>
[Amazon] 桜の森の満開の下 (講談社文芸文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

桜の森の満開の下 (講談社文芸文庫)
桜の森の満開の下 (講談社文芸文庫)で自分のブログにレビューを書く

桜の森の満開の下

おすすめ!3.4 [3.4](9件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:230453位
  • ユーズド価格:¥ 145
  • ISBN/ASIN:4061960423(講談社)
桜の森の満開の下 (講談社文芸文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(9件) 3.4 [3.4]

 今日の写真は、マロウ(薄紅葵)のハーブティーです。咳や喉の病気に有効だそうです。花粉症にもいいそうですよ。乾燥させた花をティーカップに入れてお湯を注ぐとインクを落としたような青色からゆっくりと… このレビューの続きを見る

 桜をみに散歩に行った日、カバンに文庫本を二冊いれていった。  梶井基次郎の 『桜の樹の下には』 と、坂口安吾の 『桜の森の満開の下』 が、それぞれ所収されている短編集。 『檸檬』  梶井基次郎  新潮社 1997年12月  (『桜の樹の下には』所収) 『桜の森の満開の下』 坂口安吾  講談社 1989年4月  (『夜長姫と耳男』所収)

朝は鬱々とした気分で更新しておりました。 完璧なる独り言。お寒い限りでございます。。。 さて、そんな中ですが、その数時間後には。こちら↓ 桜見たって話ですよあの朝から、数時間後、普通に へらへらして桜見… このレビューの続きを見る

狂っている狂っている狂っている。 おぞましいほど狂っているのに、どうして美しさを孕んでいるのか。 だからこそ人は、日本人は、桜に惹かれ続ける。 講談社文芸文庫というのは嘘で、青空文庫で読破。 次は夜長姫と耳男。

ふんわりと淡いピンクが風にそよいで、髪に肩にはらりと降りかかる花びらたち・・・満開の桜に目をうばわれる、そんな季節に読み終えた本。 『小さな部屋』、『禅僧』、『閑山』、『紫大納言』、『露の答』、『桜の… このレビューの続きを見る

たまに気持ち悪い本が読みたくなる。そういう緩い態度で読み始めると、あっという間に差し込まれる。すごい、すごい。迫力が違う。確か読んだ事があったと思ったが気のせいかもしれない。読んでいたら忘れたはずが… このレビューの続きを見る

女が首遊びをする 首遊びの想像力が生々しくって完璧だ 正気ではとても書けない おぶって森へ帰るとき鬼だと気づいた男は 紫色になった鬼を殺したあと 桜の満開の下で坐ってられたこと 戻るところがなくなってしまったこと 女も花びらになってしまった 男も花びらになってしまった 女の美しさと男の強さと無垢さが悲しかった

最近のオススメということで、今日はこの作品を紹介します。 坂口安吾の「桜の森の満開の下」です。 寓話性のつよい話で、現実味があるというよりはどこか幻想的な世界を感じさせます。途中の場面で、山に住む… このレビューの続きを見る

彦根城は築城400年ということで 見物人も多い。 城の中や周りの桜は満開だろう。 渋滞してるので今年は桜を見ていない。 桜を見なければ死んでしまうというわけでもない。 芹川の土手には満開の… このレビューの続きを見る

関連する商品