>
[Amazon] 一瞬の風になれ 第一部 -イチニツイテ-

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

一瞬の風になれ 第一部 -イチニツイテ-
一瞬の風になれ 第一部 -イチニツイテ-で自分のブログにレビューを書く

一瞬の風になれ 第一部 -イチニツイテ-

おすすめ!3.8 [3.8](80件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:257477位
  • Amazon価格:¥ 1,512
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4062135620(講談社)
一瞬の風になれ 第一部 -イチニツイテ-のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(80件) 3.8 [3.8]

3.8

2学期開始

22:11:By 心は丸く、

内容(Amazonより) 主人公である新二の周りには、2人の天才がいる。サッカー選手の兄・健一と、短距離走者の親友・連だ。新二は兄への複雑な想いからサッカーを諦めるが、連の美しい走りに導かれ、スプリンターの… このレビューの続きを見る

まさに青春小説。さわやか。 高校の陸上部を舞台にした、部活っていいよなーって思わせてくれるお話。 あだち充的な世界が繰り広げられてます。 陸上をやってた人が読んだらノスタルジーに浸れて面白いことこの… このレビューの続きを見る

速くなりたい、あいつよりも。 『一瞬の風になれ ?イチニツイテ』 佐藤多佳子 お勧めのスポーツ小説ということで紹介してもらいました^^ 気にはなっていたんですけど、 今まで手を出さずにいたので読むチ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 この本は面白かったですね〜 高校陸上部の物語なんですが すごくリアルでなんか昔を思い出したしまいました。 舞台は、神奈川県の高校(麻溝台高校)がモデルみたいですが 全国の大会に出るには予選からこんなに走らなければいけないのかと 陸上競技について始めて知りました。  コミックにもなっていますが やっぱり小説のほうが想像が膨らみますよ。

 【あらすじ】 偉大なサッカープレーヤーである兄の影響もあり、高校ではサッカーを続けることを断念した新二。彼は、サッカーに代わる何かを見つけようと、親友の連と共に陸上部に入部することを決意する。… このレビューの続きを見る

佐藤多佳子さんは「しゃべれどもしゃべれども」から好きなのだけど、これは出た途端にバーッと売れたので、逆に読みそびれてしまい、今ごろになってようやく図書館で借りて読了。おもしろかった! 3巻の終わりの… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:活字中毒〜読書記録〜 大好きなスポーツ小説!陸上もの。 春野台高校陸上部の神谷新二。天才的なスプリンターで幼なじみの連と入った陸上部での青春ストーリー。 あさのあつこの『バッ… このレビューの続きを見る

サッカー一家で育った俺はサッカーを辞めることにした。 才能もあって努力もする兄貴が眩しすぎたんだ。 幼なじみの連と一緒に選んだ高校では陸上部を選んだ。 連はめちゃめちゃ綺麗な走り方をするのに マイペース… このレビューの続きを見る

「BOOK」データベースより、第一部 春野台高校陸上部、一年、神谷新二。スポーツ・テストで感じたあの疾走感……。ただ、走りたい。天才的なスプリンター、幼なじみの連と入ったこの部活。すげえ走りを俺にもいつか。… このレビューの続きを見る

3.8

好みの問題

00:20:By HoliHoliday

  ちなみにこちらが本屋さん大賞2007。 こちらもイマイチでした。 マンガっぽくて。

もとはと言えば、この本をオススメされたんです。 でも、図書館でいっぱいだったので、しばらく放置。 その間、『しゃべれどもしゃべれども』を読んで、作者違うけど『バッテリー』読んで、『黄色い目の魚』読んで… このレビューの続きを見る

 大分前に友人に勧められていたものの、文庫落ちもしてないし…、と思ってたらブック○フで見つけたので買ってきました。1のみ。本屋大賞受賞、吉川英治文学新人賞を取った作品。青春小説は好きな方だし、ちょ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 今年最初のレビューは、こちらの本です。

一瞬の風になれ

01:48:By One Or Eight

JUGEMテーマ:Book reviewJUGEMテーマ:小説全般 努力、友情、勝利!! と言うお約束を良い意味で破らないお話でした。非常に爽やかでした…。 出版社/著者からの内容紹介 「速くなる」 ただそれだけを目指… このレビューの続きを見る

3.8

スパイク

07:41:By ゆあたり

この小説は大人が読んでも面白いのでぜひ。 漫画本にもなってるけど、そっちは2巻で大失速したんで 活字でおすすめ。 で。 武道具屋と同じくらい、楽しいのがスポーツショップ。 きゅうたがスパイクの… このレビューの続きを見る

2008年おすすめ小説ベスト3を大募集! 二度目のトラックバックに挑戦! これから先は、BL(同性愛)を含む内容がありますので、気をつけて読んで下さい!

