>
[Amazon] 天地明察

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

天地明察
天地明察で自分のブログにレビューを書く

天地明察

おすすめ!3.6 [3.6](87件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:69230位
  • Amazon価格:¥ 900
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:404874013X(角川書店(角川グループパブリッシング))
天地明察のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(87件) 3.6 [3.6]

 左手は火足(ひたり)すなわち陽にして霊。  右手は水極(みぎ)すなわち陰にして身。  拍手とは、陰陽の調和、太陽と月の交錯、霊と肉体の一体化を意味し、火と水が交わり火水(かみ)となる。拍手は身… このレビューの続きを見る

天地明察。   その昔、数学が大得意で、数学だけで大学に受かったのでは?とも思えた高校時代。 努力を忘れ、数学で行き詰まった大学時代。 努力が足りなかったのは間違いないが、『天賦の才』と… このレビューの続きを見る

 【冲方丁 角川書店】 読むまでは暦を定めるということの重大さがいまいちぴんとこなかったのだけれど、とりあえず今は凄く大変、というくらいにまでは理解。 渋川春海という名はなんとなーく知ってるよ… このレビューの続きを見る

3.6

天地明察

18:35:By moon story

個人的に北極出地のエピソードが好きです。 建部、伊藤と春海のやりとりが素敵でした。 そして春海の問題に関が明察し、春海が柏手を打つシーンは心が震えました。 渾天儀を抱きかかえることを見て、春海が泣く… このレビューの続きを見る

「第31回 吉川英治文学新人賞受賞」 「2010年 本屋大賞第1位」 といった評価が物語るとおり、著名な方々が絶賛していた本書。 しかし、『時代小説』という私が最も避けるジャンルだけに、 まるで興味があ… このレビューの続きを見る

明察!! 数学好きにはたまらない作品。 主人公云々よりも、この事業に人生かけた多くの人々の姿勢に感動!! 本屋大賞受賞前に単行本、買ってたのに今までずっと積み置きしてた自分に激しく、後悔しました。 #だって重いんだもん。

Guten Abend!! こんばんわんつー 普士鳥ですけどもぉ… 確か、この“天地明察”の映画かなにかに横やんが出演するんですよね。 2012年9月15日に上映される……のですよね…?; 確か…w; うろ覚えですが(笑) … このレビューの続きを見る

天地明察

09:06:By nhosan's works

歴史小説、時代小説もあまり読まず暦にも星にも月にも太陽にも詳しくないのでたくさんのレビューに暦に詳しくないとか違っている事がある色々と小説としてのおもしろみ意外の指摘があった実際の事をベースにして物… このレビューの続きを見る

漫画版(2012年8月現在で二巻まで刊行)で読み始めて、 原作も非常に気になっていたところで運良く図書館で借りられた! 沖方さんの最近の本は非常に人気があってなかなか借りられない・・・。 天文学者、渋… このレビューの続きを見る

3.6

天地明察

21:33:By つれづれ読書日記

JUGEMテーマ:読書   本屋大賞を受賞した時から 読みたいぞ〜と思っておりました。 ようやく文庫化されたのでほくほくです。 大変楽しく読ませていただきました。 冒頭の「算額」のくだりから 高校の… このレビューの続きを見る

 座付き作家です。私はベストセラーを読み逃すことが多い。悪い癖だといえばその通りですが、別に私が読まなくても皆が読んでくれるからいいじゃないかという気持ちによるものと、もう一つ深刻な理由は私の書… このレビューの続きを見る

  算数苦手、歴史苦手、囲碁もわからん〜? 難しい言葉も色々出てきたりと、 私には少々読むのが辛かったですが、 と〜ってもおもしろかったです。 図書館に返す前にもう一度読みたいと思います♪

明日から2泊3日で出張。支度を終え、持っていく本を選んた。仕事関係の本を2冊。今、途中の本と、それが終わったら読みたい本。今読んでいる本は「天地明察」(冲方丁 著)。江戸時代が舞台で、暦作りに自分を… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 江戸、四代将軍家綱の御代。ある「プロジェクト」が立ちあがった。即ち、日本独自の太陰暦を作り上げること−−日本文化を変えた大いなる計画を、個の成長物語としてみずみずしくも重厚に描く傑… このレビューの続きを見る

