>
[Amazon] 沖田総司―六月は真紅の薔薇〈上〉 (学研M文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

沖田総司―六月は真紅の薔薇〈上〉 (学研M文庫)
沖田総司―六月は真紅の薔薇〈上〉 (学研M文庫)で自分のブログにレビューを書く

沖田総司―六月は真紅の薔薇〈上〉

おすすめ!3.5 [3.5](2件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:617025位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4059001376(学習研究社)
沖田総司―六月は真紅の薔薇〈上〉 (学研M文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(2件) 3.5 [3.5]

主人公:沖田総司 時代:文久三年(1863)十二月〜慶応四年(1868)五月三十日 舞台:試衛館〜京都〜 好きな場面: 好きな台詞: 感想:沖田さんの1人称が「僕」で追憶風に物語が始まります。「はぁ」って返事が随所に出てきてこちらも「はぁ」って思わずため息つきました。おあいさんと言う沖田氏縁者のゆかりのある方が出てきます。(諸説色々あるようですが。)

主人公:沖田総司 舞台:再度読み直し中。 好きな場面:再度読み直し中。 好きな台詞:再度読み直し中。 感想:沖田さんの生涯のお話です。僕という一人称で沖田さんの目から見た話になっています。このお話の作者、三好さんは結核で2年余に渡って療養生活を送った経験があるとの事で、病に対しての思いなどがとてもリアルだと思います。

関連する商品