JUGEMテーマ:読書 ひっさしぶり、というか小説では初めてじゃ? がらにもなく青春スポーツ小説を読んでみたりなんかしちゃったりして。 読む気になったのは、佐藤さんの作品の『しゃべれどもしゃべれども』が… このレビューの続きを見る

3.8

一瞬の風になれ

09:56:By Title of mine

今日は 「一瞬の風になれ」 をレビューしようと思う!! 私の一番大好きな本、私の中で本当に大切な本。 本当に本っていいな!って思えた。たくさんの人に読んで欲しい・・・ まぁ、この作品はもう… このレビューの続きを見る

有名だったのは知っていたけれど、 有名であるが故に手が出せなかった系の作品。 みんなが「感動しました」と言っていると 読みたくなるものと自分は読まないと思ってしまうものがある。 正直後者だった。 … このレビューの続きを見る

過去に全国7位の実力を持ちながらも陸上を辞めてしまった連、部活に絶対入りたくないと言っていた。スポーツテスト50m走、新二が勝負を挑む。連の速さを体感した新二が胸元ひっつかんで「おまえ、陸部、入れ」と言… このレビューの続きを見る

あらすじ 「速くなる」 ただそれだけを目指して走る。 白い広い何もない、虚空に向かって…………。 春野台高校陸上部。とくに強豪でもないこの部に入部した2人のスプリンター。ひたすらに走る、そのことが次第に… このレビューの続きを見る

春野台高校陸上部。とくに強豪でもないこの部に入部した二人のスプリンター。ひたすらに走る、そのことが次第に二人を変え、そして、部を変える―。思わず胸が熱くなる、とびきりの陸上青春小説、誕生。  マガスペのほうで漫画は読んでるけど、そっちでは合宿なんてあったっけ……? (追記:6月号からはじまった!)

去年の本屋大賞受賞作品だったような。 高校生の青春ものってことで、特に興味はなかったんですが、少し前に買った別冊カドカワの民生特集で、この作家さんと民生が対談していまして。そこでこの作品の中に民生の… このレビューの続きを見る

今更読んだ。2時間はかからず読めるかな。 とりあえず私は新連が好きだ。新二より連のがすきもな〜なんて思ったり。 兄弟はまだまだ事件が出てないから何にも言えない。っていうかどんだけ読んでもお兄ちゃんが亮ちゃんと結び付かない… 作品自体は面白いとは思うけど、同じスポーツなら私はバッテリーのが好きだな。どこが好きってわけじゃないけど。 あと2冊も頑張って読むぞ!

舞台は高校の陸上部。 あとサッカーと。 どちらにも縁はないけれど (唯一あるとすれば、舞台が神奈川県) それでもテンポがよく読みやすいのと、 キャラクターがはっきりしているのと、 そんなこんなでお… このレビューの続きを見る

前の本がアレだったたんで、かなり爽やかめと聞いている本をw 今まで陸上モノなんて読んで面白いか!?!?と運動神経−∞の弥生は言っておりましたんですがヾ(゜∀゜)ノ笑 「ああ爽やかな青春が読みたい・・・」と思… このレビューの続きを見る

もうちょっと待ったら帯に博貴の顔写真が入るんだろうな、と思ったんだけど、待ちきれなくてとりあえず1巻購入。横アリの1往復で読破。勿体ないからもっとゆっくり読もうと思うんだけど、この厚さに時間をかけるこ… このレビューの続きを見る

やっと読み終わりました!て、手元に来たの、3回目なんです(><)読み終えるまでに返却日が来てしまって;; 私が読めたと言う事は、おもしろいッて事ヾ(。´∀`。)ノ゙ あらすじは、主人公神谷新二くんの陸上のお… このレビューの続きを見る

この本は「吉川英治文学新人賞」を2007年に受賞しました。 新人賞をとった作品なので読みたいと思っていたら、 読書好きの姪と姉がこの本を薦めてくれました。 図書館で予約してやっと手元にきました。 夕… このレビューの続きを見る

出版社/著者からの内容紹介 「速くなる」 ただそれだけを目指して走る。 白い広い何もない、虚空に向かって…………。 春野台高校陸上部。とくに強豪でもないこの部に入部した2人のスプリンター。ひたすらに走る、… このレビューの続きを見る