 なんとなく自分の好きな分野じゃないだろうな、と勝手に決め付けてて、今ヒョンなことから読むことに。 感想・・・ とてもとても読後感が良くて、全編通じて爽やかな風がふいている感じ 暦や天体、和算など、難解なものがテーマなのに、 人物の描き方が良い意味で肩の力が抜けた感じなので、 一気に読めました。 全てのサジ加減が絶妙な作品だと感じました

天地明察

18:52:By 三日月雑記帳

(「BOOK」データベースより)江戸時代、前代未聞のベンチャー事業に生涯を賭けた男がいた。ミッションは「日本独自の暦」を作ること―。碁打ちにして数学者・渋川春海の二十年にわたる奮闘・挫折・喜び、そして恋… このレビューの続きを見る

お休みの日は、家に引きこもってるので何かあるわけでもないのですが、最近ブログを放置している傾向にあるので、何か…そう何か、書いておくべき?何てことを思い、浮上。イエ、分かってます。ちゃんと大会に向けて… このレビューの続きを見る

3.6

天地明察

17:53:By 楽珍堂ブログ

【商品内容】 [話題商品] 買取価格¥450 * 2011年8月23日現在 * 買取価格は日々変動しますのでご了承くださいませ ★★プラモデル・レゴブロック買取強化中★★ ★★ただいま査定金額+買取商品の点数… このレビューの続きを見る

 平和なことは佳きこと哉… とは言うものの、ブログを始めた手前、ネタ切れには困ってしまう 先週の土曜日は、地元の小学校が運動会で・・・と言っても、我が家にチビっ子はいないし。 朝6時から空砲が上が… このレビューの続きを見る

3.6

天地明察

18:57:By Kirei no Shizuku*

全体的には面白かったといえるけれども、物語の比重がずれて 構成されていたように思う。個人的な好みだと思われるが、 春海が大和暦を作り上げていくプロセスに、もう少し厚みをもたせてもらいたかったなぁ。 あの… このレビューの続きを見る

3.6

天地明察

17:39:By 楽珍堂ブログ

【商品内容】 [話題商品/] 買取価格¥500 * 2011年5月17日現在 * 買取価格は日々変動しますのでご了承くださいませ ★★プラモデル・レゴブロック買取強化中★★ ★★ただいま査定金額+買取商品の点数… このレビューの続きを見る

  〈story〉 江戸時代、前代未聞のベンチャー事業に生涯を賭けた男がいた。ミッションは「日本独自の暦」を作ること―。碁打ちにして数学者・渋川春海の二十年にわたる奮闘・挫折・喜び、そして恋!早くも読… このレビューの続きを見る

江戸時代初期、徳川家お抱えのプロの碁打ちであり数学者の渋川春海(本名:安井算哲)が、日本独自の新しいを太陰暦を作り上げる物語。 とても晴れやかで清々しい気持ちにさせてくれます。師と仰げる人たちと、そして志を同じくする人たちと、自分の夢を追いかけ、ついにはそれを成し遂げた渋川春海という人は、なんと素晴らしい人生を送ったのだろう。評判通りの傑作でした。 JUGEMテーマ:読書

〈story〉 江戸時代、前代未聞のベンチャー事業に生涯を賭けた男がいた。ミッションは「日本独自の暦」を作ること―。碁打ちにして数学者・渋川春海の二十年にわたる奮闘・挫折・喜び、そして恋!早くも読書界沸… このレビューの続きを見る

『天地明察』

01:29:By 観測古書店

 時は四代将軍・徳川家綱の世。将軍家に使える碁打ち衆の一人である渋川春海は、訪れた神社の算学絵馬の中に、一瞥即解のとんでもない人物がいることに気がつく。かねてから熱中していた算術であっただけに、春海… このレビューの続きを見る

・今年の本屋大賞受賞作品。 ・読み始めは「ラノベかっ!」(ラノベ否定ではないけど)と思いましたが  いやいや面白かった。 ・改暦するってことはものすごい影響を及ぼすのだなぁ。 ・特に経済面については… このレビューの続きを見る

 2010年本屋大賞受賞。 中国から伝導した「宣明暦」が800年かけてずれてきていることを知り、日本独自の暦「大和暦」を作った江戸時代初期の天文学者「渋川春海」の生涯。 春海は実在の人物で、徳川家に仕え… このレビューの続きを見る

