DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 - 西尾 維新 のレビュー全16件 JUGEMブログ

>
[Amazon] クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 (講談社...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 (講談社ノベルス)
クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 (講談社ノベルス)で自分のブログにレビューを書く

クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識

おすすめ!3.8 [3.8](16件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:新書
  • Amazonランキング:525583位
  • Amazon価格:¥ 1,058
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4061822500(講談社)
クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 (講談社ノベルス)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(16件) 3.8 [3.8]

JUGEMテーマ:ライトノベル    傍観者と殺人鬼が手を組んで   一つの殺しの犯人探し   始めから解っていたにもかかわらずに

 西尾維新によるライトノベル「クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識」が面白かったです。 この作品は戯言シリーズの二作目であり、ぼくは一作目である「クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い」も読んでい… このレビューの続きを見る

3.8

続編!

22:10:By

 ご無沙汰しております、ピーネです。。 今回のレビューは、 この前レビューいたしましたクビキリサイクルの続編です! 2つの事件が平行?して展開していくスリルが素晴らしいです。 主人公の内面が前作… このレビューの続きを見る

甘えるな。

20:41:By

ラストのワードがなかなか衝撃でした。 巫女子ちゃん好きやわー。 だから、割と展開びっくりでした。 けど、まぁ二回目の事件ぐらいからそうかな・・とは思ってたけどね。 ミココ号はこれからも主人公と共にあるの… このレビューの続きを見る

  戯言シリーズ第2巻。 一言感想。 いーちゃん、クロ!!! 闇!!欝!!人でなし!!! 前巻よりも、いーちゃんの全貌とまではいかなくても、内側がのぞけました。 かなり黒いよいーちん。 内面は闇。常… このレビューの続きを見る

気付けば貪るように読了。面白すぎるんですが!!このままいくと数日中にシリーズ全制覇しそうな勢いムンムンです。(笑) というわけで、戯言第2巻。1巻も相当でしたが、2巻はもうそれ以上の面白さでした!今… このレビューの続きを見る

維新、第2作目を読了。 もとろん、中々楽しめた作品でした。 ただ、このシリーズは確実にミステリー作品では無いのだな・・・なんて。 主人公が読者へと大事な情報を隠すとは思いませんでしたよ。 主人公(探偵… このレビューの続きを見る

だいぶ前に、ああこれ人気ある人だなー、と図書館で1作目をフラっと借りてみたんです。 むむむ、なんかちょっと苦手な文章だ、と思いつつ、でも面白いからさくさく読める上、続きが気になる!と1日で読んでしま… このレビューの続きを見る

 叙述トリック。なんでもあり、というなら受け入れ可。キャラクター小説として読むのも可。登場人物に感情移入を求めるのなら不可。  って感じですかね。表紙のみここちゃんが可愛くてついつい見てしまいます。

クビシメロマンチスト―人間失格・零崎人識 これからこうやって読んだヤツ紹介していこうかな♪ とりあえず読みました。 戯言シリーズ第2弾! ウチ的には前のクビキリサイクルの方がおもしろかったかなぁ・・… このレビューの続きを見る

+クビシメロマンチスト―人間失格・零崎人識(講談社ノベルス)+

過剰レトリックにより、ワタクシの極限まで強化し、さらに強化パーツで底上げされた装甲値に対し、軽々と4000以上のダメージを与え、易々とA.T.フィールドを突破してくるこの文体・・・もはや、自分が何を… このレビューの続きを見る

与えるか、奪うか。 この作者はこんなに考えて思い詰めたような言葉を綴ってしんどくないのだろうか。文字を追っているだけでどこかに連れていかれそうな気分になる文章は、書く側にとってはどんな感じなのだ… このレビューの続きを見る

戯言シリーズの第2弾で、読むのは2回目になります。 個人的に一番印象に残っているのは夢の中でのいーちゃんと智恵ちゃんとの会話のシーン。 普段一緒にいる人間がどんな仲間であるかは問題じゃなくて、「仲間が… このレビューの続きを見る

○よかった ・表紙が伏線とは ・主人公として反則な行動のあたらしさ ×わるかった ・登場人物がもれなく思春期 ・主人公として反則な行動を取ったのだとわかってから読み返してみてもその時の心理描写が不自… このレビューの続きを見る

久々に読み始めたらとまらない本でした。 気付いたら朝の四時。 「クビキリサイクル」の続編です。 戯言遣い・いーちゃんの周りで起きる殺人事件。 いーちゃんの戯言を心ゆくまで堪能できます。 内容が面… このレビューの続きを見る

関連する商品