>
[Amazon] ばんば憑き    

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ばんば憑き     
ばんば憑き     で自分のブログにレビューを書く

ばんば憑き    

おすすめ!3.4 [3.4](12件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:352605位
  • Amazon価格:¥ 1,836
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4048741756(角川書店(角川グループパブリッシング))
ばんば憑き     のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(12件) 3.4 [3.4]

短篇集。 お江戸怪談シリーズがいくつかある中のスピンオフ的な作品もいくつかあった。 私がこれはそうだな、とわかったのは2つ。 お江戸の町で起こる事件、現象。 少し不思議な何かが関わり、人の手で解決されていく。

 世にも奇妙な・・・物語 江戸の時代が 舞台なのだけれども きっと現代にも 通じる事もあるのでしょう・・ 世の中には・・・ 霊の存在が見えてしまう人も いるらしいから・・・きっと 今も昔も・・奇妙な… このレビューの続きを見る

忙しいは体調崩すわで、久々のupです。 さて、こちら。宮部みゆきのホラー短編集です。 内容は「坊主の壺」「お文の影」「博打眼」「討債鬼」「ばんば憑き」「野槌の墓」の 6編。 すべて設定が江戸時代の時代物… このレビューの続きを見る

最近この手の話が多いなと思う。 江戸自体の下町を舞台にしたほんわかとしたお化け物と云えば、畠中恵『しゃばけ』シリーズだが、同じような雰囲気のものを近頃宮部みゆきも出している。『あんじゅう』と同じシリ… このレビューの続きを見る

3.4

ばんば憑き

13:51:By くねくね式

お江戸で起きる不思議なお話の短編です。 貧しさや人間の業などから生まれた様々な不思議なモノ達を、みんなで知恵を絞りながら解決していきます。 結構鳥肌立ちました・・・ 私は犬士さん(張り子の犬)が活躍する… このレビューの続きを見る

 こわくてかなしい、不思議な物語を集めた短編集。  やはり宮部さんの時代ものはいいなあ。どのお話も深い余韻を残し、それぞれ味わいがあります。  特に、表題作となる「ばんば憑き」のインパクトはすごい。… このレビューの続きを見る

「湯治旅を終えた若夫婦が、帰途、雨で足止めとなり老女との相部屋を引き受けた。老女が語り出す50年前の忌まわしい出来事とは。『〈ばんば〉とは恨みの念を抱いた亡者のこと・・・』。ぞくりと怖く、心騒がす全6話… このレビューの続きを見る

ばんば憑き

23:26:By planet17

内容(「BOOK」データベースより) 湯治旅の帰途、若夫婦が雨で足止めになった老女との相部屋を引き受けた。不機嫌な若妻をよそに、世話を焼く婿養子の夫に老女が語り出したのは、五十年前の忌まわしい出来事だっ… このレビューの続きを見る

  お久しぶりです。私は相変わらず職安に通ってます。書類が通らなかったり面接落ちたりと中々うまくいきませんが、めげずに頑張っています。あきらめたら終わりだ。 しかし先週、階段を降りたら足を踏み外… このレビューの続きを見る

ちょっとだけ怖いめですが、 おもしろかったです♪

ばんば憑き

19:48:By GARYO’S BAR

最近・・・・未読のまま・・・堆積していた本を読み始めた で、宮部みゆきの新刊、しかも短編集・・・・お馴染みのキャラも出演 むむむ・・・・ウマさ再発見

文芸書注目の新刊は、宮部みゆきさんの時代小説!! タイトル:『ばんば憑き』 著者:宮部みゆき Miyuki Miyabe 出版社:角川書店 ISBN:978-4-04-874175-0 発売日;2011年2月28日 内容:「湯治旅を終えた若夫婦… このレビューの続きを見る

関連する商品