>
[Amazon] 螺鈿迷宮

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

螺鈿迷宮
螺鈿迷宮で自分のブログにレビューを書く

螺鈿迷宮

おすすめ!3.3 [3.3](33件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:526476位
  • Amazon価格:¥ 1,728
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4048737392(角川書店)
螺鈿迷宮のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(33件) 3.3 [3.3]

夫婦ではまっている海堂尊の小説。「チーム・バチスタの栄光」から続いているシリーズです。 今回は愚痴外来の田口先生は登場せず、厚生労働省のコードネーム火喰い鳥の白鳥と部下の姫宮のコンビで奮闘していま… このレビューの続きを見る

医療界を震撼させたバチスタ・スキャンダルから1年半。東城大学の医学生・天馬は、留年を繰り返し医学の道をリタイア寸前だった。ある日、幼なじみの記者・葉子から「碧翠院桜宮病院に潜入できないか」と依頼を受け… このレビューの続きを見る

 【あらすじ】東城大学医学部の落ちこぼれ、天馬大吉は、ある日、幼なじみである別宮葉子から奇妙な依頼を受けた。終末医療施設として最近注目されている、碧翠院桜宮病院に、ボランティアスタッフとして潜入… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:Book review「螺鈿迷宮」(角川書店):海堂尊  終末期医療をどうすべきか?そういう疑問を投げかけられる作品です。 内容的には、ありそうではあるけども絶対にありえないという中途半端な部… このレビューの続きを見る

脳みそ完全に休みボケですよ。昼から居眠りこきそうになった。絶えた。いやでも一瞬寝た(笑) しかしゲリラ豪雨とまではいかないかもだけど、3時過ぎくらいに急に空が真っ暗になって、 雷ゴガシャーンにはびっくり… このレビューの続きを見る

3.3

螺鈿迷宮

11:01:By みとぴっくす

一番ラストのセリフを読んで やっぱり?やっぱりそーなの?そーいうこと??? と思わず口に出してました。 なんとなく、そんな気もしたんだよー。 だって、クライマックスでこの人全然どうしてたのか書かれてない… このレビューの続きを見る

「チーム・バチスタの栄光」の続編 ここでの主役は あの白鳥ではなく ”氷姫”なんです。 彼女のドジぶりは、120%天然で爆笑に次ぐ爆笑です。 物語は、終末医療を題材にした いたってまじめな内容です。 最後まで飽きの来ない 映画化しても充分面白いけそうな気がしました。 ”氷姫”こと姫宮さんのどじっぷり全開の 続編すごく期待せざるを得ない作品でした。 JUGEMテーマ:読書 

 螺鈿迷宮海堂さんの医療ミステリー。すらすら読めました。私の頭の中でリアルな映像が流れた作品。是非とも映像化してほしいです。

   これは田口・白鳥シリーズとは別なのかー。 やっと出てきた「氷姫」! イメージが違う(笑) 久々に海堂さん読んだけど面白かったー。 キャラが濃いのにすんなり入ってくる気がする。 なんか「死」ってなんだろうねーと思ってしまった。 ある意味、螺鈿の中なら幸せなんじゃ??なんて。 桜宮サーガ、深いわー。

JUGEMテーマ:読書 「螺鈿迷宮」読みました。 医療サスペンス『チーム・バチスタの栄光』からのスピンオフらしいです。 田口先生は出てきませんが、厚生労働省の変人・白鳥圭輔は出てきます。

読み終えました、『螺鈿迷宮』。”らでんめいきゅう”と読みます。 「チーム・バチスタの栄光」でおなじみの海堂尊さんの作品です。 舞台となるのは、「バチスタ・スキャンダル」から一年半、碧翠院桜宮病院。 … このレビューの続きを見る

ジェネラルルージュのときに、姫宮が一週間看護師体験をやっているのは、この話につながる。よく覚えてないけど、たしか、ナイチンゲールのときに姫宮を潜入させてるとかなんとか言ってた気がするので、ここの話に… このレビューの続きを見る

3.3

螺鈿迷宮

01:46:By 花夢想記

医療界を震撼させたバチスタ・スキャンダルから1年半。 東城大学の医学生・天馬は、留年を繰り返し医学の道をリタイア寸前だった。 ある日、幼なじみの記者・葉子から「碧翠院桜宮病院に潜入できないか」と依頼を受… このレビューの続きを見る

3.3

螺鈿迷宮

21:37:By 読書LOG

 

3.3

螺鈿迷宮

22:42:By つれづれ読書日記

「チームバチスタ」シリーズの半分番外編といった位置でしょうか。 ロジカルモンスター白鳥が、皮膚科の医師に化けて(?) 出てきています。 ずっとどんな人物か気になっていた氷姫も登場して この二人の不毛… このレビューの続きを見る

3.3

螺鈿迷宮

23:34:By OT18-33

出版社 / 著者からの内容紹介 この病院は、あまりにも、人が死にすぎる―― 日本の医療界を震撼させた「バチスタ・スキャンダル」から一年半。その舞台となった東城大学に医学生として通う天馬は、留年を繰り返し既… このレビューの続きを見る