冲方丁|天地明察

12:33:By windfall

江戸、四代将軍家綱の御代。戦国期の流血と混迷が未だ大きな傷として記憶されているこの時代に、ある「プロジェクト」が立ちあがった。即ち、日本独自の太陰暦を作り上げること。武家と公家、士と農、そして天と… このレビューの続きを見る

3.6

天地明察

22:41:By J-BookShelf

JUGEMテーマ:読書『ゴールデンスランバー』 といい『告白』といい、芥川賞など大御所の賞よりも、本屋大賞受賞のほうが、よほど信頼できる指標ということがわかってきました。本書は、2010年の本屋大賞受賞作… このレビューの続きを見る

3.6

物語というもの

17:45:By 空の底

面白かったです。 「語り」の巧さに、さすがだな、と思った。 話の持って行き方とか、読み手の引き込み方とか。 もともと持っているものもあるんだろうけど、きちんと計算して書かれている感じで。 何というか… このレビューの続きを見る

3.6

天地明察

20:58:By 読書三昧

数ある文芸作品賞だけど、 アタシが好きな作品が割と多いのが本屋大賞。 今回の大賞は時代モノっていうことで、そのうち読もうという感じになっていたもの。 なんせ時代モノっていうだけで、なんかちょっと控え… このレビューの続きを見る

 読み終えたときに妙に清々しく「必至!」と叫びたくなる。お茶の世界っていうのは、こういう清々しさとは少し違うからねぇ。帰納と演繹の違いだとは思うんですけど。数学というのは、まだ解明されていないこ… このレビューの続きを見る

3.6

天地明察

10:11:By くねくね式

2010年度本屋大賞1位の本です。 図書館で見た瞬間ダッシュで手に取りました。ほんと、話題の本が普通にあってビックリするわ。 天地明察って、スパっとしていい言葉。 さて、江戸幕府碁方であり、日本初の天文方… このレビューの続きを見る

3.6

天地明察

18:22:By 楽珍堂ブログ

【商品内容】 [人気商品] 買取価格:¥960 * 2010年7月13日現在 * 買取価格は日々変動しますのでご了承くださいませ ★★プラモデル・レゴブロック買取強化中★★ ★★ただいま査定金額+買取商品の点数… このレビューの続きを見る

2010年、本屋大賞受賞の本。 面白かった! 最初から最後まで、一瞬たりとも飽きることがありませんでした。 明確な悪役がいないというところが、とっても好み。 派手な場面は一切ないのに極めてドラマチックで、けれどわざとらしさはまるでなしというところも良かった〜。 久々に、文句なく面白い本を読みました♪ あー、楽しかった!

JUGEMテーマ:読書 

なかなか.....

23:31:By N

 1か月ほど前、出勤途中のFMで「天地明察」を紹介されていて、コメントがよかったので買ってみた。その絶賛されていた内容もそうなんだけど、この作者の方、私と同い年、出身地が同じ。ただ、育った場所が違うようだけど。なにかそういう共通項のある方は気になる。読もうと思って自宅の書斎に積んでそれっきり。この週末、読む時間がとれないものか?

本屋さん大賞に選ればれた作品だけに 文章もしっかり書かれています。 主人公の気持ちがはっきり読み手に伝わってくる あつ〜い 小説です。 このまま行くと「直木賞」もありえます。 次の作品が楽しみになる書き手の出現だと思いました。 JUGEMテーマ:読書 

2010.6.10-7.2読了 2010年本屋大賞  第31回吉川栄治文学賞新人賞  第7回北東文芸賞などの受賞を果たし、 今、直木賞候補作にも上がったわ。 とてもいい作品だったから、評価されて当然やね。 その時代設定も… このレビューの続きを見る

天地明察

20:54:By ぶくわむ

おもしろかった! 江戸時代、従来使われていた暦の誤謬を糺し、改暦を行おうとした男の物語です。 算術、星、囲碁、暦、これらのワードにピンときたら読んでみて!という感じですかね。 徳川綱吉や水戸… このレビューの続きを見る

 江戸時代、前代未聞のベンチャー事業に生涯をかけた男がいた。ミッションは「日本独自の暦」を作ること。碁打ちにして数学者・渋川春海の20年に渡る奮闘・挫折・喜び、そして恋!第7回本屋大賞第1位の作品で… このレビューの続きを見る

