DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い - 西尾 維新 のレビュー全24件 JUGEMブログ

>
[Amazon] クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社ノベルス)
クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社ノベルス)で自分のブログにレビューを書く

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い

おすすめ!4 [4](24件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:新書
  • Amazonランキング:413980位
  • Amazon価格:¥ 1,058
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4061822330(講談社)
クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社ノベルス)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(24件) 4 [4]

 初めて感じたのは、『クビキリサイクル』を読んだとき、かな。  自分と同じ時代に、自分と同じ社会的経験を経てきただろう人間の文章を真面目に読んだ体験は、これが初めてだった。 (『天才えりちゃん 金魚… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:ライトノベル    天才による   天才ばかりの   密室殺人事件を解決するのは   一人の少年・戯言使いで天才ではなかった

 西尾維新による全6タイトル9冊のライトノベル戯言シリーズを読みましたが面白かったです。  これまでちょくちょくと感想を書いていたのですが、主人公のキャラクターに共感しまくってしまいました。 35歳にもな… このレビューの続きを見る

この方の小説は、このシリーズで初めて読みました 内容は少しグロイ所もありますが、一気に読み終えてしまう位惹きつけられて、 次回作がすごく楽しみで仕方ありませんでした 戯言シリーズは完結しています 人間… このレビューの続きを見る

読めた。 分厚かった上に二段でした。 西尾さんの作品はデスノ入れて2作目です。 これは案外すらすらと読めました。 主人公と友の依存的な関係が好きです。 案外話は深そうですね。 ・・*・・ クラスメイトが… このレビューの続きを見る

ジャンルはライトのベルでいいのかな?一人称「ぼく」の少年が語るちょっと常識を外れたお話。「ぼく」は友人が一緒にとある島に招待されたのに付いていくことになった。そこで起きる密室殺人事件。そのとある島に… このレビューの続きを見る

 この本、ミステリですが、いきなりネタバレしましょう。 これは2重トリックである。 どういうことかというと、殺人の方法を解き明かしたところで犯人が分からないということです。 え?意味が分からない?… このレビューの続きを見る

 コンピュータの天才である玖渚友の付き添いとして鴉の濡れ羽島を訪れた「ぼく」こといーちゃん。その絶海の孤島を所有する赤神財閥の令嬢イリアは、同年代の女性の天才ばかりを招いていた。絵画、占術、料理など… このレビューの続きを見る

  戯言シリーズ 第1巻   過去に読んだ時と違い、その時はすぐに読むのを辞めてしまったけれど、今回は読了することができました。   感想は、一言で言うと、読まず嫌いはダメですね。  … このレビューの続きを見る

4

戯言とか。

19:09:By sugar coat+α

今更ながら戯言シリーズです。(笑)これとにかく面白い。なんといっても展開が予測不可能。事件が解決して犯人も分かってはい終わり、ではなくその事件後に明かされる事実の方に軽くパンチくらいます。(笑)文章… このレビューの続きを見る

西尾維新の戯言シリーズにとうとう手を出してしまった!!! ノベライズとかは読んだことあったんだけどずっと手が出せなかったんだ。 何故かって? そりゃみてのとおりクソ高いからだよwww 1冊1000円前… このレビューの続きを見る

戯言だけどね・・・ そんな主人公のセリフが、少々しつこくはありますが、中々面白かったです。 いやいや、ミステリーを求めて読んでみたりしたんですが、ちょっと求めていた物とは違ってたんですけどね。 推理… このレビューの続きを見る

 ライブ近くなってからレビューの更新すっかり滞ったままになっていたので更新しておこうかと思います。  ライトノベル・キャラクター小説と呼ばれる類の本を全然読んだことなかったので、ライトノベルとはい… このレビューの続きを見る

 やっと読んだ!アマゾンのレビューが賛否両論で面白かったです。  もし、キャラクターを一般人のレベルに落として、ちゃんと時代設定も普通の日本に戻して書き直したとしたら、普通の推理小説になるんじゃない… このレビューの続きを見る

これは読んでおかないと絶対に損だ! (知っている方も多いと思いますが^^;) クビキリサイクルの著者、西尾維新さんの作品を読むまでいろいろなラノベを読んできたのですが、これほどハマったことはありません… このレビューの続きを見る

このタイトルのネーミングセンスが凄いと思った・・・でも、それも戯言だ なんか、生まれてこの方聞いた事がないような単語がこの本に大量発生している 普通の人生を送るべくして生まれた普通の人が、知識欲… このレビューの続きを見る

あらすじ(アマゾンより) 絶海の孤島に隠れ棲む財閥令嬢が“科学・絵画・料理・占術・工学”、 5人の「天才」女性を招待した瞬間、“孤島×密室×首なし死体”の 連鎖がスタートする! 工学の天才美少女、「青色サヴ… このレビューの続きを見る

4

戯言シリーズ

02:28:By LILYROSE Cafe

とりあえず、『クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い』について。  結構前にようやく完結した戯言シリーズの記念すべき第一作です★ 言葉遊びのような独特の語り口が好きでした♪ ミステリー色の強いラ… このレビューの続きを見る

最近、近くの図書館巡りをしては本を借りまくってます。その中の一つを紹介 西尾維新さんの戯言シリーズ 借りるきっかけは西尾さんがデスノのアナザーノート書いてたのもあるけど、表紙の絵が可愛かったから… このレビューの続きを見る

第二十三回メフィスト賞受賞作、且つ『戯言シリーズ』第一作目です。 これは比較的簡単なトリックなんじゃないかと思います。 私がこれを読んだのはまだミステリィに興味を持ち始めた頃なので、その時は十分に楽… このレビューの続きを見る

買いました。 ・・・・・・・・・否、買ってもらいました。 まだ読んでないですが。 最近、文庫本とか新書とかしか読んでません。 図書館にはキノ&Missing予約中。 Missingは、甲田学人さんが書いてます、ホラー系。 … このレビューの続きを見る

「天才」たちが集まる離れ小島で首切りの殺人事件がおこる密室ミステリ。 キャラが異様に濃いので、普通のミステリとは一味も二味も違った印象でした。 ライトノベルの雰囲気なのかな…個人的には好きじゃないので読みにくかったです。

絶海の孤島に隠れ棲む財閥令嬢が“科学・絵画・料理・占術・工学”、5人の「天才」女性を招待した瞬間、“孤島×密室×首なし死体”の連鎖がスタートする! 工学の天才美少女、「青色サヴァン」こと玖渚友(くなぎさとも… このレビューの続きを見る

俺が今読んでいるライトノベル「戯言」シリーズの第一巻。 ミステリー物なんだけど普通のミステリーじゃなくてキャラの個性が強いです。 一巻は主人公の「いーちゃん」が友人のPCの天才「玖渚友」に「鴉の濡れ羽… このレビューの続きを見る

関連する商品