DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed クドリャフカの順番―「十文字」事件 - 米澤 穂信 のレビュー全17件 JUGEMブログ

>
[Amazon] クドリャフカの順番―「十文字」事件

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

クドリャフカの順番―「十文字」事件
クドリャフカの順番―「十文字」事件で自分のブログにレビューを書く

クドリャフカの順番―「十文字」事件

おすすめ!3.8 [3.8](17件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:179017位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4048736183(角川書店)
クドリャフカの順番―「十文字」事件のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(17件) 3.8 [3.8]

 内容(「BOOK」データベースより) 待望の文化祭が始まった。何事にも積極的に関わらず“省エネ”をモットーとする折木奉太郎は呑気に参加する予定だったが、彼が所属する古典部で大問題が発生。手違いで文集を… このレビューの続きを見る

古典部シリーズ第3弾。いよいよ「カンヤ祭」が始まる。待ちに待った文化祭の幕開けではあるが、古典部ではちょっとした問題が起こっていた。目次を見てみよう。 “2 限りなく積まれた例のあれ” あれって、あれです… このレビューの続きを見る

 古典部シリーズの三作めだということに借りてきてから気がつきました。順に読んだほうがやっぱりいいですよね。ある高校の古典部にいろいろ謎があるようです。文化祭になって、手違いで多量の文集を作ってし… このレビューの続きを見る

題は和漢朗詠集にある歌。うー…蓮如のことばってこれが元にあるのかなあ。どうなんだろう。わたしの電子辞書内にある広辞苑第六版には「朝には紅顔ありて夕べには白骨となる」の由来は残念ながら載っていません。 … このレビューの続きを見る

 古典部シリーズ続編です。えーと、主人公がヒロインに弱いという正統派のヒーローものでもあります。あの、ミステリの感想って難しいですね。いま、もうなんか何も言えない自分にびっくりです。えーと、やっ… このレビューの続きを見る

古典部シリーズ。 文化祭で起こる事件。 この話は古典部4人、それぞれの視線に細かく切り替わり、描かれています。 それほど切ない、とかもなかった気がしました。 面白かったです。

久々の米澤さんの古典部シリーズです 学校祭がようやくスタートしました 時間ごと人物ごとに分けられているので、テンポよくさくさくと読めてしまいます 折木の周りで事件が起きることまでは今までとも同じな… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 順番通りに読んでいない古典シリーズの第三作目です。 やはり順番に読んでいくほうをお勧めしますが、今回は四人の視線でそれぞれ描かれているので、どんな人物で普段はどんなことを考えてい… このレビューの続きを見る

ついに始まった神山高校最大の行事・文化祭。しかし、奉太郎が所属する古典部で問題が発生。文集「氷菓」を手違いで刷りすぎてしまったのだ! 一部でも多く売るため、知恵を絞る部員たち。タロットカード、碁石、水… このレビューの続きを見る

読みました。 安楽椅子探偵、折木さんのシリーズの第二巻ですね。 単品で読めつつも、微妙につながっています。 今回はカンヤ祭の謎を解いた「氷菓」(=文集)の またも事件(?)に巻き込まれ、 古典部の皆… このレビューの続きを見る

古典部シリーズの三巻目。 随分読むのが遅れたというか…スッカリ忘れていましたー!(笑) そして今現在、内容も殆ど忘れているという体たらく…。 こういう単純な青春学園ミステリを楽しむにはトシを取りす… このレビューの続きを見る

内容(「BOOK」データベースより) 待望の文化祭が始まった。何事にも積極的に関わらず“省エネ”をモットーとする折木奉太郎は呑気に参加する予定だったが、彼が所属する古典部で大問題が発生。手違いで文集を作り… このレビューの続きを見る

待望の文化祭。だが、折木奉太郎が所属する古典部では大問題が。手違いで文集を作りすぎてしまったのだ。古典部の知名度を上げて文集の完売を目指すため、奉太郎たちは学内で起きた連続盗難事件の謎に挑むことに! … このレビューの続きを見る

 絶望的な差から期待が生まれるというのが妥当とするなら、俺はどんな方向でも差に気づいてさえいないようだ。身を震わせるほどの切実な期待というものを、俺は知らない。憧れを知らない。眼下に星を持たない。 … このレビューの続きを見る

『古典部』シリーズ第三弾! 残念ながらわが市の図書館には、「氷菓」も「愚者のエンドロール」もなく、不本意ながら3作目を初めて読むことになってしまった。 おかげで、登場人物たちのキャラクター設定が分か… このレビューの続きを見る

わー、やっちまった! と電車の中で本を開いた私は思った。 シリーズものじゃん!しかも3作目じゃんか!! くやしい!どうして確かめなかったんだ! でも電車の中の40分間が暇なので読む。 結果は…おも… このレビューの続きを見る

内容(「BOOK」データベースより) 待望の文化祭が始まった。何事にも積極的に関わらず“省エネ”をモットーとする折木奉太郎は呑気に参加する予定だったが、彼が所属する古典部で大問題が発生。手違いで文集を作り… このレビューの続きを見る

関連する商品