DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed ジェノサイド - 高野 和明 のレビュー全28件 JUGEMブログ

>
[Amazon] ジェノサイド

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ジェノサイド
ジェノサイドで自分のブログにレビューを書く

ジェノサイド

おすすめ!3.8 [3.8](28件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:12735位
  • Amazon価格:¥ 950
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4048741837(角川書店(角川グループパブリッシング))
ジェノサイドのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(28件) 3.8 [3.8]

ジェノサイド 高野和明著 角川書店 この物語の中には、人間という生物の醜さ、恐ろしさが描かれています。生まれた国や文化は関係なく、人間という種が元々持っている残虐性が問われているのです。 … このレビューの続きを見る

皆さん、好きな作家さんっていますか? 私は宮部みゆきさんと 太宰治です。(暗い?) この二人の作品はとりあえず出版されているものはすべて読んでいますね。 他の作家さんも読みますが・・・ハマった… このレビューの続きを見る

以前レビューをした「13階段」があまりにも面白く、様々な賞を受賞しており評価も非常に高い、ということから、もう二年以上も文庫化を待っていた今作。龍氏の本棚は基本的に文庫サイズなのでハードカバーの本を買… このレビューの続きを見る

3.8

ジェノサイド

18:31:By J-BookShelf

しばしば良い評判を聞いていたので、年末に読んでみました。アフリカの奥地の少数民族の中に突然変異で人類ではあり得ないほど頭脳が発達した子どもが産まれ、それをアメリカの特殊部隊が抹殺にいくという陰謀系小… このレビューの続きを見る

 アメリカの小学校でまた銃乱射事件がありました。 私はゲイだし、子どもも家庭も作る予定もないし、被害者が子どもだから可哀想!なんてことは思わない性質です。 まして今回は海外のことなので敢えて不謹慎な… このレビューの続きを見る

―内容(「BOOK」データベースより)― 急死したはずの父親から送られてきた一通のメール。それがすべての発端だった。創薬化学を専攻する大学院生・古賀研人は、その不可解な遺書を手掛かりに、隠されていた私設実… このレビューの続きを見る

去年、この本の人気はスゴイものがあった。賞で言うと第65回 日本推理作家協会賞<長編および連作短編集部門>このミステリーがすごい!2012年版 1位週刊文春ミステリベスト10 国内部門 1位本の雑誌 2011年上… このレビューの続きを見る

 科学者だった父が死んでから五日。大学院生の古賀研人のもとに、亡き父の名で一通のメールが届いた。父が息子に引き継いで欲しかったものとはなにか。一方、傭兵のジョナサン・"ホーク"・イエーガーは、難病の息… このレビューの続きを見る

突然死した父からのメールを受け取った大学院生が壮大な事件に巻き込まれるハードボイルド・サスペンス。 『このミステリーがすごい!』の一位に選ばれた作品ということで、SF的要素、ハードボイルド、戦闘、冒険… このレビューの続きを見る

 【感想】・映画化しそう・描写が残酷・でも恐らくほぼ現実に起こってることだと思うからなんだか悲しくなった・エシュロンや遺伝子操作など凄く現実に即していた【抜粋】善行というものは、ヒトとしての本性… このレビューの続きを見る

3.8

ジェノサイド

07:29:By kira* kira*

JUGEMテーマ:読書 

JUGEMテーマ:日記・一般JUGEMテーマ:小説全般  《愛知県は三河地方 御当地シンガーソングライター》男の中の男!しょだまさしです。Myspaceプロフィールページへどうぞ(#д$)/  減点ポイントが何… このレビューの続きを見る

ジェノサイド

03:22:By keynote

2011年8月17日の日経新聞夕刊「ベストセラーの裏側」で 紹介されていた小説、高野和明「ジェノサイド」。 小説のタイトルからして、私が絶対選ばない作品。 ジェノサイドとは、大量殺戮のこと。 だが、伊坂幸太… このレビューの続きを見る

3.8

ジェノサイド

19:43:By 読書三昧

話題の本ということで、まぁ読んでみるか〜って感じで。 読み始めたのはいいんだけど、序盤から中盤にかけてはなんだか楽しくなくて。 この厚さだし、途中でやめちゃおうかなどと思ったりもしたんだけど。 後半… このレビューの続きを見る