15:15:By 虹彩二色

 うーん、面白かった。 2010年本屋大賞作。

4月20日に投稿しようとして、その日に本屋大賞を受賞されたため、タイミング的に何やら照れくさく公開を控えていた「天地明察」の感想です。受賞を祝して、最後を書き足してあります。 とても面白い小説でした。… このレビューの続きを見る

逆転劇。

17:40:By にゃんこにっき☆

きょうが、何月何日かというのは、 政治、経済、日常生活、 すべてのことに関わってくる。 だれもが納得する暦を 作るのは大変なこと。 そんな偉業を数学ばかの 草食系男子が、  “成し遂げた” と、 聴いた… このレビューの続きを見る

天を抱く

00:34:By

去年の本屋大賞 面白かったー!です。 改暦というミッションに立ち向かう青年の物語。 気持ちの良いさわやかで読みやすい文章です。 人生をかけて何かを成し遂げるということ。 人生をかけてもいいと思え… このレビューの続きを見る

3.6

暑っ!

18:51:By sora*

JUGEMテーマ:小説全般 今日も暑い一日でしたね とうとうTシャツを引っ張り出してしまいました 暑いと洗濯物がしっかり乾いてくれるので嬉しいです もうそろそろの季節になりそうですね。 その前に衣替えし… このレビューの続きを見る

3.6

天地明察

01:47:By memo

内容(「BOOK」データベースより) 江戸時代、前代未聞のベンチャー事業に生涯を賭けた男がいた。ミッションは「日本独自の暦」を作ること―。碁打ちにして数学者・渋川春海の二十年にわたる奮闘・挫折・喜び、そし… このレビューの続きを見る

天地明察

14:05:By 掌にダイヤモンド

日本人による日本のための『暦』を作った渋川春海の物語。   挫折しても、否定されても諦めない。 ただひたすら天=目標を見据えて前進する姿に熱くなりました。   春海はもちろん才能のある人なんだけど、決して… このレビューの続きを見る

Eminemの新曲"Not Afraid"が初登場首位獲得。 2009年リリースになった4thアルバム"Relapse"からの#1シングル"Crack a Bottle"以来、 3曲目の#1ソングとなったが、エミネムの#1ソングがまだ3曲目なのが信じられない… このレビューの続きを見る

天地明察

23:27:By duffer日記

 本屋大賞の受賞作、つまり話題の本。ハードカバーは読み難いから嫌いだけど早く読みたくて買ってしまいました。日本独自の暦を作ることに生涯をかけた、渋川春海の生涯を描く時代小説。軽やかな感じで読むことができて、話も面白かった。後半の部分をもっと引っ張って長くして欲しかったかな。一生懸命に生きる、何かを成すということに強く憧れる。

3.6

天地明察

22:21:By 暴走本棚2

 江戸時代、前代未聞のベンチャー事業に生涯を賭けた男がいた。ミッションは「日本独自の暦」を作ること―。碁打ちにして数学者・渋川春海の二十年にわたる奮闘・挫折・喜び、そして恋!早くも読書界沸騰!俊英にして… このレビューの続きを見る

【商品内容】 [本屋大賞] 買取価格:¥1000 * 2010年5月6日現在 * 買取価格は日々変動しますのでご了承くださいませ ★★ただいま査定金額+買取商品の点数ごとに★★★★もれなく買取点数ボーナスプレゼントキャンペーンを実施中★★ 本・CD・DVD・ゲームソフト・おもちゃ・LEGOの買取は楽珍堂

3.6

2010年本屋大賞

19:06:By selfish.

 これ面白そう・・・!私はけっこうこの「本屋大賞」は注目するんです。↑元本屋店員うわー。保険金入ったら買おう!↑プーになりかけのバイト生活なので金がない

JUGEMテーマ:オススメの本 日頃、マンガばかり読んでいる私が2日とちょっとで読破した本です。 新刊なんて大体買いませんから、自分の中のちょっとしたギネス記録みたいなもんです。 本屋大賞を取ってTVでもだい… このレビューの続きを見る

本屋大賞

04:49:By 電脳汁垂れ流し

本屋に行ったら「本屋大賞 第一位!」という言葉が帯にでかでかと書かれた本が積んでありました。 それは天地明察でした。 ぼくが、つまんね、と思って途中で読んでない本です。 最後まで読んだら面白いんでしょうか? こんど読んでみたいと思います。 「アゲハを追うモノたち」買いました。 さすが矢上裕!天才ですね!面白すぎます! 長期連載になって欲しい!多分すぐ終わると思うけど。

