DB Error: connect failed ジョーカー・ゲーム - 柳 広司 のレビュー全46件 JUGEMブログ

>
[Amazon] ジョーカー・ゲーム

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ジョーカー・ゲーム
ジョーカー・ゲームで自分のブログにレビューを書く

ジョーカー・ゲーム

おすすめ!3.6 [3.6](46件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:253095位
  • Amazon価格:¥ 1,480
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4048738518(角川グループパブリッシング)
ジョーカー・ゲームのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(46件) 3.6 [3.6]

384 ジョーカー・ゲーム

15:18:By AW

読んだ。

23 ジョーカー・ゲーム

08:30:By AW

 読んだ。

JUGEMテーマ:オススメの本 Aはみなさんに紹介したい本がたくさんあるのですが、「ジョーカーゲーム」もその一つです。スパイ養成学校D機関を設立した、結城中佐と精鋭の12人の機関生がとーってもカッコイイの… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  ジャケに惹かれましたw読み始めて「憲兵」「スパイ」という言葉に 陸軍中野学校みたいやな。と思えば、参考文献に 「秘録陸軍中野学校」とあり、笑ってしまった。私が記憶しているの… このレビューの続きを見る

「魔王」と呼ばれ、恐れられている結城中佐が立ち上げた、スパイ養成学校「D機関」。五感と頭脳を駆使したスパイたちの活躍を描く、連作短編ミステリ。  おもしろかったー! スパイ、と聞くと派手なアクション… このレビューの続きを見る

表紙の結城中佐かっこいい。 ずっと読みたかった一冊。おもしろかったー。素直にそんな感想です。 大日本帝国のころ、極秘裏に設立されたスパイ養成学校・D機関。 機関出身の男たちを主要人物に、ドキドキワクワクさせるスパイ小説を展開しています。 中篇ミステリなので非常に読みやすかったです^^ 楽しかった〜

2009.2.1〜2.9読了 2009年本屋大賞第3位 4つのエピソードが短編のように入ってい読みやすかった。 「D機関」と呼ばれる戦中のスパイ養成学校を たった一人で設立した”結城中佐”のカリスマが光る。 結城中佐が自… このレビューの続きを見る

 2009本屋大賞第3位、このミステリーがスゴイ!第2位、第62回日本推理作家協会賞受賞など、いろいろ評判だったので読みたかった本。  結城中佐の発案で陸軍内に設立されたスパイ養成学校“D機関”の精鋭たちが活躍… このレビューの続きを見る

  あらすじ; 結城中佐の発案で陸軍内に設立されたスパイ養成学校“D機関”。「スパイとは“見えない存在”であること」「殺人及び自死は最悪の選択肢」。これが、結城が訓練生に叩き込んだ戒律だった。軍隊… このレビューの続きを見る

2008年週刊文春ミステリーベスト10「第3位」。このミステリーがすごい!2009年版「第2位」。本屋大賞ノミネート。吉川英治文学新人賞など、数々の賞に輝いた、著者のブレイク作品です。 時代は大… このレビューの続きを見る

結城中佐の発案で陸軍内に設立されたスパイ養成学校“D機関”。「スパイとは“見えない存在”であること」「殺人及び自死は最悪の選択肢」。これが、結城が訓練生に叩き込んだ戒律だった。軍隊組織の信条を真っ向から否… このレビューの続きを見る

2009のまとめ!

21:44:By nonnon Books

 100冊読む!(そして感想をブログに書く!)という 目標をたててから4年目。 2008年には100冊を超えたのですが、 2009年は86冊。 雑誌や料理のレシピ本は含めないので 手にしている本はもっと多いはず。 … このレビューの続きを見る

 戦前のスパイの話ながら、古くさい感じがしません。めちゃくちゃ出来る人たちを集めた(こういう言い方軽いかもしれないけれど)スパイ機関"D機関"を作ったという結城中佐が渋い。表紙のひとですね。義手という… このレビューの続きを見る

結城中佐が作ったスパイ機関”D機関”。 D機関に属する人間はプライドが高く、孤独であることが条件。 スパイであることがばれて捕まってしまう話は手に汗にぎりました。しかしさすが結城中佐ですね。なにもかもお見通しなのか、結城中佐に弱点はないのか?