ジェノサイド

02:27:By SUZUKISM

去年一番話題になった本を今更ですが読みました。面白かったー!!!アメリカ人傭兵と日本人大学院生の話が交互に繰り返される第一部はまだ二つの話のつながりが見えずちょっと退屈なのですが、第一部終盤にはっき… このレビューの続きを見る

 2012年の1冊目は、高野和明さんの『ジェノサイド』。 「2012年の1冊目はこれ!」と年末から決めていました♪ 最近よく買っている雑誌『ダヴィンチ』の特集でも、 BOOK OF THE YEAR 2011 の総合ランキ… このレビューの続きを見る

3.8

ジェノサイド

16:25:By ぼちぼち

JUGEMテーマ:読書  気鋭が満を持して放つ、超弩級エンタテインメント!! 創薬化学を専攻する大学院生・研人のもとに死んだ父からのメールが届く。傭兵・イエーガーは不治の病を患う息子のために、コンゴ潜… このレビューの続きを見る

ジェノサイド

17:33:By lamp

あまりの分厚さ、文字の小ささ、 そして最近小説を読んでいなかったこと・・・ そんなこんなで一時放置されていた本。 読み始めたら止まらなくて 興奮して一気に読みました。 かなりキツイ描写もあり・・・ 考えるところもあり・・・ だけど映画観てるような壮大なスケールと 徐々に分かっていく真相 どんどん進む展開に引き込まれました。 面白かった!

「創薬化学を専攻する大学院生・研人のもとに死んだ父からのメールが届く。傭兵・イエーガーは不治の病を患う息子のために、コンゴ潜入の任務を引き受ける。二人の人生が交錯するとき、驚愕の真実が明らかになる――… このレビューの続きを見る

読み応えたっぷりでした! おもしろかった〜。 最初の方はやたらとカタカナの固有名詞が いっぱいで読みづらかった…。 しかも、医学的な話も出てきて難しかったー。 でも、そこを乗り越えるとグングンおもしろくなって 3日で読破!!

この作品、アメリカから苦情が来ないんだろうか。あまりに大統領がステレオタイプの悪役すぎる。湾岸戦争あたりの過去を振り返れば判らないでもないけど、少し単純に作りすぎてる気がするし、今のご時世、トモダチ… このレビューの続きを見る

*あらすじ*急死したはずの父親から送られてきた一通のメール。それがすべての発端だった。創薬化学を専攻する大学院生・古賀研人は、その不可解な遺書を手掛かりに、隠されていた私設実験室に辿り着く。ウイルス… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般 こ れ は な か な か す ご い 。 貸切の映画館でハリウッドの大作映画を堪能した気分。 本の帯の激賞の数々は本物でした! 「人類の危機を救う」という国家機密ミッションを背負ってジャ… このレビューの続きを見る

【あらすじ】 突然の病により、大学教授である父を失った大学院生の古賀研人は、父の死後、謎のメールを受け取った。なんと、それは亡くなったはずの父からのメールであり、父が極秘裏に進めていた研究を研人に引… このレビューの続きを見る

ジェノサイド

19:00:By GARYO’S BAR

『ジェノサイド』 高野和明 上半期・・・最高傑作に出会いました 世界に広がった点が・・・ラストに向けて終結する手際・・・ワクワク SF嫌いの方にも薦めたい一作 ハリウッドで映像化ですかね

以下はAmazonの紹介文です。【急死したはずの父親から送られてきた一通のメール。それがすべての発端だった。創薬化学を専攻する大学院生・古賀研人は、その不可解な遺書を手掛かりに、隠されていた私設実験室に辿… このレビューの続きを見る

ジェノサイド

18:35:By asacoro's log

「これは宿題にしておこう。もう一つのヒントは、君がまだ敵の知力を侮っているということだ。どうか十分に気を付けて、この難局を乗り切ってくれ」 (P416) 高野和明 著 第145回直木賞ノミネート作品。 … このレビューの続きを見る

人類絶滅の可能性 アフリカに新種の生物出現   まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング 【あらすじ】 急死したはずの父親から送られてきた一通のメール。それがすべての発端だった。創薬化学を… このレビューの続きを見る

関連する商品