天地明察

22:18:By DB Error: unknown error

読まねば・・・と思いつつ、未読でしたが・・・・『本屋大賞』ってことで一気読み リーダビリティーも良いし、キャラも魅力的 映像化は・・・必至ですな

JUGEMテーマ:情報起業で稼ぐ方法 車中泊ってなんだろう  「車中泊」はそのものずばり、自動車の中で泊り、眠ることです。 つまりは気軽に旅行に出た時の寝泊りのスタイルです。 また、高速道路の料金が安… このレビューの続きを見る

天地明察

22:20:By The sound of day-to-day.

うおー! これ出てたのかー! 野生時代に載ってた頃から面白いと思ってたのよー! しかしハードカバーか・・・。 だが買う。 あの話の続きが気になっていたのでw あーそれにしても寒いなー。 雪っておま、ふ ざ け ん な (^ω^) 今何月だと思ってんだ。 はやく春にな〜あれ。

 書店員さんたちが売りたい本、という視点が良いな…と思い、第一回の2004年以来、毎年楽しみにしています。今年はUstreamでLIVE中継があったので、初めて授賞式そのものの雰囲気をリアルタイムに見ることがで… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  今年の本屋大賞が、決まりました!沖方丁さんの『天地明察』 という 本です。  時代小説は、最近、ほとんど読まないのですが、本屋 大賞をとったというだけで、読みたくなってきまし… このレビューの続きを見る

2010年本屋大賞は冲方丁『天地明察』に決定! http://news.mu-mo.net/ 冲方丁(うぶかた とう、1977年2 月14日 - ) 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 天地明察 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 JUGEMテーマ:注目★BOOK

天地明察

08:48:By

江戸時代、前代未聞のベンチャー事業に生涯を賭けた男がいた。ミッションは「日本独自の暦」を作ること―。碁打ちにして数学者・渋川春海の二十年にわたる奮闘・挫折・喜び、そして恋! 早くも読書界沸騰! 俊英にして鬼才がおくる新潮流歴史ロマン。 

本屋大賞

22:50:By あ行

<本屋大賞>「光栄で怖い」冲方丁さんの「天地明察」 大和暦の渋川春海描く 「1Q84」抑え http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100420-00000022-mantan-ent >「天地明察」は、江戸時代、囲碁棋士の名… このレビューの続きを見る

2010年本屋大賞(本屋大賞実行委員会主催)が発表され、大賞は冲方丁さんの『天地明察』(角川書店刊)に決まりました。選考結果は以下のとおりです。 大賞 384.5点 『天地明察』 冲方丁 角川書店 *2位 294.… このレビューの続きを見る

3.6

本屋大賞2010

21:01:By mumumu

ついに本屋大賞が発表された! 一位は沖方丁さんの『天地明察』だって! 蒼穹のファフナーの作者さんみたい(´・ω・`) ↑タイトルしかしらん この作家さん初めてしりました。 今度読んでみようかな〜 村上春… このレビューの続きを見る

図書館に予約してたのをすっかり忘れていた本だったのに、読んでびっくり。スゴく面白かった。 時は徳川四代〜五代将軍の頃。中国から800年前に伝授されて以来使い続けていた宣明歴を廃止し、日本独自の暦法である… このレビューの続きを見る

本屋対象候補作・吉川英治新人賞など話題になっている本作。買ったけれども暫く積読になっていましたが、読み始めたら一気でしたわ。 エンタメ小説では今年読んだ本で今のところ1番の評価です。 前向きな読後感も… このレビューの続きを見る

3.6

天地明察

22:07:By ほんのひとこと

碁打ち衆として徳川家に仕える春海は囲碁だけではなく神学、朱子学、算術、測地、暦術と幅広い技能を持っており、とりわけ算術への興味が強かった。しかし近所の算術塾に現れる「解答さん」と呼ばれる男に手も足も… このレビューの続きを見る

3.6

天地明察

20:20:By 人魚の本棚

話題に上っていたし、時代小説、最近特に江戸時代とかに興味がわいているのでとってもタイムリー!と思って図書館で予約。人気があったためか、来るまでに時間がかかった。ライトノベル作家さんで、密林評価を覗く… このレビューの続きを見る