シリーズものってあんま好きじゃないんですけど、これは3部あっというまに読めました。 サッカーの才能が無いけど足だけはめっちゃくちゃ速い男の子が、サッカーから逃げるように陸上を始め、ライバルと一緒に成長していくお話です。 これも高校1年生の話だし、共感できる部分は多々あります! ていうか読みやすい本しか紹介しないんでみんな読んで欲しいです。

今この本にはまってます。陸上の話です。運動おんちな私にとってはこの話ゎ憧れ。読んでみてねぇ〜。

JUGEMテーマ:読書 読書期間:2007/11/5〜2007/11/6 【吉川英治文学新人賞(第28回)】【本屋大賞(第4回)】サッカーに限界を感じた新二と、やる気のない天才スプリンター連。とくに強豪でもない春野台高校陸上部に入部した幼なじみの2人。それがすべての、始まりだった−。思わず胸が熱くなる、とびきりの陸上青春小説。

書くの忘れてた; めっちゃわくわくしてどきどきしながら読みました 最初の方は一人称に違和感あったけどそれがだんだん気に入ってきた 主人公の新二が天才じゃないのがいいよ! 周りに連とか健ちゃんみたいな… このレビューの続きを見る

注目っ!!(笑) うん、これ、一瞬の風になれです★ ただ、それだけです。(笑)第何部かあるんだね。

ハマちゃん

22:54:By .uoo*blog

●「文庫じゃねえから、カバンに入らないんじゃ……」そんな理由で敬遠してたのですが、評判が良いので読み始めました。 陸上のお話。まだ一冊目の前半しか読んでないけど、懐かしい感じがする。なぜかっつうと、高校… このレビューの続きを見る

一瞬の風になれ

17:24:By pipo

元気と爽快がほしくて小説を読むことにした。こうなったら冒険はせず、前から気になってたものに直行。第3部まであるんだけど、昨日からぶっ続けで読破しました。 いやー、読んでよかったー。まさに青春!ブルース… このレビューの続きを見る

若いなあ。高校生って若いなあ。しみじみそう思う。 陸上部で、"走る"ことにただひたすら打ち込む高校生を描く本作を読むと、本当に高校生って若い、高校生って良いなと思える(自分の高校時代がろくすっぽ良いもの… このレビューの続きを見る

わくわくした。胸が熱くなった。鳥肌が立った! 自分がスポーツできないからかもしれませんが、才能のある人がぐんぐん力を付けて勝っていくシーンは、見ているだけで爽快ですね。 速いランナーに少しでも近… このレビューの続きを見る

春野台高校陸上部。 とくに強豪でもないこの部に入部した二人のスプリンター。 ひたすらに走る、そのことが次第に二人を変え、 そして、部を変える―。 思わず胸が熱くなる、とびきりの陸上青春小説、誕生。… このレビューの続きを見る

青春だ――――――― この本、しっかり3冊厚いから、 時間かかるかな〜と、思っていたのですが、 あっという間に読めました。 それだけおもしろかった。ってことです。 陸上にかける高校生達の話。 ん〜… このレビューの続きを見る

暑い。熱い。すばらしい。彼らが走るたびに息が止まるようになる。ゴールするたびに自分の体温が上昇するのが分かる。 第一部ではまず走ることだった。 天才ストライカーの兄、天才スプリンターの親友。その位… このレビューの続きを見る

主人公である新二の周りには、2人の天才がいる。サッカー選手の兄・健一と、短距離走者の親友・連だ。新二は兄への複雑な想いからサッカーを諦めるが、連の美しい走りに導かれ、スプリンターの道を歩むことになる… このレビューの続きを見る

もうなんかすごい。 いい!! 生まれたときから類稀な才能を発揮してきた、一ノ瀬連。 自分の奥底に秘めた才能を徐々に開花させていく、神谷新二。 二人は走る。お互いに負けたくない気持ちを一本の… このレビューの続きを見る

読めば読むほど、引き込まれていく。 そんな感じがした。 陸上を知らない人でも夢中になれる。 一緒に走っているかのように、ドキドキしてくる。 ああ、走ってみたいな。そう思えてくる。 スポーツや部活… このレビューの続きを見る

3.8

一瞬の風になれ

20:46:By みずあそび

今年の二月頃から四月にかけて読んでいた本屋大賞受賞作! 最初は、主人公新二の一人称でハナシが語られるのに慣れなくて すごく読みにくく感じたのだけれど 途中からハナシにのっていけて、すらすらと読めまし… このレビューの続きを見る