内容(「BOOK」データベースより)結城中佐の発案で陸軍内に設立されたスパイ養成学校“D機関”。「スパイとは“見えない存在”であること」「殺人及び自死は最悪の選択肢」。これが、結城が訓練生に叩き込んだ戒律だ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 結城中佐の発案で陸軍内に設立されたスパイ養成学校“D機関”。 「スパイとは“見えない存在”であること」「殺人及び自死は最悪の選択肢」。 これが、結城が訓練生に叩き込んだ戒律だった。 軍… このレビューの続きを見る

「魔王」と呼ばれる結城中佐の発案で陸軍内に設立されたスバイ養成学校「D機関」。“化け物”“人でなし”と称するに値する、荒唐無稽な試験を乗り越えスパイとして育成されていく者。「俺以外にこの試験をパスするもの… このレビューの続きを見る

 とても頭のいい人たちの話です。 私はそんなに頭脳明晰ではないので、別次元の出来事でした…。まあ小説なので次元はもともと違いますけどね。そうじゃなくてね。共感を得る話ではなかったということ。 話ひと… このレビューの続きを見る

3.6

ジョーカー・ゲーム

21:26:By memo

内容(「BOOK」データベースより)結城中佐の発案で陸軍内に設立されたスパイ養成学校“D機関”。「スパイとは“見えない存在”であること」「殺人及び自死は最悪の選択肢」。これが、結城が訓練生に叩き込んだ戒律だっ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  柳広司著『ジョーカー・ゲーム』を読了。  しばらく前に書店で見かけて気にはなっていたけど、買うまででもないかと思っていたら、図書館で発見したので借りてきました。  大日本帝国陸… このレビューの続きを見る

  7月最終日。 今月はぐだぐだで、3日も休んでしまう。 1日は振り替えたけど残り二日は有給。 ああ、貴重な休みが……。 いまいち眠りにつけなくて 手に取ったのがこの本。 スパイものなのですが、 日本の… このレビューの続きを見る

ジョーカー・ゲーム

11:54:By 受賞本

 ジョーカー・ゲーム  著者 : 柳広司  受賞歴 : 2009年このミステリーがすごい! 2位         2009年本屋大賞 3位         2009年ミステリが読みたい! 8位         2008年傑作ミステリーベスト10 3位

 アマゾンでは良評価少なかったと思うけど、私は面白いと思った。 50ページぐらいの短編×5。 スパイを使ったミステリーということで、本当に新感覚だった。 1つ1つの話の完成度が高く、夢中で読んだ。 当… このレビューの続きを見る

初めての作家サン。 タイトルだけで手にとってしまったので、表紙をみてアレ? 軍人モノ??? あんまり好きじゃないかもな〜って。 ところが読み始めてみるとコレ、スパイもの。 しかも意外とスルスルと読め… このレビューの続きを見る

昨年から本屋行く度に、かなりの高さで平積みになってるこの本が気になってはいたのです。なんかの投票でベスト10にも選ばれてたし、面白いのかなぁ〜?と思って借りてみました。ジャンル的にはミステリーらしい… このレビューの続きを見る

結城中佐により作られた陸軍スパイ養成学校、通称D機関。 ここを卒業してロンドンにスパイとして入り込んだ伊沢は 英国諜報機関のスパイマスターに捕らえられてしまった。 致命的でない程度の情報を教えようと… このレビューの続きを見る

●アニメ化するといいんじゃないか?● ↑角川だからしそうだけど。 深夜とかで、声優さんじゃなく俳優さんが声あててさー。 ああまあ、かっこいいです。 さくっと読めるし。 でもこれも、前レビューの「新世界… このレビューの続きを見る

 戦前の日本陸軍で創設されたスパイ養成学校、通称「D機関」をめぐるミステリー。表題作の他、4編のオムニバスストーリーが収録されていて、本日発表される本屋大賞にもノミネートされている。やや軽めの印象… このレビューの続きを見る

―この任務を果たすことができるのは自分だけだ。 ―自分にならこの程度のことは出来なくてはならない。 【あらすじ】 結城中佐の発案で陸軍内に設立されたスパイ養成学校“D機関”。「スパイとは“見えない存在”で… このレビューの続きを見る

表紙買いしちゃったーーーー!!! この表紙の人、木島日記のひとじゃない? ジョーカーゲームの評価は後日として、木島日記の紹介を 木島日記とは、古来日本に伝わる伝統、噂、風習などをオカルト的… このレビューの続きを見る

