>
[Amazon] 無限論の教室 (講談社現代新書)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

無限論の教室 (講談社現代新書)
無限論の教室 (講談社現代新書)で自分のブログにレビューを書く

無限論の教室

おすすめ!4 [4](5件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:新書
  • Amazonランキング:81515位
  • Amazon価格:¥ 946
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4061494201(講談社)
無限論の教室 (講談社現代新書)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(5件) 4 [4]

 無限論の教室 著者 : 野矢茂樹

――自分の中を?き分けて見てみると、そこに自分自身がいる。とすれば、そこにいる自分自身の中にも要素として自分自身がいるのだろう。そうして見つけた自分自身の中にもまた。それは果てしなく続いていく。自意識の階段を無限に降りていく。

いいかわるいかは別として、僕らは数字をもっているから1とか、2とか、5万とか数を数えることができるけれど、世界には人間がつくり出した数字では数えることのできない数がたくさんあるのかもしれない。たとえば、「走る」とか、「わかる」とか、そういった動詞も数なんじゃないだろうか。

今まで無限に関する本、数論に関する本、論理学に関する本をけっこう読んできたけど(どれも入門者向けのものですが)、この本で初めてカントールの対角線論法が理解できました。なんか理解してしまうと、なんでこ… このレビューの続きを見る

「無限は数でも量でもありません」とその先生は言った。ぼくが出会った軽くて深い哲学講義の話 第1週──「無限について講義するのですが、(略)無限ということで、どういうイメージをもっていますか。ええと、あ… このレビューの続きを見る