>
[Amazon] 白洲次郎 占領を背負った男

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

白洲次郎 占領を背負った男
白洲次郎 占領を背負った男で自分のブログにレビューを書く

白洲次郎 占領を背負った男

おすすめ!4.7 [4.7](3件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:111190位
  • Amazon価格:¥ 1,944
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4062129671(講談社)
白洲次郎 占領を背負った男のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(3件) 4.7 [4.7]

なにこの人、めちゃかっこいいんですけど。火拳のエースやん。 見た目だけじゃなくて、内容もブ厚い。人生のバイブルだってって人も多そう。 書き残したいことがたくさんあるけど、あまりに多いのでひとつだけ… このレビューの続きを見る

「白洲次郎 占領を背負った男」北 康利 405p講談社 白洲次郎だけでなく 祖父退蔵 父文平、の話も。 日本国憲法のできる様子とかスリリング。 アメリカ人が 日本をもてあそんでいる様子に カチンと来る。 でも そういう 歴史も知らない自分が 恥ずかしい。 昭和という歴史も こうやって読むと また味わいが違う。

白洲次郎ほどの人の人生ならば、誰が書いてもそれなりの本が書けるかも知れないけれど、北康利氏の文章は読みやすく美しい日本語表現で、心を打つ。 疑いなく白洲次郎は戦後の日本にとって、最も重要な人物の一人だったけれど、今の時代に、そして将来に、こうした人物はやはり必要で、でもこれほどの人物を輩出する土壌があるのかしらんと不安にも思う。

関連する商品