3.6

購入本

15:55:By favorite green

ひとつの記事に3つまでしか載せられないんだってー、ということで続き。「天地明察」は読み始めたばかり。新感線は読み応えある〜!まだ途中です。河野さんってサラリーマンだったのかぁ。

「改暦の儀・・・でございますか」   まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング 【あらすじ】 江戸時代、前代未聞のベンチャー事業に生涯を賭けた男がいた。ミッションは「日本独自の暦」を作るこ… このレビューの続きを見る

 江戸、四代将軍家綱の時代。囲碁の家元、安井家に生まれながらも、渋川春海はいまいち囲碁に打ち込むことができず、算術、天文学、神道など、様々な学問を学んでいた。  そんな彼に与えられた任務は、「日本独… このレビューの続きを見る

3.6

天地明察

11:09:By ぼちぼち

JUGEMテーマ:読書 天命こそ、最高の勝負。 江戸、四代将軍家綱の御代。ある「プロジェクト」が立ちあがった。即ち、日本独自の太陰暦を作り上げること−−日本文化を変えた大いなる計画を、個の成長物語としてみ… このレビューの続きを見る

3.6

天地明察

18:26:By 空の雫

江戸時代、前代未聞のベンチャー事業に生涯を賭けた男がいた。ミッションは「日本独自の暦」を作ること―。碁打ちにして数学者・渋川春海の二十年にわたる奮闘・挫折・喜び、そして恋!早くも読書界沸騰!俊英にして鬼才がおくる新潮流歴史ロマン。

3.6

天地明察

11:40:By The Samantha Times

 あらすじ: 江戸時代、前代未聞のベンチャー事業に生涯を賭けた男がいた。ミッションは「日本独自の暦」を作ること―。碁打ちにして数学者・渋川春海の二十年にわたる奮闘・挫折・喜び、そして恋!早くも読書界… このレビューの続きを見る

江戸時代、前代未聞のベンチャー事業に生涯を賭けた男がいた。ミッションは「日本独自の暦」を作ること―。碁打ちにして数学者・渋川春海の二十年にわたる奮闘・挫折・喜び、そして恋!早くも読書界沸騰!俊英にして鬼… このレビューの続きを見る

 本屋大賞にノミネートされているので、読んでみました。中々の長編で、読み慣れないひとには難しいのでは・・主人公のキャラがいいですね。なんだかかわいい。今は当たり前になっているものが、こんなに苦労… このレビューの続きを見る

 江戸幕府・四代将軍家綱の世、碁打ち衆の一員である 渋川春海(安井算哲)は、本業とすべき囲碁よりも、算術と 星に興味を持ち、才覚ある22歳の青年。 ある神社の算学奉納の絵馬を見つけた頃から、彼の人生は… このレビューの続きを見る

天地明察

14:15:By 受賞本

 天地明察  著者 : 冲方丁  受賞歴 : 第31回吉川英治文学新人賞 受賞         2010年本屋大賞 受賞         第143回直木賞 ノミネート

  持病とも言えます、扁桃腺。 実は、この数年、年に一ヶ月ほど点滴を打っていることに気付きまして、本日手術し切除することとなりました。術後一週間程は入院もしなくてはならず、しばしの暇を頂くことに… このレビューの続きを見る

試験

16:06:By 電脳汁垂れ流し

試験が始まるので、暫くの間更新しません。 忙しくなる前に↓を読んでおきたかったけど、残念。

天地明察

12:06:By DB Error: unknown error

 冲方丁初の時代小説は才能できらきらしてます。このひとはなんでも書けるんだと思います。とてもおもしろいのでぜひみんな読んでください。それ以上つけくわえることもあまりなく。

 現在絶賛冲方丁祭り中。『天地明察』が好きすぎて死にそう。感想というよりも、自分の人生というか夢を熱くうざく語りだしそうなくらい好き。好きです、という表明文を奉納したいくらい好き。既に心の神棚に… このレビューの続きを見る

寒くて動けません。 いただきものの「たまごっちプラスカラー」をやっていますが、自分はゲームにも子育てにも向いてないなと再認識。 最近の仕事。  「文蔵」12月号で、恩田陸さんにお話を伺っています。 テーマは「大切な人にプレゼントしたい、あの小説」です。 あと「SPA!]12/8号に『天地明察』の書評をご掲載いただいております。 暦が切り替わる季節に、ぴったりの一冊かと。

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品