>
[Amazon] 零崎曲識の人間人間 (講談社ノベルス)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

零崎曲識の人間人間 (講談社ノベルス)
零崎曲識の人間人間 (講談社ノベルス)で自分のブログにレビューを書く

零崎曲識の人間人間

おすすめ!3.6 [3.6](27件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:新書
  • Amazonランキング:123995位
  • Amazon価格:¥ 1,123
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4061825828(講談社)
零崎曲識の人間人間 (講談社ノベルス)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(27件) 3.6 [3.6]

 西尾維新によるライトノベル作品、人間シリーズ 全7作を読みました。 「零崎双識の人間試験」は移動中などわりとのんびり読んだのですが、「零崎軋識の人間ノック」〜「零崎人識の人間関係 戯言遣いとの関係」は… このレビューの続きを見る

零崎を始めよう。

23:05:By

軋識も曲識もふたりとも好きです。 特に曲識。 かなり好きだ。 哀川さんとか人識とかそういう関係が好きかも。 伊織ちゃんかわいいですねー。 人識と一緒にアメリカ行って欲しいです。 ところどころ、いーちゃん… このレビューの続きを見る

人間しりーず。

02:37:By cherish*

順番あってるかな?とりあえず戯言シリーズが読了したので人間シリーズ(3冊)と世界を1冊買ってきました。徐々に読後感も書けてけたらいいなー。

続・NISIOISIN

11:51:By happy-go-lucky

 戯言シリーズ・および人間シリーズ読破。 厳密に言ったら11月発売の人間シリーズ最終巻書き下ろし分以外は読みました!ってことですね。 しかしスピンオフとはいえ、とっくにおわってるシリーズだと思ってい… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:西尾維新 〜nisioisin〜 感想なんかを徒然と。

JUGEMテーマ:読書 恐るべし少女趣味 零崎唯一の禁欲者 こんなに強いとは… それでいて潤さんにきっかけを与えていたとは しかも少女趣味の所以が幼き日の潤さんとはおもしろすぎる まさに、悪くない てか幼… このレビューの続きを見る

やっぱ西尾さん

15:20:By 3io

西尾は面白い。と、思う。 全巻友達に借りて、さらに自分の手元においておきたくなるってゆーか、 もうすでに西尾中毒的なアレ。寧ろ戯言中毒、人間中毒。 私的には人識くんらぶらぶで、変態もらぶなのだが… このレビューの続きを見る

 ざ、戯言辞書すげえ……。  曲識が普通に変換できてちょっと感動した。入れたの何年前だ。  読みたいなー。でも高いしなー。と戸惑ってましたが、うっかり買いました。  なかなかおもしろかった。  … このレビューの続きを見る

良くも悪くも西尾さんらしいお話だなぁという感じでした。 脇役、脇役といわれるだけあって、主役の曲識の影の薄いこと。というか、周りが濃すぎるんだよな。個人的に、匂宮さんがあまり得意でないのであんまりい… このレビューの続きを見る

戯言が出ていたので。 私の本名と同じ名前の子が出てきます。 しかもカードにもなってます。 もちろんすぐ殺されました(*'ω')b 軋識でやっちゃった感があったのであまり期待をしていなかったのですが 普通に良い話でした。 僕は伊織が出てきたのでもう満足です。うへへ しかし竹さんの絵がかわりすぎて誰が誰だか思い出せなかった。w

やはり西尾維新は最高だ! 化物語がアニメ化らしい。楽しみ。

4月の2冊目は零崎シリーズ第3弾です。 2007年は刀語にハマリましたがやっぱり好きな西尾維新作品は戯言シリーズです。 その中に出てきた特殊でどこか人間味のある殺し屋集団零崎一賊。 彼らにスポットを当てた… このレビューの続きを見る

内容紹介 零崎を始めるのも、悪くない」 最強の“音使い”現る――。 「零崎一賊の人間コロシアム」第2弾、6枚付き! 「零崎一賊」――それは“殺し名”の第3位に列せられる殺人鬼の一賊。“少女趣味(ボトルキープ)”… このレビューの続きを見る