昨日三冊とも一気に読んでしまった; お陰で寝不足さ。三時間睡眠さ。 爽やか〜なお話でした。

本屋大賞受賞!とかでけっこう話題だったらしい。 かっつんが(おそらく)タケに読ませようといつのまにか全巻購入。 なにげなくパラパラ読んでみました。 40すぎの女性が高校生男子の一人称で書くってのがす… このレビューの続きを見る

サッカーの天才の弟でありながら、思うようにうまくなれず挫折した新二は、幼馴染の連とともに短距離走をはじめる。「かけっこしようぜ」天才の連の言葉に、新二は…。 今イチバン人気のこの小説、図書館で回って… このレビューの続きを見る

本年度本屋大賞作品。だそうで。 3巻完結作品です。 正直な感想はというと 大賞といわれるとう〜ん?と首をかしげるかな… 丁寧に、高校生活における陸上と青春をなぞってあり、 葛藤もあり、キャラクタも彩… このレビューの続きを見る

ずっと読みたかった本。 やっと図書館に入荷されて、タイミングよくその入荷したところに居合わせたのですごくラッキーでした。 3部作のうちの第1部。 このあとまだまだ続くと思うと、とても楽しみです。 主人公が兄や親友に対する劣等感に、どう向き合っていくのか。 陸上選手として成功するんでしょうか??? この先が気になります。

先日本屋さんで2007年の本屋大賞の本が紹介してありました。 本屋大賞は2004年から始まったそうですが、これまでに「博士の愛した数式」「夜のピクニック」「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」が受賞して… このレビューの続きを見る

おもしろい。 これはおもしろい。 今日の放課後図書館で見つけて、今一冊目読み終わりました。 これはいい。 私の好きな小説です。 ほんとにおもしろいです。 こんなにわくわくしながら… このレビューの続きを見る

面白かったです。「一瞬の風になれ」 主人公と一緒にドキドキしたり、そうだよねぇと共感したり。何か一緒に走ってるよな気分になります。リレーのシーンとかちょうど私もリレーに出てたので、タイムリーですごい… このレビューの続きを見る

本屋大賞受賞の文字に惹かれて手に取ったこの本。 高校生の友情やら青春やら恋愛やらが、とてもみずみずしく描かれている。 ほんとフレッシュすぎて、まぶしいくらい。 同じ視点では読めないが、これから何にでもなれる、何にでも打ち込める高校生がうらやましいと思った。 小学6年の息子も、とても気に入って読んでいました。

三部構成のお話の、第一部です。 少女の一人称の小説は結構あるけど、少年の一人称の話は珍しいな…と思いました。 (ジュブナイル向けは除外) サッカーの才能に恵まれた兄を間近で見て育ち、自分の才能に見切り… このレビューの続きを見る

 ラジオも聞いていますが、本の方も平行して読んでます。  いやあなかなか面白いじゃないかコレ!スポーツとは無縁な人間なのであまりこういう世界のことはわからないが、門外漢の私でも結構グッとくるフレーズ… このレビューの続きを見る

本屋大賞に選ばれたということだけで読み始めたわけですが、陸上の話なんだけど、意外とサッカーの話が多いのだ。 主人公は中学までサッカーをやっていて、サッカー名門高校への入学に失敗し陸上を始める。舞台… このレビューの続きを見る

 まだ三部作の中の一作目なのでなんともいえないけど、あさの先生と石田衣良先生を足して2で割った感じ?文章が軽くて軽くてどっかとんでっちゃいそうだったのを、つなぎとめて読んだ感じでした。話としてはありがち?

ちょ-おもろい!! 陸上してなくったっておもろい! 青春物語★! うちはまだ1巻しかもってないけど…。 おススメちょ-♪

本屋さんで適当にページを開いてみて、人間描写の上手さに関心。 思わず買っちゃいました。 主人公が部活に打ち込む青春物語。 しかし、ただの青春ものと侮るなかれ。 物語がヒートアップすることなく、静か… このレビューの続きを見る

本当は別の本を買うはずだったのに、 つい平積みされていたので衝動買い。。。 ヤバイよ〜 超面白い。 主人公が元サッカー少年で高校になってから陸部に入る話。 人間描写がうまいんですよ。。。。 3部構成で1部までしか読んでないですけど 本屋大賞これは確かになります ああ、早く続き読みたい〜〜〜〜〜〜!!

