DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 卒業 - 東野 圭吾 のレビュー全30件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 卒業 (講談社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

卒業 (講談社文庫)
卒業 (講談社文庫)で自分のブログにレビューを書く

卒業

おすすめ!3.3 [3.3](30件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:36183位
  • Amazon価格:¥ 637
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4061844407(講談社)
卒業 (講談社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(30件) 3.3 [3.3]

卒業

23:20:By 読書家宣言

  

東野圭吾氏の 『卒業』 を読了。 「加賀ってどこからがはじまりなんだろう」 そう思って漁りだしたら20年前! なんと、東野氏デビュー二作目から登場であった。 ゆえに、本作は幾分古めかしい感じがする。 … このレビューの続きを見る

女子高で起きた密室殺人。乱歩賞受賞の傑作校内の更衣室で生徒指導の教師が死んでいた。アーチェリー部の指導教師が警察との交渉役にされ、何者かに狙われる。運動会の仮装行列でついに第二の殺人事件が! (放課後… このレビューの続きを見る

卒業

21:20:By かきなぐりR

今ではすっかりメジャーな方になってしまいましたが、コチラは初期作品となっています 以下、続きにて

 トリックが複雑すぎた。複雑すぎてもはや理解しようと言う気にならなかった。それでも引き込まれたのはトリックだけが全てではないということ。読み応えはあったが、殺人の動機としてはどうか。それに、彼らの友情というのはガラス細工のような脆いものだったね。読後に寂しさを感じた。

【本】卒業

10:42:By BRiCK

正直、東野作品を読むことはないと思ってた。(知っていた作品のページ数の関係でw)

3.3

卒業

18:06:By my favorite

 東野圭吾の加賀恭一郎シリーズ一作目。「赤い指」や「新参者」「麒麟の翼」など、今では映画やドラマにもなった阿部ちゃん演ずる加賀恭一郎。その彼がもしかしたら初めて触れた事件がこの小説ではないだろう… このレビューの続きを見る

3.3

加賀が固い。。。

00:24:By 日新

週1の更新をなんとかぎりぎり続けておりますが。。。今回読んだのは『卒業』加賀恭一郎シリーズの第1作目!実はこのシリーズまだ1作も読んでない。。というのも、この「卒業」という本は大分前から購入して家の… このレビューの続きを見る

3.3

卒業

10:58:By Film Rider

東野圭吾

以前に新刊や〜と買った「赤い指」が加賀恭一郎シリーズで、こういうのは最初から読まないと気が済まないので、ずっと古本を探してましたが、東野さん人気でなかなか見つからず、かなり時間が経ってしまいました。 … このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 ドラマ「新参者」が記憶に新しい 加賀恭一郎シリーズの第一作目。 加賀さんが大学生の頃の話です。 親への反抗心、恋愛 etc… 青臭い感じの加賀さんが実に新鮮です。 それでもその頃から変わ… このレビューの続きを見る

3.3

卒業

22:51:By Drop

電車での移動中にと購入したんですが 読みごたえ満点で面白かったです。 最近ではドラマもやってました。終わってしまったけど・・ 阿部さんと加賀の雰囲気合いすぎ(笑)

卒業

20:51:By momoの本箱

JUGEMテーマ:読書 加賀恭一郎シリーズの第1作目。 大学時代の加賀恭一郎のすぐ近くで起こる事件。 最後まで犯人が誰なのか、全くわかりませんでした。 続きが気になってどんどん読んでしまいました。 恭さ… このレビューの続きを見る

俺ははっきりしていることは口に出す主義でね・・・   まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング 【あらすじ】 7人の大学4年生が秋を迎え、就職、恋愛に忙しい季節。ある日、祥子が自室で死んだ。… このレビューの続きを見る

先週温泉に行った時に母からまわって来た本。トリックが面倒くさくて、図解もあったのですが、その辺りは飛ばして、なぜ事件が起ったのか、という登場人物周辺の人間関係を理解して終了。後で母に、「トリックちゃんと読んだ?」と聞いたら、「んなわけないじゃん。」とあっさり。

3.3

卒業

23:59:By Gen's Blog

2010年最初のレビュー。 加賀恭一郎の初登場作品。 正直、最近の作品に比べると、登場人物の想いなどの表現が 少ない気がする。。 読み終わっても、もやっとしたものがどこかに残っているような。。 トリックも少々複雑過ぎるきらいも。。 けど、加賀シリーズは既に何冊も読んでいるだけに、その原点の ような感じで、なんだか新鮮だった。。

