DB Error: connect failed 獣の奏者 I 闘蛇編 - 上橋 菜穂子 のレビュー全51件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 獣の奏者 I 闘蛇編

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

獣の奏者 I 闘蛇編
獣の奏者 I 闘蛇編で自分のブログにレビューを書く

獣の奏者 I 闘蛇編

おすすめ!3.8 [3.8](51件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:59226位
  • Amazon価格:¥ 1,575
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4062137003(講談社)
獣の奏者 I 闘蛇編のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(51件) 3.8 [3.8]

久しぶりの上橋菜穂子さん。 やっぱりおもしろいです +   +   + 佐藤錦いただきました。 甘酸っぱくておいしい

3.8

獣の奏者 闘蛇編

08:53:By kira* kira*

JUGEMテーマ:読書 

 予告通り、「獣の奏者」読み始めました!! まずは一番最初の「闘蛇編」 「守人」シリーズとはまた違う世界観なんだけど 王獣っていう独特の獣が出てきたり、身分制度があったりする社会のなかで 王様とか、領主とかいろんな立場の人が絡んでいく様子がおもしろいと思う。 主人公のエリンが、この後どうやってうまいことやっていくのか、 最後まで見守りたくなっちゃいます!!

い、いかーん! 毎日、今日はこのことを書きたいな、と思いながらバスに乗るのに、 家にたどり着くと、お風呂に入って寝るだけの日々。 ほぼ日手帳も、すでに何ページか真っ白で。 ブログ更新できなくても、備忘録… このレビューの続きを見る

3.8

獣の奏者 I 闘蛇編

21:02:By

獣の奏者 I 闘蛇編 満足度 ★★★★★ 著者・高橋菜穂子 高橋菜穂子さんの書く小説は、本当に心を温めてくれる、そんな作品ばかりです。 すでに紹介したこともある「守り人シリーズ」もその中のひとつ。 … このレビューの続きを見る

獣の奏者

19:39:By T_plus!

 NHKアニメでやっていた(現在再放送中)獣の奏者エリンがおもしろかったので。 原作もおもしろいとは聞いていたのですが、評判通りおもしろいので今後に期待。 やっぱりストーリーもののが好きだな〜としみじみ。

「精霊の守り人」から始まる「守り人シリーズ」で上橋菜穂子さんに感動した。 上橋菜穂子さんの物語は、分類的には「ファンタジー」ということになるんだろうけど 上橋さんの物語を読むまで「ファンタジー」イコー… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 最近、NHKのアニメが面白い。 「精霊の守り人」で惹きつけられ、 そして次に来た「獣の奏者エリン」で、すごいと思った。 ■ NHKアニメワールド:獣の奏者エリン アニメというのはファンタジ… このレビューの続きを見る

獣の奏者 1

14:23:By 受賞本

 獣の奏者  著者 : 上橋菜穂子  受賞歴 : 2007年キノベス 25位

先月下旬に息子が熱を出して、予定より長く実家にとどまったころ、 朝日新聞の全面広告にこの「獣の奏者」の原作の魅力が紹介されていました。 もともとテレビアニメで放映されていたのをちょっとだけ観て気になっ… このレビューの続きを見る

  

JUGEMテーマ:読書けっして人に馴れず、また馴らしてもいけない獣とともに生きる、宿命の少女・エリン。 母が指笛を吹き鳴らしたとたん、奇跡が起こった。 だが、その奇跡を、母は「大罪」と呼んだ……。 獣ノ医術師… このレビューの続きを見る

 jugemのレビューは3つまでしかできないが、実際は?巻で完結する。一度は?、?巻で一度完結したが、NHKにおけるアニメTV放映をきっかけに著者が作品見直した結果、?、?巻と大きく話が展開していくこととなった… このレビューの続きを見る

獣の奏者 I 闘蛇編 上橋菜穂子 講談社/講談社文庫 獣の奏者第1弾。 獣とそれを操る人の話。 生まれた村では母子ともに疎外され、挙句に母を処刑され という過酷な状況を生きる主人公エリン。 この境… このレビューの続きを見る

 上橋菜穂子待望の長編ファンタジー けっして人に馴れず、また馴らしてもいけない獣とともに生きる、宿命の少女・エリン。 母が指笛を吹き鳴らしたとたん、奇跡が起こった。だが、その奇跡を、母は「大罪」と… このレビューの続きを見る

上橋菜穂子待望の長編ファンタジー けっして人に馴れず、また馴らしてもいけない獣とともに生きる、宿命の少女・エリン。 母が指笛を吹き鳴らしたとたん、奇跡が起こった。だが、その奇跡を、母は「大罪」と呼ん… このレビューの続きを見る

