>
[Amazon] ペンギン・ハイウェイ

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ペンギン・ハイウェイ
ペンギン・ハイウェイで自分のブログにレビューを書く

ペンギン・ハイウェイ

おすすめ!3.3 [3.3](41件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:95121位
  • Amazon価格:¥ 9,975
  • ユーズド価格:¥ 43
  • ISBN/ASIN:4048740636(角川書店(角川グループパブリッシング))
ペンギン・ハイウェイのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(41件) 3.3 [3.3]

これが自分を観察するということであろうか。 観察と研究と考察を繰り返す、抜きん出た小4男子アオヤマ君。彼の町に現れたペンギンの大群。どうやらそれに関与しているらしい歯科医院のお姉さん。アオヤマ君は… このレビューの続きを見る

街にペンギンが現れる謎の現象が発生するが、それは知り合いのお姉さんが作っていたという話。 森見登美彦っぽくないな!「普通のファンタジー小説を目指した結果、本来の魅力を殺しまくってこの作品になりま… このレビューの続きを見る

    

今まで読んだ事にない雰囲気の小説でした。 ほっこりじんわり良かったです

不思議な感触の小説だった。 森見さん、作風かわったなあ。 今までは「やる気になったらできるというが実際どうなの?」的な大学生が主人公の 純文学風コメディが多かったけれど、 これは「口だけじゃなく生… このレビューの続きを見る

久しぶりに森見さんのちょっとほんわかした世界観に触れようかと思って。 ところがちょっと趣が違う感じのものでした。 不思議な世界観は残しつつ、前向きな感じとちょっとしたせつなさを残して。 いい感じでし… このレビューの続きを見る

 ここ数日間は主にこの本を中心に生活しておりました〜。 なかなか本を集中して読むモードになれず、図書館の返却期限ギリギリまで読むのに時間がかかってしまいました。 ペンギン・ハイウェイ。なかなか不思… このレビューの続きを見る

世界の果ては意外と近くにあるのかもしれないなぁ〜。不思議で面白ーいファンタジーです。主人公アオヤマ君のノートを見てみたい!

【商品内容】 [話題商品] 買取価格¥900 * 2011年8月23日現在 * 買取価格は日々変動しますのでご了承くださいませ ★★プラモデル・レゴブロック買取強化中★★ ★★ただいま査定金額+買取商品の点数… このレビューの続きを見る

えっ。と思うほど、今までのこの方の本と違います!京都じゃない!大学生じゃない! 町に突然ペンギンが現れた!そのペンギンは大好きなお姉さんが関係しているらしい。小学校4年生のぼくはその謎の研究を始めるの… このレビューの続きを見る

大好きな本達。 森見登美彦さんの書く世界観が大好きです。

アオヤマくんのノートを付ける習慣はすごくいい 小学生目線のはずなのにすごくロジスティックというか 大人みたいな語り口がちぐはぐでおもしろい お姉さんのキャラクターもすごくおもしろかった いつかアオヤマ君とお姉さんの約束がかなってほしい 独特な世界観は森見登美彦さんらしい感じで好き

【商品内容】 [話題商品/] 買取価格¥700 * 2011年5月17日現在 * 買取価格は日々変動しますのでご了承くださいませ ★★プラモデル・レゴブロック買取強化中★★ ★★ただいま査定金額+買取商品の点数… このレビューの続きを見る

  29日に図書館に行ってきて 本を借りてきた まだ途中でやめてる本があるのにw 無謀にも6冊借りてきて 私には珍しく もう3冊読んだ\(^O^)/ 読むの割と遅い方だから 1日1冊ペース超早い レビューはブクログで しちゃったのでなし! 面白かったけどあと3冊はペース落ちそう 勉強もしなきゃだし 遠征もあるしね やっぱり本好きー

xxx

01:47:By 鳥books

本屋大賞発表。 面白くもなんともない結果に。ううむ。 文学賞は信じないわたしも、本屋大賞だけは(内容的な意味で)信じていたんだけども。 今回の大賞作については下の記事で書いた通り、あくまで普段読書をしな… このレビューの続きを見る

【商品内容】 [話題商品/書籍] 買取価格¥800 * 2011年4月14日現在 * 買取価格は日々変動しますのでご了承くださいませ ★★プラモデル・レゴブロック買取強化中★★ ★★ただいま査定金額+買取商品の… このレビューの続きを見る

3.3

ペンギン・ハイウェイ

12:42:By 雑記

くされ大学生も出てこない、京都でもない。 っていう理由だけではないのでしょうが、 森見登美彦の新境地 と言われているようです。 読み始めはなかなか進まず断念寸前でしたが、謎の真相を一緒になって考… このレビューの続きを見る

小学4年生のぼくが住む郊外の街に突然ペンギンたちが現れた。この事件に歯科医院のお姉さんの不思議な力が関わっていることを知ったぼくは、その謎の研究を始めるが―。冒険と驚きに満ちた長編小説。(「BOOK」デー… このレビューの続きを見る

実に爽やかで、そして切ない、冒険物語。 これまでの森見氏の作品と違う点。 主人公が腐れ大学生でなく、小学4年生の科学の子・アオヤマ君。 ちょっと(否、大変)おませさんな小学生である。 また、舞台も京都で… このレビューの続きを見る

個人的に云わせてもらうなら、この終わり方はあまりに寂しすぎる。もうちょっと違う終わり方が良かった。 お姉さんと"ぼく"の再会が"ペンギン・ハイウェイ"の先でいつか叶うと良いなあって切に思う。 この本はなん… このレビューの続きを見る