3.3

卒業

23:49:By sablog8

2つ目の事件のトリックが理解不能。 そのあたりをとばしても、十分おもしろくて大丈夫だったけど 理解できたらもっとおもしろいんだろうなと、少し残念でした。 読書好きの義姉に、本を読んでいる話をしたら 東野圭吾さんの本を3冊貸してくれたので 当分読み続けることになりそうです。 そんなに根詰めて大丈夫か?っと自問してみたら まだ飽きてないよ。と返事があった。

JUGEMテーマ:東野圭吾 だいすきなミステリ小説 もちろん、東野圭吾も昔からすき でも、古い作品は読んだことがあまりなくて これは加賀恭一郎が刑事になる前のストーリー そもそも、加賀シリーズを読んだことが… このレビューの続きを見る

3.3

卒業/東野圭吾

11:44:By

卒業を控えた大学四年の秋、一人の女子大生が死んだ。親友・相原沙都子は仲間とともに残された日記帳から真相を探っていく。鍵のかかった下宿先での死は自殺か、他殺か。彼女が抱えていた誰にも打ち明けられない秘… このレビューの続きを見る

朝、ちょっと寒いな…と子どもたちにタオルケットを掛けながら思う。 大好きな秋が来るのに、就活で心から秋を楽しめない  園に出かける準備万端で出かけるも、何だかポツポツ。 傘を持つかぁ〜と、1回に戻っ… このレビューの続きを見る

 内容(「BOOK」データベースより) 大学4年の秋。就職、恋愛に楽しく忙しい仲よし7人組・その中の一人、祥子がアパートの自室で死んだ。部屋は密室。自殺か、他殺か!?残された赤い日記帳を手掛りに、死の謎を… このレビューの続きを見る

『(中略)――卒業したら過去が消えるとでも考えているのかい?』 『大丈夫なんだよ』『慣れてしまえばなんでもない』 『卒業おめでとう』 後の加賀恭一郎刑事、最初の事件です。 彼を含む七人の大学生グルー… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:ミステリ先日に引き続き加賀恭一郎シリーズです。卒業を間近に控えた7人の大学生。ある日そのうちの1人が自室で死亡します。自殺なのか他殺なのか、その真相を求める加賀恭一郎。そんな中、残りの6人… このレビューの続きを見る

7人の大学4年生が秋を迎え、就職、恋愛に忙しい季節。ある日、祥子が自室で死んだ。部屋は密室、自殺か、他殺か?心やさしき大学生名探偵・加賀恭一郎は、祥子が残した日記を手掛りに死の謎を追求する。しかし、第2… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 7人の大学4年生が秋を迎え、就職、恋愛に忙しい季節。ある日、祥子が自室で死んだ。部屋は密室、自殺か、他殺か?心やさしき大学生名探偵・加賀恭一郎は、祥子が残した日記を手掛りに死の謎を追… このレビューの続きを見る

Wikipediaによると東野圭吾さん2冊目の小説。1986年刊行。 久しぶりに東野さんに触れて、また夜眠れませんでした…(色んな意味で)。 ちょっとした外の物音にもビクッとなり、手を震わせながら読み、 つ、次のペー… このレビューの続きを見る

 加賀恭一郎が初登場する作品ということです。  学生寮の一室での密室殺人、おお、と思い読み進んでいくうち、なんか茶道の話とか訳の分からない図解が数ページ出てきたりとか、茶道のサの字も知らない私は撃沈されました(笑)  あと表紙ダサすぎ。

大学の仲間同士の間で起こる、謎の死を巡るミステリ。 自殺なのか他殺なのか、仲間の中に犯人がいるのかを探る…。 大学が舞台…なのはいいんですが、 事件の重要なトリックになっている「雪月花」が なじみがうすいゲームなので、 読み解くのがちょっとつらかったですね^^; なので、事件の真相を暴く…のもちょっと大変です。 東野氏初期の作品なので、やや強引な感じもしますね^^;

なんだか・・ 私のオツムがダメなんですけど。>< お茶のゲーム? 雪月花についていけなくて その部分を流し読みしてしまいました。とほほ。

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品