DB Error: connect failed 今夜、すベてのバーで - 中島 らも のレビュー全16件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 今夜、すベてのバーで (講談社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

今夜、すベてのバーで (講談社文庫)
今夜、すベてのバーで (講談社文庫)で自分のブログにレビューを書く

今夜、すベてのバーで

おすすめ!3.3 [3.3](16件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:12542位
  • Amazon価格:¥ 605
  • ユーズド価格:¥ 34
  • ISBN/ASIN:4061856278(講談社)
今夜、すベてのバーで (講談社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(16件) 3.3 [3.3]

結構、評価高いんだね・・・ 私がこの本、いやアルコール依存症に嫌悪感を覚えたのはきっと、父のせいだろう。 子どもの頃から、父親は酔っぱらっては私たちにできない約束をし、約束を破るのはしょっちゅうだ… このレビューの続きを見る

主人公がアルコール依存症になって、入院する話。 アルコール依存になる過程や病院のできごとまでは面白かったけど、最後はあっさり退院。 めでたしめでたし! つまらん!! 退院してあっさり終わる訳… このレビューの続きを見る

「普段からこんな色かね?」目の色、肌の色が黄色いことを軽口で受け流しながらも入院することとなった小島。35歳で死ぬよと言われつづけてきたが、まさに死のうとしているのか。 ある中男の面白おかしい入院騒動… このレビューの続きを見る

主人公の小島容(いるる)が医師に黄疸を診断されるところからこの小説は始められる。黄疸となった原因は小島のアルコール依存症が原因だった。バイトで食いつないで、三十代になってから文筆業の人間として独立し… このレビューの続きを見る

人に薦められ GW中に読んだ。 面白い。 アルコール依存症のテキストとしても使える? かな??

○ストーリー 完全無欠のアル中患者として緊急入院するハメになった主人公の小島容。全身ボロボロの禁断症状の彼方にほの見える“健全な生活”。親友の妹さやかの往復パンチ的叱咤激励の闘病生活に次々に起こる珍妙な… このレビューの続きを見る

  中島らもさんの「今夜、すべてのバーで」  を読みました 図書館で借りては 読めなくて返却日が来、 また借りる、を何度となく繰り返した本 今日やっと 読み終えました 感想はよかった  です 生前 関西の番組に出ていたらもさんは とても気になる存在でした そういえば 雰囲気がうちの兄貴にちょっと似てるかな またいい本に出会いたいです

 今夜、すべてのバーで  著者 : 中島らも  受賞歴 : 第13回吉川英治文学新人賞 受賞         第4回山本周五郎賞 ノミネート

この作品は、小島という男がアルコール依存症で入院してから退院するまでの話で、 フィクションということになっているけど、中島らも本人の実話だと思って読んでいた。 実際、あとがきにもほぼ実体験だと書いてい… このレビューの続きを見る

3.3

連休終了

12:36:By すみわけ2

短かった今年の連休は、飲んだり食べたり太ったりしていたけど、 最終的にはアル中について考えていた。 執筆から約15年後、酔って落下して亡くなってしまうんだよね、らもさん。 ところで、ブログサービス変えました。 画像に意味はない。

アルコール依存症の話。 借金とかアル中とか、大きな話題にはならないけどたくさんの人が苦しんでいることって多いんだろうな。

「中島らも面白いよ。すすめた人、みんな面白かったって言うよ」と言われ、貸してもらった1冊。 やっと読み終わりました 1ヶ月近くチビチビ読んでました。 内容は、 アルコール中毒で病院にかつぎこまれた… このレビューの続きを見る

このコーナーでは、私が気に入ったお店やスポットなどを紹介しようと思います。 カテゴリのタイトルは、中島らもさんの名著、「今夜、すべてのバーで」のパロディです。

JUGEMテーマ:読書  吉川英治文学新人賞受賞作。  自身もアル中だったんだそうな。 ということはこれはノンフィクションでしょうかね(笑)  そして、2004年にお亡くなりに・・・。  体を壊してかと思… このレビューの続きを見る

なんか題名のセンスが良くて古本屋さんで購入。 すべてのバーで・・・なんだろう、と思っていたらアル中の話でした。 もっとオサレな展開を予想してたんだけどな 笑 著者の実話をもとにした小説らしく、 な… このレビューの続きを見る

関連する商品