「速くなる」 ただそれだけを目指して走る。 白い広い何もない、虚空に向かって…………。 春野台高校陸上部。とくに強豪でもないこの部に入部した2人のスプリンター。ひたすらに走る、そのことが次第に2人を変え、そして、部を変える。「おまえらがマジで競うようになったら、ウチはすげえチームになるよ」思わず胸が熱くなる、とびきりの陸上青春小説、誕生。

この本はめっちゃ良いよ 暇な人読んでみてw 高校の陸上部の話なんだけど、めっさ面白いからっ!! てか、私的には面白かった(笑) 何回も読んじゃうぐらいだからww 私が陸上をもう一回やってみようって思… このレビューの続きを見る

すみませんまだ読んでません。 「読んでみたい本」ということで一つ、取り上げてみました。 2007年の本屋大賞を受賞したということで、 今、多くの書店さんでフェアをやっているのでご存知の方も多いかと。 … このレビューの続きを見る

図書館の貸し出しを、ずっと狙っていたんだけど、なかなか”1”が返却にならない・・・。いつも”3”だけが置いてある。 これは、やっぱり”1”から読まなくてはいけない!!! という決心のもと、かなり我慢してい… このレビューの続きを見る

今年の本屋大賞、この作品でしたね。 いや、まだ読んではいないんだけど ずっと気になってはいたんです。 やっぱりおもしろいんだなぁ。 本屋大賞で大賞をとった作品に 今のところはずれはないので この機会に買って読んでみようかな。 3冊あるのがちょっと・・・だけど^^;

去年の11月に、このブログでも紹介した「一瞬の風になれ」(全3巻)が 今年の本屋大賞に決まったそうです。 陸上部の少年たちの成長を描いた “みずみずしい”という形容詞がぴったりのこの作品が この受賞うぃ… このレビューの続きを見る

うーん。若いっていいね。 2007年本屋大賞が発表されました。 見事、第1位に輝いたのは御覧の通り「一瞬の風になれ」の佐藤多佳子さん。 2位は森見登美彦さんの「夜は短し、歩けよ乙女」 3位は三浦しをん… このレビューの続きを見る

高校時代に気持ちをぐぐっと引き戻させてくれて、 尚且つ、親しい友人と対話しているような気持ちになる、温かい本。 あぁすごく良かった、私的に? 私が陸上やっていたのは中学生でしたが、 すっごい懐かしく… このレビューの続きを見る

<速くなる。もっと、速くなる> 神谷新二と一之瀬連は、親友同士。揃って、春野台高校に入学する。そこで見た連の走りを追って、陸上部に入部する。4継(400mリレー)の虜となる。天才ランナー連に憧れ、… このレビューの続きを見る

スポーツは自分でやろうと思わない、テレビでスポーツ中継、見ようかな…と思っても忘れてしまってほとんど見たことがない、スポーツを題材にした小説ってのも考えてみればあまり読んだことがないかも…で手に取りま… このレビューの続きを見る

 「今頃、やっと1巻を読んでいるの?」と笑われると思いますが、ようやく 1巻に手をつけました。   この本を読み始めるのが遅れた理由は、それほどスポーツ小説に興味が湧かな かったのと、全3巻… このレビューの続きを見る

 連の左手がすっと水平に上がる。俺は右手を伸ばす。連の手にバトンを押し込む。引っ張られる感覚で手を離す。バトンと共に連が消えていく。この瞬間が好きだ。(本文より)  全三冊読み終えてから感想を書こう… このレビューの続きを見る

爽やかだ。 自分は ぜんぜん 陸上競技に縁が無いので 体感ないから わかんないかも… って 思っていたけど 一緒にリレーしてました…想像の中で… 早く 二部と三部が 読みたいです。 (只今 図書館で 予約中^^;)

天才サッカー少年の兄の背中を追い続けてきた新二、天賦の才能でスプリンターの名を欲しいままにできるはずの連。幼馴染の二人が高校で陸上部に入ったところから始まる物語。 男のコ目線で爽やかに語られていく、高… このレビューの続きを見る

ネームが出来ませんでした。 何故なら!!(シロ風) この本を読んでしまったからです!! 陸上にかける熱い青春ですよ〜。 とってもよみやすいです(最近京極夏彦の本を読んだから余計) タイトルがビ… このレビューの続きを見る

あさのあつこの『バッテリー』、森絵都の『DIVE!』と並び称される、極上の青春スポーツ小説。 主人公である新二の周りには、2人の天才がいる。サッカー選手の兄・健一と、短距離走者の親友・連だ。新二は兄へ… このレビューの続きを見る

一瞬の風になれ

15:50:By @Rog-FLASH!!

面白かったです、本当に! 私立受験の帰り電車の中でどうせ暇になるから・・・と買った本。 『王様のブランチ』お勧めだったから軽い期待はあったんですけどね。 昨日の夜に読み終わりました。 なんか、部活を… このレビューの続きを見る

関連する商品