年生になった長男の僕の名前は二郎。父の名前は一郎。誰が聞いても「変わってる」と言う。父が会社員だったことはない。物心ついたときからたいてい家にいる。父親とはそう… このレビューの続きを見る

父は元過激派だ。小学校六年生になった長男の僕の名前は二郎。父の名前は一郎。誰が聞いても「変わってる」と言う。父が会社員だったことはない。物心ついたときからたいてい家にいる。父親とはそういうものだと思… このレビューの続きを見る

関連する商品