上橋菜穂子さんの作品は私が小学生の頃からずっと読み続けていました。 『獣の奏者』の存在を知ったのはつい最近、アニメが始まってからのこと。原作者が上橋さんだということでずっと見続けていたら、毎週毎週その… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:オススメの本 けっして人に馴れず、また馴らしてもいけない獣とともに生きる、宿命の少女・エリン。 母が指笛を吹き鳴らしたとたん、奇跡が起こった。だが、その奇跡を、母は「大罪」と呼んだ……。 獣… このレビューの続きを見る

獣の奏者

19:06:By ぶくわむ

NHKでアニメやってますよね。 一回見たことあるんですが、二週連続で見逃してストーリー気になったんで図書館で借りました。 おおまかに言うと、獣への多大な好奇心を持つ主人公エリンが、王獣という獣と出会っ… このレビューの続きを見る

3.8

獣の奏者 I 闘蛇編

22:25:By 赤と晦

  獣の奏者 ?闘蛇編/上橋菜穂子 物語の始まり、といった感じであまり盛り上がるところもなく、エリンの幼い時の生い立ち、考え方の根底を描いたような物語でした。 エリンだけではなく、その後に関係してい… このレビューの続きを見る

「獣の奏者 I 闘蛇編」上橋 菜穂子 319p講談社 獣ノ医術師の母と暮らす少女、エリン。 ある日、大切な闘蛇が 何頭も一度に死に、その責任を押しつけられて、母は 処刑されてしまう。 孤児となったエリンは… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  上橋菜穂子著『獣の奏者? 闘蛇編』を読了。  獣ノ医術師をする母と二人で暮らしているエリンは好奇心旺盛で、戦闘用の獣である闘蛇を世話する母について行っては闘蛇を眺めているような少… このレビューの続きを見る

 いいのか悪いのかわからないけど、最近とことんまでいってしまう癖がついた。また上橋さんかと思う人もいるかもしれないが、まあ、読んだ。それにしても作家というのはたいへんだなああ。これを書くのに何日… このレビューの続きを見る

獣の奏者

00:24:By モノ

二巻の王獣編も読みました。 両方とも読んだのは去年ですが。 やべぇ、面白いけど上橋菜穂子に飽きてきた。 なんだろ? 文章のかたさが、話の流れが遅いと無意味に難しく感じてくる。 もう少し柔らかい言… このレビューの続きを見る

3.8

獣の奏者 I 闘蛇編

14:32:By 楽屋日記

ずっと気になってはいたものの、守り人シリーズも読了してないので手を出せずにいました。 が、図書館でたまたま2巻ともあるのを見つけて借りてしまいました。ちいさな図書館なのでそろって置いてあるのって滅多に… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 ★★★★(4/5) あらすじ 獣ノ医術師の母と暮らす少女、エリン。ある日、戦闘用の獣である闘蛇が何頭も一度に死に、その責任を問われた母は処刑されてしまう。孤児となったエリンは蜂飼… このレビューの続きを見る

3.8

獣の奏者 I 闘蛇編

23:22:By Who knows?

惹き込まれる世界観。

獣/の奏/者

00:27:By LIES IN BLUE..

十二/国/記や勾玉物語やゲドやナルニアが好きな人にもオススメです♪ (ナルニアのアスランが男前すぎてたまりません) 今夜は久しぶりにPCが触れますvこれからあちこちお邪魔しに行ってきます!

獣の奏者 I 闘蛇編

10:05:By kira* kira*

★★★★☆ JUGEMテーマ:読書

これはすごい、と信頼する友人が褒めていたのを読んで、山のように読んでいる彼女がそういうのだから勿論すばらしいのだろうと身構えて読んでしまった。結果、期待をはるかに上回った。夢中になって読んだ。思い返… このレビューの続きを見る

よかったーーーーーーーーーー もう叫びたくなっちゃう位! 本の雑誌2007年8月号で上半期ベスト1になった本です。 実はそれを見たときから読んでみたかったのですが、 こんなにいい本なのに、意外と本屋さん… このレビューの続きを見る

これはまたもう、すばらしいです。 二冊の本ですが、二冊で終わってしまうのが悲しい。 上橋さんはわが子に読ませたい作家ナンバーワンですな!