螺鈿迷宮

23:39:By 思いつきブログ

「チーム・バチスタの栄光」から、立て続けにシリーズを読み続け、とうとう4作目まで到達。面白いな、このシリーズ。医学の専門知識が結構出てくるけど、それだけじゃなく、物語のディテールが凝ってる。そして、ロジカル・モンスターのやり取りが、また刺激的。

螺鈿迷宮

23:51:By みあの日記

螺鈿とは 主に漆器などの伝統工芸に用いられる装飾技法のひとつ。 貝殻の内側、虹色光沢を持った真珠質の部分を薄く研磨 したものを、さまざまな模様の形に切り、漆地や木地の 彫刻された表面にはめ込む手法、… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/6/5〜2008/6/8 [角川書店HPより] この病院は、あまりにも、人が死にすぎる―― 日本の医療界を震撼させた「バチスタ・スキャンダル」から一年半。その舞台となった東城大学… このレビューの続きを見る

海堂尊|螺鈿迷宮

23:45:By windfall

田口・白鳥シリーズにもたまに登場していた、碧翠院桜宮病院が舞台です。 ミステリアスで、先が気になって読んでいったのですが、ミステリアスがそのままで終わってしまったのにはちょっと呆然。 謎は解けるけど、… このレビューの続きを見る

桜宮シリーズでいちばんスゴイ。 いちばんよく出来ているとか、そういう事じゃなくて、スゴい。海堂尊、大丈夫なんかな。現役のお医者さんらしいが、これ書いてたら仕事にならないんじゃないかな。気持ちがどっか… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:ミステリ 物事にはすべからく、光と影がある。 医療における光と影。 テーマは、なかなか重い。 コードネーム「火喰い鳥」、白鳥が 健在なのは嬉しいし、 「氷姫」こと姫… このレビューの続きを見る

「チームバチスタの栄光」、「ナイチンゲールの沈黙、」 本当はそれからこの本を読むべきでした。 先に「ジェネラル・ルージュの凱旋」を読んでしまったのは間違いでした(汗) 今回の主人公は上の三冊とは… このレビューの続きを見る

3.3

螺鈿迷宮

16:48:By なかざわしき

読了。 シリーズ番外編。 順番としてはナイチンゲールの次なのかな? (いかにも発言が伏線ちっくだったし) 氷姫がどんなもんかと知りたく読みました。 ツボです。ドジっこ優等生タイプってことですねは… このレビューの続きを見る

海堂尊の第3作。 やっぱり「バチスタ」がよく出来すぎていて、この作品も中途半端な出来映え。 読むのにすごい時間がかかったわりに面白くない。残念。 バチスタから名前だけは登場していた姫宮がようやく現れ… このレビューの続きを見る

このミステリーがすごい!1位 の作品の続編から派生した本。 でも、ミステリーではないのかもしれない。 謎だけれども。 同じ登場人物が登場しつつ 違う側面からの話。 パターン化されたシリーズからの派生だから どう進むか読めなくて、おもしろかった。 まだ続くのか……と 残された余韻の先が気になるところです。

チームバチスタの栄光→ ジェネラル・ルージュの凱旋→螺鈿迷宮 この順で読んだので、後先逆かな? 今ひとつ話に??がたくさんあったのは 読解力不足なんだなーと痛感。 氷姫、白鳥コンビはいつ読んでも楽しいです。 体調不良の時に読んだので後半はちょっと・・・でした。

《あらすじ》 医学科3年生の天馬大吉は、落第を繰り返していた。そんな彼に新聞社に勤める幼なじみの葉子から、ある病院に潜入調査をするよう依頼される。ボランティアとして応募し、桜宮病院に入り込んだ天馬は、… このレビューの続きを見る

3.3

螺鈿迷宮

11:07:By ぼちぼち。

医療界を震撼させたバチスタ・スキャンダルから1年半。 東城大学の医学生・天馬は、 留年を繰り返し医学の道をリタイア寸前だった。 ある日、幼なじみの記者・葉子から 「碧翠院桜宮病院に潜入できないか」… このレビューの続きを見る

3.3

螺鈿迷宮

10:54:By adabana

内容(「BOOK」データベースより) 医療界を震撼させたバチスタ・スキャンダルから1年半。東城大学の医学生・天馬は、留年を繰り返し医学の道をリタイア寸前だった。ある日、幼なじみの記者・葉子から「碧翠院桜宮… このレビューの続きを見る

出版社 / 著者からの内容紹介 この病院は、あまりにも、人が死にすぎる―― 日本の医療界を震撼させた「バチスタ・スキャンダル」から一年半。その舞台となった東城大学に医学生として通う天馬は、留年を繰り返し既… このレビューの続きを見る

人が死にすぎる病院−。医学生をリタイア寸前のアンラッキートルネード天馬は、新聞記者の葉子から潜入捜査を命じられ…。 番外編ですが、一応、白鳥のシリーズだと思います…。 というか、白鳥が出てくるまでが結… このレビューの続きを見る

3.3

螺鈿迷宮

22:17:By ぼちぼち

終末期医療の先端施設としてメディアの注目を集める桜宮病院。東城大学の医学生、天馬は看護ボランティアとして桜宮病院に通い始めるが、ある時から疑問を感じる。「この病院、あまりにも人が死にすぎる」と……。角… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品