3.6

ジョーカーゲーム

15:33:By 染赤Shadow

JUGEMテーマ:ミステリ 今年のこのミス作品トップ10読破に向けて、 今度はこちら。二位だっけ、ジョーカーゲーム。 ミステリ界にまだまだ疎いウシオはこの作家作品は初。 有名なのかしら。 短編かと思いきや、一連の話にはなっている。 短編は不得意なんだけど、こういうのは好きかも。 いろいろ楽しめて、で、飽きない。満足感にはかけるけど、ミステリとしてはいいかもしれない。 

「つまらぬ肩書にとらわれるな」 「何かにとらわれて生きることは容易だ。だが、それは自分の目で世界を見る責任を放棄することだ。自分自身を放棄することだ」  ニヤニヤしながら読んでしまいました。最高におも… このレビューの続きを見る

 【あらすじ】 時は第二次世界大戦前の日本。 世界各国に対抗するため、スパイ養成学校が陸軍に創設された。 その名も「D機関」。一見スパイには見えない存在だが 並外れた能力を備えたスパイたちは、世界の敵… このレビューの続きを見る

  んー、私にとってはイマイチでした。

ジョーカー・ゲームを読んだ。本屋に平積みされていて「このミステリーがすごい! 第2位」とポップが付いていてつい買ってしまった。ミステリーが好きな私としてはこれは外せない。しかも最近の読んだ小説の中では… このレビューの続きを見る

結城中佐の発案で陸軍内に設立されたスパイ養成学校“D機関”。「スパイとは“見えない存在”であること」「殺人及び自死は最悪の選択肢」。これが、結城が訓練生に叩き込んだ戒律だった。軍隊組織の信条を真っ向から… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 内容(「BOOK」データベースより) 結城中佐の発案で陸軍内に設立されたスパイ養成学校“D機関”。「スパイとは“見えない存在”であること」「殺人及び自死は最悪の選択肢」。これが、結城が訓練… このレビューの続きを見る

3.6

ジョーカー・ゲーム

23:47:By MMKM

このミス2位の本です。 第二次世界大戦、スパイの二つの単語に反応して購入(まるで男子のよう) 結論。アニメ化すれば良い。 や、最近ガンダムガンダム言ってるけど「あー残念」とか思わないで聞いて下さい… このレビューの続きを見る

結城中佐の発案で陸軍内に設立されたスパイ養成学校“D機関”。「スパイとは“見えない存在”であること」「殺人及び自死は最悪の選択肢」。これが、結城が訓練生に叩き込んだ戒律だった。軍隊組織の信条を真っ向から否… このレビューの続きを見る

3.6

悩みに悩んだ末

16:37:By あれこれ

JUGEMテーマ:ミステリ  ちょっとずつ面白いと話を聞きだした辺りからずっと悩んでた1冊。 とうとう買ってしまった。 結局、このミスに載ったのも後押しされた気分。 ものっそ結城中佐がいい感じでした。 と… このレビューの続きを見る

 ――スパイとは、見えない存在だ。  昭和の初め、帝国陸軍内で“魔王”の異名を持つ元諜報活動員・結城中佐によって設立された諜報活動要員養成所“D機関”を中心に、ここに集まった精鋭のスパイ候補生たちと、彼ら… このレビューの続きを見る

「ジョーカー・ゲーム 」柳 広司 252p角川グループパブリッシング 目次 ジョーカー・ゲーム 幽霊(ゴースト) ロビンソン 魔都 XX(ダブル・クロス) 結城中佐の発案で陸軍内に設立されたスパイ養成学校… このレビューの続きを見る

                           <今週のいちおし>                     [パリ滞在記]         パリの冬はもの哀しい・・・(1) NO.29    … このレビューの続きを見る

3.6

ジョーカー・ゲーム

22:29:By 71

第2次世界大戦前夜の日本で、極秘に設立されたスパイ養成組織「D機関」。そこに君臨する「魔王」こと結城中佐と、彼の部下たるスパイたちの活躍を描いた短編集。 何時代のどの国を書かせても、やっぱり柳広司はさ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 忘れるな。ここはスパイ養成学校だ。柳広司の最高傑作! スパイ養成学校"D機関"。常人離れした12人の精鋭。彼らを率いるカリスマ結城中佐の悪魔的な魅力。小説の醍醐味を存分に詰め込んだ傑… このレビューの続きを見る

「スパイ養成学校"D機関"。常人離れした12人の精鋭。彼らを率いるカリスマ結城中佐の悪魔的な魅力。東京、横浜、上海、ロンドンで繰り広げられる最高にスタイリッシュなスパイ・ミステリー」(出版社紹介文より) … このレビューの続きを見る

関連する商品