>
[Amazon] モルフェウスの領域

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

モルフェウスの領域
モルフェウスの領域で自分のブログにレビューを書く

モルフェウスの領域

おすすめ!3.3 [3.3](9件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:285263位
  • Amazon価格:¥ 1,620
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4048741535(角川書店(角川グループパブリッシング))
モルフェウスの領域のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(9件) 3.3 [3.3]

JUGEMテーマ:読書海堂尊の“モルフェウスの領域”を読みました。海堂尊と言えばバチスタシリーズですが、これもその中の一つです。でもバチツスタシリーズを読んでなくても面白いです。もちろん知っている方がより面… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 「コールドスリープ」という技術が認可された。 今の医術では治療できないが、数年後に治療可能となる患者が対象で、凍眠期間は五年間。 目覚めた後、記憶を保持したまま眠る前の生活に戻る… このレビューの続きを見る

うわ。今年に入ってから、初めてのブログ。もう9月とは・・・何をやっていたんだ、私!いやね、本は毎月ちゃんと読んでたんですよ。なんせ活字中毒だから。ただね、WiiをやったりDSをやったりと遊び呆けていたわけです… このレビューの続きを見る

日比野涼子は桜宮市にある未来医学探究センターで働いている。東城大学医学部から委託された資料整理の傍ら、世界初の「コールドスリープ」技術により人工的な眠りについた少年・佐々木アツシの生命維持を担当して… このレビューの続きを見る

NHKでは「マドンナ・ヴェルデ」がドラマ化されてるし、海堂さんものはあいかわらずの人気ですね。でもちょっと、食傷気味でもありますけど・・・ 「ハイパーマン・バッカス」のアツシが5年の眠りから目覚めた。 … このレビューの続きを見る

 海堂氏の小説には、共通の登場人物が多くいるので、全部読んでおきたくなります。今回は、ナイチンゲールに出てきた子かな。自分の記憶に自身がないけれど。佐々木アツシ君。両目失明の危機にあったため、5… このレビューの続きを見る

 そういう風に繋がっていくのかぁと何度もつぶやいた今回。 懐かしい登場人物が出てきたり、今までのストーリーの結末が書かれていたり。 このシリーズって本当の悪人っていなくって、且つ本当の善人も書かれていない感じがする。善悪って、そう簡単に決められるものじゃないね。

う〜ん……。 海堂さんが書くお話は、テンポがよくて登場人物が生き生きしていてすきなんだけどなぁ。 今回はなんとも静かな静かな一冊ってかんじ。 佐々木アツシ君って、最初のチームバチスタのころに出てたん… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 日比野涼子は桜宮市にある未来医学探究センターで働いている。東城大学医学部から委託された資料整理の傍ら、世界初の「コールドスリープ」技術により人工的な眠りについた少年・佐々木アツシ… このレビューの続きを見る

関連する商品