DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 秋の牢獄 - 恒川 光太郎 のレビュー全34件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 秋の牢獄

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

秋の牢獄
秋の牢獄で自分のブログにレビューを書く

秋の牢獄

おすすめ!3.5 [3.5](34件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:118403位
  • Amazon価格:¥ 1,512
  • ユーズド価格:¥ 104
  • ISBN/ASIN:4048738054(角川書店)
秋の牢獄のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(34件) 3.5 [3.5]

3.5

秋の牢獄 恒川光太郎

16:46:By dot

 内容(「BOOK」データベースより) 十一月七日、水曜日。女子大生の藍は、秋のその一日を何度も繰り返している。毎日同じ講義、毎日同じ会話をする友人。朝になればすべてがリセットされ、再び十一月七日が始… このレビューの続きを見る

十一月七日、水曜日。女子大生の藍は、秋のその一日を何度も繰り返している。毎日同じ講義、毎日同じ会話をする友人。朝になればすべてがリセットされ、再び十一月七日が始まる。彼女は何のために十一月七日を繰… このレビューの続きを見る

十一月七日、水曜日。女子大生の藍は、秋のその一日を何度も繰り返している。毎日同じ講義、毎日同じ会話をする友人。朝になればすべてがリセットされ、再び十一月七日が始まる。彼女は何のために十一月七日を繰り… このレビューの続きを見る

3.5

秋の牢獄

12:47:By 雑記

すっかりはまってます、恒川光太郎。 表題作を含む中編が3つ入った本作。 表題作は実にあっさりしていて、ある一日を何度も何度も繰り返してしまうという設定もどこかで見たような…だし、別に恒川光太郎でな… このレビューの続きを見る

「秋の牢獄」「神家没落」「幻は夜に成長する」の3短編を収録。恒川光太郎の作品にしては、ちょっと残念。「秋の牢獄」は良い。物語の余韻がいい。「神家没落」は、主人公が殺人を犯すのがどうか。「幻は夜に成長す… このレビューの続きを見る

秋の牢獄

20:56:By ぶくわむ

薄ら寒い短編が三つ。 恒川さんは生理的嫌悪感を感じさせる人物描写がうまいですね。ほんと、ゾッとします。 あと、造語の響きのかわいさ。『北風伯爵』…可愛いキャラクタでは決してないですが、なんだか響きが好きです。

秋の牢獄

09:56:By 受賞本

 秋の牢獄  著者 : 恒川光太郎  受賞歴 : 第29回吉川英治文学新人賞 ノミネート

3.5

秋の牢獄

22:14:By つれづれ読書日記

JUGEMテーマ:読書  恒川光太郎さんらしい「ちょっと怖くて、ちょっと寂しくて、でもどこか美しい」世界のお話。この本は「どこか、なにかに囚われた」中編3作が収録されています。「秋の牢獄」は北村薫さんの「ターン」のようなとある一日を繰り返すお話ですがかなり色合いが違っていて面白いです。「幻は夜に成長する」は・・・怖いです。紛うかたなきホラーです。でもよくできたホラーだと思いました。

JUGEMテーマ:読書  恒川光太郎著『秋の牢獄』を読了。  表題作はじめ、他二編からなる短編集。  デビュー作の『夜市』と、同じ本に収録されてた『風の古道』もある意味閉じ込められているけど、『秋の牢獄… このレビューの続きを見る

秋の牢獄

01:45:By One Or Eight

恒川さんの小説はちょぴっと怖くて不気味で、掴み所が無いのに落ち着く所が不思議なんだぜ…。 出版社 / 著者からの内容紹介 十一月七日、水曜日。女子大生の藍(あい)は、秋のその一日を、何度も繰り返している… このレビューの続きを見る

出版社 / 著者からの内容紹介 十一月七日、水曜日。女子大生の藍(あい)は、秋のその一日を、何度も繰り返している。毎日同じ講義、毎日同じ会話をする友人。朝になれば全てがリセットされ、再び十一月七日が始まる… このレビューの続きを見る

3.5

秋の牢獄

22:06:By 今日の一冊

表題作の「秋の牢獄」は、大学生の女の子が11月7日を繰り返す話。 毎日同じことが起こり、一晩中起きていてもいつのまにかベッドで朝を向かえ、たとえその日に死んだとしてもまた11月7日の朝にリセットされる。そ… このレビューの続きを見る

57冊目。 あ、やっぱり… 前の本の時からなんとなく感じてたけど、 この作家さん書けば書くほどどんどんエログロ系に行っちゃってる(TOT) ホラー物はそれやっちゃーお仕舞いじゃーン! 特にこの作家さんの本は「儚い」感じが好くて読んでたのにな。 『夜市』レベルまで戻ってほしい、ってか戻ってくれなきゃもう読まない。 (・e・) ひよこまーく

雰囲気のある表紙です。ページを開けてのすぐの、写真と見まごうようなイラストがとってもビューティフルです。本の帯に、上橋菜穂子sanも推薦とあります。この一文で、オッと思う生徒もいるかもしれません。と、書いたら、図書室常連のM君が、横から、「借りたい」とコメント。異界という言葉が出てくるので、ちょっとワクワク・ドキドキかな?M君、はよ読んでね、次に読んでみたいから。

秋の牢獄

19:58:By それでも僕は、

不思議な物語がお好きな方にはかなりオススメです!!

