DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 新装 ぼくを探しに - シェル・シルヴァスタイン のレビュー全13件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 新装 ぼくを探しに

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

新装 ぼくを探しに
新装 ぼくを探しにで自分のブログにレビューを書く

新装 ぼくを探しに

おすすめ!3.8 [3.8](13件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:5020位
  • Amazon価格:¥ 1,620
  • ユーズド価格:¥ 124
  • ISBN/ASIN:406112983X(講談社)
新装 ぼくを探しにのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(13件) 3.8 [3.8]

* 今年2月「効率を上げて、ご縁を変える」という記事を書いたんですが   これを読んで、お仕事とか、自分の得意なことを最高効率で頑張ってくださったら   きっと良い流れが来るのでそれ… このレビューの続きを見る

 セミナーで伝えたかったのは・・・これ!(笑)みなさま、ありがとうございます!ジェームススキナーさんから聞いた、幸せな結婚のしかた。ジェームスさんが学生時代、アメリカで精神科医の方から聞いた幸せな… このレビューの続きを見る

タリニャイ タリニャイ・・・ まっちゃん「どこからか声が聞こえてくるよ?誰の声だろう」 風太「なんやろ?ダンボーに足りないのは、柔らかい体と関節やな〜。」 ダンボー「ウウッ!!!」 風太「まっちゃ… このレビューの続きを見る

 私にはフリーで司会をやっているお友達がいます。 彼女が今やっていて、素敵だなって思うことがあります。 それは、 「大人のための絵本」読み聞かせ会。 小さい頃は、両親からたくさん絵本を読んでもらっ… このレビューの続きを見る

昨日のNEWS ZEROではロックのカリスマ氷室京介さんの特集第2弾が放送されました。ノーベル賞の受賞等によって当初の放送日より変更になったものですが、その中で本書の事が出ていました。 この「ぼく… このレビューの続きを見る

伊豆に行ってきました。山の中にハンモックで大きめな木の根っ子のかげに 荷物を置いて、水道や洗濯機は自由に使えたので、木に服を干し、 お湯の出る蛇口がシャワーのとこで髪を洗い、ウェットティッシュ… このレビューの続きを見る

3.8

ぼくを探しに

15:52:By

 とても有名な絵本。私がこの本に出会ったのは10代の終りごろ。丸の一部が欠けた「ぼく」がその欠けた部分を探しに旅をします。当時はこれを読んで分かったような気になっていたけれど、改めて読み返したら、… このレビューの続きを見る

3.8

わたしのかけら

19:18:By my life stripe

これはおとなへ向けた絵本ですわたしがいろんなことに対して不安になったり息苦しくなってたときに知り合いの女性がプレゼントしてくれた一冊ぼくが足りないかけらを探しに旅にでる旅の途中でいろんなことがあって… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:絵本紹介 「ぼくを探しに」    この絵本は、何かにつまづいた時、自分を見つめ直したくなった時、ふと、読み返したく絵本の中の一冊です。  一見、子どもの落書きとも見える、シンプルな絵… このレビューの続きを見る

3.8

続き。

21:20:By Moulin Rouge

『恋愛の関係なんかでも、  「押す」だの「引く」に限定されてないかな。  ここにこそ「転がす」があるような気がしない?  恋愛じゃなくて、夫婦になってしまうと、  どうも「転がす」で持続しているよう… このレビューの続きを見る

3.8

ぼくを探しに

08:33:By 白い本棚

ブログ巡りをしていたら、 『続ぼくを探しに』を紹介していました。 まだ『ぼくを探しに』を手に取ったことがないのでこの本から読んでみました。 写真のように表紙は白地に黒の絵のシンプルな絵本です。 この頃… このレビューの続きを見る

ぼくを探しに [小学校低学年向け ★★★★☆] この本も有名でしょうか・・・? 丸い「ぼく」が、欠けた自分を探しに行くお話です。 欠けた部分は見つかるのか?欠けた部分を見つけたときどうなるのか・・? … このレビューの続きを見る

ぼくを探しに

14:51:By にこにっき

少し欠けている「ぼく」は 足りないカケラを探してる・・・ そのシンプルな線に心引かれ手に取ったのは12歳の春。 12歳の心の中にモヤモヤと渦巻いていた気持ちがここに描かれていた。 自己や他者、その繋がり、… このレビューの続きを見る

関連する商品