森見作品の新作。京都を離れたうえ、主人公は小学生です。 で、どうやら奈良っぽいところが舞台らしい(森見さんは奈良出身です)。 観察やらノート付けが日課のアオヤマ少年(小学生だけどもかなり勉強熱心で賢くて… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:森見登美彦 他人に負けるのは恥ずかしいことではないが、 昨日の自分に負けるのは恥ずかしいことだ。 一日一日、ぼくは世界について学んで、 昨日の自分よりもえらくなる。 ペンギン・ハイウェイ第2弾です この主人公の男の子は小学生にしては かなり理屈っぽい少年なのですが 読み進めるとどんどん可愛らしく 感じるから不思議なものです

“ぼくは小学四年生だが、大人に負けないぐらいいろんなことを知っているし、努力をおこたらないから、将来はきっとえらい人間になるだろう。五月のある朝、ぼくの住む郊外の街に突然、ペンギンが現れた。このおか… このレビューの続きを見る

「小学四年生のぼくが住む郊外の町に突然ペンギンたちが現れた。この事件に歯科医院のお姉さんの不思議な力が関わっていることを知ったぼくは、その謎を研究することにした。未知と出会うことの驚きに満ちた長編小… このレビューの続きを見る

内容(「BOOK」データベースより) 小学4年生のぼくが住む郊外の街に突然ペンギンたちが現れた。この事件に歯科医院のお姉さんの不思議な力が関わっていることを知ったぼくは、その謎の研究を始めるが―。冒険と驚きに満ちた長編小説。 JUGEMテーマ:活字中毒〜読書記録〜 

・最初「そうかアオヤマ君がのちの腐れ大学生か…」  なんて思ってしまってごめんなさい。おばちゃん汚れてた。 以下ネタバレ含みます。

JUGEMテーマ:小説全般  ● ペンギン・ハイウェイ / 森見登美彦  ● 角川書店  ● 1680円  ● 評価 ☆☆ 小学四年生のぼくが住む郊外の町に突然ペンギンたちが現れた。 この事件に歯科医院のお姉さんの不思議… このレビューの続きを見る

「夜は短し歩けよ乙女」など京都を舞台に男子大学生が主人公だったこれまでの森見作品と大きく違うのは、今回の主人公は小学生の少年・アオヤマ君。でも、こいつがまたこまっしゃくれているというか、生意気な口の… このレビューの続きを見る

 森見登美彦氏の著書今回は小学生が主人公それもなかなか色々と研究をする多忙な小学生研究対象は自分の身近な事でもありけっこう想像を超えた現象でもあったりすっかり遠くなった時代の自分をついつい思い出… このレビューの続きを見る

ほんとうに、小生意気な小学4年生だ   まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング 【あらすじ】 小学4年生のぼくが住む郊外の街に突然ペンギンたちが現れた。この事件に歯科医院のお姉さんの不思… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 小学四年生のぼくが住む郊外の町に突然ペンギンたちが現れた。この事件に歯科医院のお姉さんの不思議な力が関わっていることを知ったぼくは、その謎を研究することにした。未知と出会うことの… このレビューの続きを見る

森見さんの新刊です♪ 今までとは違う系(ステージが京都ではなく主人公が大学生でもない)ということで、楽しみにしていました。 でも……。 ??? 面白いかどうかといえば、まあ面白いと言えるとは思うけれど……… このレビューの続きを見る

  小学4年生のぼく<アオヤマくん>が住む郊外の街のど真ん中に突然ペンギンたちが現れる。誰かが連れてきたわけでもないのに段々と増えてゆくペンギンたち。 仲の良い友達とその謎を追ってゆくうちに、… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 小学四年生のぼくが住む郊外の町に突然ペンギンたちが現れた。 この事件に歯科医院のお姉さんの不思議な力が関わっていることを知ったぼくは、その謎を研究することにした。 未知と出会うことの驚きに満ちた長編小説。

面白かった。 アオヤマ君はお姉さんが好きだったんだなあ・・・。おっぱいも同じくらい好きだったんだろう。将来どんな大人になるのかしら(笑) お姉さんの正体は謎のまま、だったんだけど、またどこかで会えるといいね。 彼のノートを見てみたいと思います。

小学4年生の、ぼくが住む街に、ある日突然ペンギンが現れた。捕まえられ運ばれる途中で忽然ろ姿を消すなど、どうも普通のペンギンじゃないみたい。ぼくは調査を始める。歯医者のお姉さんがちょっと不思議な人で、… このレビューの続きを見る

 小学校四年生のぼくの住む街に、ある日突然ペンギンが現れる。しかもこのペンギン、トラックで運ばれる途中で跡形もなく消えてしまったという。どうやらこの謎には、歯科医院に勤めるお姉さんが関係しているよう… このレビューの続きを見る

最近読んだ本

15:18:By Personal Pulse

森見氏初・主人公が小学生の男子で、舞台が京都でないお話。 どんなものだろうと、とても期待して頁をめくりましたが、小学生の目線でも森見ワールドはヘンテコにおかしくて楽しかったです。 粗筋。 お気に… このレビューの続きを見る

 今月の「野性時代」は森見登美彦特集。 『ペンギン・ハイウェイ』を読み解く8つのキーワードを書かせていただきました。 「本の旅人」では森見さんにお話も伺っております。 インタビューであんなに「おっぱい」という単語を連発したのは初めてだ…

知らないこと。 それらを知っていくことは、すばらしい☆

関連する商品