同じ日を繰り返すなら、5月上旬の天気のいい土日連休の時がいいです。 「あーまた明日も休みだなあ」なんて思って寝たら、また土曜日!幸せ! と、単純なわたしは夢想してしまいましたが、この本を読んでいると… このレビューの続きを見る

結構まわりで評判になっていた本、文庫まで絶対に待ちきれないと思い購入。 すこし寝かしておりましたがテストも終わり読了。 短編が三話収められており、 『秋の牢獄』は11月7日を繰り返し続ける女子高生の話… このレビューの続きを見る

3.5

秋の牢獄

16:17:By こなちび

JUGEMテーマ:読書 すっかり気に入ってしまいました。この作家さん。 「秋の牢獄」は同じ一日を何度も繰り返すリプレイヤーたちの話。 この着想って、一体。 ちょっとSFについて調べてみたところ、これはタイムループというジャンルになるらしく こーいうお話も結構あるんですね。 北村薫の三部作とか。 つくづく狭い世界で生きてんなぁ、自分。

3.5

秋の牢獄

12:28:By 〜k.k.k〜

十一月七日、水曜日。女子大生の藍は、秋のその一日を何度も繰り返している。毎日同じ講義、毎日同じ会話をする友人。朝になればすべてがリセットされ、再び十一月七日が始まる。彼女は何のために十一月七日を繰り… このレビューの続きを見る

「秋の牢獄」 「神家没落」 「幻は夜に成長する」の3編。 とりいそぎ。読了の記録。

十一月七日、水曜日。女子大生の藍(あい)は、秋のその一日を、何度も繰り返している。毎日同じ講義、毎日同じ会話をする友人。朝になれば全てがリセットされ、再び十一月七日が始まる。彼女は何のために十一月七日… このレビューの続きを見る

十一月七日、水曜日。女子大生の藍(あい)は、秋のその一日を、何度も繰り返している。毎日同じ講義、毎日同じ会話をする友人。朝になれば全てがリセットされ、再び十一月七日が始まる。彼女は何のために十一月七日… このレビューの続きを見る

3.5

秋の牢獄

09:54:By よみものきろく

11月7日、水曜日。女子大生の藍は、秋のこの一日を何度も繰り返している。毎日同じ講義、毎日同じ会話をする友人……。何のために11月7日は繰り返されているのか。この繰り返しに終わりは訪れるのか?

常川さん三冊目の著作。1作目の「夜市」、2作目の「雷の季節の終わりに」に引き続いて読みます。1作目は短編集、2作目は長編。今回はまた短編集。 で、読んだ感想…いやぁお見事。3編それぞれにセンス・オブ・ワ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 読む前はどろどろした怖い話かと思っていました。 ある意味怖いけれど、こういうの好きです。 世にも奇妙な物語のように、不思議世界が広がります。 短編集ですが、 よくあるタイムス… このレビューの続きを見る

3.5

秋の牢獄

14:04:By

実家に帰ったらママンが借りてて 「なんかテレビでこの間戦ってた」との謎の台詞をいただきました。 どうやらこのミスかなんかでランクインするのに、この作品が入ってるならこっちを入れてくれYO! とか毎年戦… このレビューの続きを見る

3作目ですよね、本当にすごい。“夜市”から文庫じゃなく単行本を買い続けている。そして今回も装丁がきれい。単行本買って後悔しないだろうなっていう作家を見つけられるのってすごいこと。 短編が3作。どれもホラ… このレビューの続きを見る

21位 フィッシュストーリー 伊坂幸太郎 22位 無銭優雅 山田詠美 23位 がらくた 江国香織 24位 秋の牢獄 恒川光太郎 25位 インシテミル 米沢穂信 26位 ホルモー六景 万城目学 27位 有頂天家族 … このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 なんだこりゃって思うくらい面白かった。 3作が3作とも。 「夜市」 「雷の季節が終わるころ」 「秋の牢獄」 怖さと美しさと 寂しさと幸せと 優しさと暴力と しなやかに絡み合って… このレビューの続きを見る

出版社 / 著者からの内容紹介 十一月七日、水曜日。女子大生の藍(あい)は、秋のその一日を、何度も繰り返している。毎日同じ講義、毎日同じ会話をする友人。朝になれば全てがリセットされ、再び十一月七日が始まる… このレビューの続きを見る

3.5

秋の牢獄

21:01:By ぼちぼち

JUGEMテーマ:読書 11月7日、水曜日。女子大生の藍は、秋のこの一日を何度も繰り返している。毎日同じ講義、毎日同じ会話をする友人……。何のために11月7日は繰り返されているのか。この繰り返しに終わりは訪れるの… このレビューの続きを見る

3.5

デレナイ

20:32:By 一日一讀

「出られない」中編3作。 ある“時間”から。ある“空間”から。ある“世界”から。 変わらずいい世界構築してますね。まだまだ、ついていけそうです。 表題作の「秋の牢獄」は、ある同じ一日を何度も繰り返してし… このレビューの続きを見る

3.5

『秋の牢獄』恒川光太郎

18:53:By

 ぼくたちの本体はとっくに先に進んでいて、ぼくたちは本体が、十一月七日に脱ぎ捨てていった影みたいなものじゃないのか。世界は毎日、先へ進むたびに、その時間に影を捨てていくのかもしれない。 (「秋の牢獄… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品