まがまがしき曲識のお話は、繰り返しの表現がキーワードなのか、各章のタイトルもなかなかおもしろいです。 今まであまり触れられてこなかった曲識は、思い込みが強くて天然という、なかなかおもしろい人でした。… このレビューの続きを見る

私が唯一 (?) 読む、ライトノベルです。 ライトノベルなのかな。まあいいや。 前回の人間ノックが、個人的に微妙だったので、今回はどうよと思ったが おもしろかった。いいね「少女趣味」。 読み方、「ボ… このレビューの続きを見る

出てたの知らなかった・・・・。 西尾維新読むのも久しぶりだねえ。 とうとう零崎三天王が揃い踏み。相変わらずのハチャメチャ具合。「人間ノック」よりはこっちの方が面白かった。でもやたらと「!」が多いの… このレビューの続きを見る

この小説の冒頭で登場するコントラファゴットという楽器。 この楽器を知ってる人ってほとんどいないと思う。 つまり、価値とかも判らないだろうなぁ。 ……このありえなさは、なんと言えばいいんだろう? その… このレビューの続きを見る

零崎シリーズ3作目。 発売されていたことに気づかず先日あわてて購入。 期待通りに面白かった。 以下ネタバレ

「零崎を始めるのも、悪くない」 最強の“音使い”現る――。 「零崎一賊の人間コロシアム」第2弾、6枚付き! 「零崎一賊」――それは“殺し名”の第3位に列せられる殺人鬼の一賊。“少女趣味(ボトルキープ)”こと零崎曲… このレビューの続きを見る

西尾維新得意の言葉遊びは健在で。 キャラが特異なのですが、そこがまた素晴らしいかと。 個人的には、面白いデス。

 西尾維新は恐らく当代一キャラ立てがうまい作家で、奇人変人偏執狂からツンデレヤンデレに至るまで幅広く、それでいてキャラが被ることなく大人数を登場させる力があるのだけど、今回の主役である零崎曲識のキャ… このレビューの続きを見る

久々の人間シリーズ!!講談社のメルマガ見てびっくりでした。知らないうちに出てた!しかも講談社公式サイトでのサイン本逃したし!!まあ、新作読めるので良しとしましょう。例の如く、トレカ付でございました。… このレビューの続きを見る

昨日、本屋で見つけたので購入。 今、ほかに読んでいる本があるので感想はあとで書く。 とりあえず、記事の雛形だけは投稿。

 ふー。  昨日6時間で読んじゃいました。  だって素敵ナンダモノ。  やっぱり、予想通り曲識が一番タイプ! あー、もう最後が! キャー! ギャー! いーちゃーん! みたいになってます。 … このレビューの続きを見る

いやぁー面白かった。 これまで謎に包まれていた零崎三天王の最後の人、曲識さんがやっとこさ竹さんのイラストで見れました〜 刀語が終わってまだ3か月、相変わらず西尾先生の仕事が早い! ネタバレになるので… このレビューの続きを見る

買ってきた。感想?を適当に 方針転換したのだろうか。 かなり露骨な…… 一応それぞれのエピソードは完結してるんだけど、「小さな戦争」の情報を小出しにしてきているので、次巻への期待ばかりが募る。 《零崎》と《匂宮》が偶発的に共同戦線を張ったとかそんな感じの話は描かれるのだろうか。 おまけはこんなんですよ。 橙なる種の能力値は∞だった。 ネタバレ含 ↓

 この間、講談社でサイン本の販売があった 西尾維新さんの新刊がAmazonさんでも予約できるようになってましたよ。 零崎シリーズなんですね これが掲載されている雑誌は買ってないのでよくわからんのです。 次は「りすか」かな〜? 戯言っぽい新作も読みたいなぁ〜… ちなみに、ちょっと高いなぁって思っていたら、トレカが付いてました。 個人的にはトレカよりもしおりとかのほうがよかったなぁ。

関連する商品