DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed わたしが棄てた女 - 遠藤 周作 のレビュー全4件 JUGEMブログ

>
[Amazon] わたしが棄てた女 (講談社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

わたしが棄てた女 (講談社文庫)
わたしが棄てた女 (講談社文庫)で自分のブログにレビューを書く

わたしが棄てた女

おすすめ!3.3 [3.3](4件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:254289位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4061311417(講談社)
わたしが棄てた女 (講談社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(4件) 3.3 [3.3]

JUGEMテーマ:活字中毒〜読書記録〜 序盤をかっ飛ばして読み過ぎたことを,解説を読んで後悔。 遠藤氏のキリスト教感は面白い。

ぼくらの人生をたった一度でも横切るものは、そこに消すことのできぬ痕跡を残すということなのか。寂しさは、その痕跡からくるのだろうか。 『海と毒薬』が罪と罪悪感を真摯に問うてるのに対して、もう少し軽いタッチの文章。 でも根底に流れているのは同じで、「神がいるとして、何故我々は苦しまなくてはならないのか」だと思われる。

森田ミツは、文通を通して学生である吉岡と出会う。二度目の逢瀬では既にミツは吉岡に惹かれ、一方の吉岡はミツの性格うぃ逆手にとって彼女の身体を奪う。それ以降、吉岡からの連絡は途絶えていた。年月が過ぎ、そ… このレビューの続きを見る

この物語は二人の人物の手記の並列というかたちで構成されている。 やせっぽちな大学生の吉岡が、 雑誌のペンフレンド欄で出会った女性の体を奪い棄てていった話。 不細工でミーハーな田舎娘森田ミツが、 ハン… このレビューの続きを見る

関連する商品