獣の奏者 I 闘蛇編

23:55:By a bird shop

やっと図書館の順番が回ってきたー 闘蛇編だけなのでどうしようかなと思いつつ読み始めたら ぐいぐい引き込まれあっという間に読了 評判どおりの素晴らしい作品。 エリンが孤独なのに賢くて健気で、涙腺がゆ… このレビューの続きを見る

また涙涙ですよ!って最近こればっかりですが(笑)。 でもほんとに、クッと来たときに電車の中でどれほど苦労してごまかしたことか。 花粉症の人よりも力強く鼻をすすり上げ、ハチドリの羽ばたきよりも素早く瞬… このレビューの続きを見る

あらすじ 獣ノ医術師の母と暮らす少女、エリン。ある日、戦闘用の獣である闘蛇が何頭も一度に死に、その責任を問われた母は処刑されてしまう。孤児となったエリンは蜂飼いのジョウンに助けられて暮らすうちに、山… このレビューの続きを見る

上橋菜穂子サマ「獣の奏者」を読んでみました。 なんと、今回は児童書です(笑)あえてそっちにいってみました♪ 子供向けだからといって、侮ってはいけません。 けっこうよかったです。ファンタジーです。1・… このレビューの続きを見る

精霊の守り人があまりに良かったので、新シリーズに手を出してみた。手を出してみて、すっごく良かった。本当に読んで良かった。 闘蛇の死の責任を取らされ処刑された獣ノ医術師の母。孤児となった少女エリンは、蜂… このレビューの続きを見る

3.8

獣の奏者 I 闘蛇編

23:06:By ルティア

ちゃんとしたレビューは“王獣編”を読んだ後に書きます。が、“闘蛇編”を読んでちらちらと思ったことを少し書きたいので。。 これは、守り人シリーズのように“児童文学”というカテゴリーには入ってないのかしら? … このレビューの続きを見る

3.8

獣の奏者 I 闘蛇編

10:24:By ぼちぼち

上橋菜穂子待望の長編ファンタジー けっして人に馴れず、また馴らしてもいけない獣とともに生きる、宿命の少女・エリン。 母が指笛を吹き鳴らしたとたん、奇跡が起こった。だが、その奇跡を、母は「大罪」と… このレビューの続きを見る

「エリン、おかあさんがこれからすることを、けっしてまねしてはいけないよ。おかあさんは、大罪を犯すのだから」(本文より)  上橋さんのお話は、どんなに分厚い本でも気がつくと読み終わっているということが… このレビューの続きを見る

面白いです。 霧の民(アーリョ)の母、違う氏族の父親。 その子供の『エリン』が主人公です。 霧の民は、本来は同属同士でしか結婚してはいけません。 けれど、母親は、その禁を犯して結婚し、子供を産み… このレビューの続きを見る

☆☆☆☆ 上下巻で頁数は多いですが、前編での引きが上手くて続きが気になってしかたなく、流れるように後編へ。 で、かなり重厚なファンタジーになりそうだという期待に胸を膨らませた後半だったんですが、…まあ、… このレビューの続きを見る

3.8

獣の奏者 I 闘蛇編

18:05:By 1000 Miles

最近読んだ小説。 全二巻。 獣の書き方が半端じゃなく上手い。 主人公のエリンが王獣という決して人に慣れぬ獣との交流を描く作品。 よく怖い生き物を従わせる話っていうのは聞くけれど、ここまで獣との関わ… このレビューの続きを見る

獣の奏者 I 闘蛇編

01:39:By

分類すれば児童文学・・・ ハリポタのように大人も楽しめる児童文学です。 まず最初の数ページ、一気に読まされます。 ん?どーゆーこと? 文章に勢いがあるので、休むことを許されずぐいぐいと読んでいけま… このレビューの続きを見る

?王獣編と一気にブックフェアにて2割引で購入。 1日1冊のハイペースで一気に読みきった。 世界観がすごい! でもなんか引っかかる。 なんでしょう?でもこの子はこういう風にしか生きられないのかも。。。 それって寂しくないかなぁ?

上橋菜穂子さんの新作(のはず... 学校にも即入ってて・・・読みたい!!! けど今エンデュミオンスプリングを読んでいるので読めない('A`) 早く読み終わってミッシングも読み終わって・・・ で 早く借りよう でもやっ… このレビューの続きを見る

3.8

獣の奏者 I 闘蛇編

22:49:By 心の旅

普段、ファンタジーには興味が無く。ほとんど読むことはありません。ハリーポッターも原書を一度読んだだけでやはり子供向けと思いやめました。この本は、「王様のブランチ」で紹介されていて結構興味を惹いたので… このレビューの続きを見る

出版社/著者からの内容紹介 上橋菜穂子待望の長編ファンタジー けっして人に馴れず、また馴らしてもいけない獣とともに生きる、宿命の少女・エリン。 母が指笛を吹き鳴らしたとたん、奇跡が起こった。だが、その… このレビューの続きを見る

3.8

獣の奏者 I 闘蛇編

05:51:By

学校の図書室から借りました  小さな頃に母親から引き離されるって、けっこう辛いことなんだろーなって思います。エリンの母は優しかったですし。けど、エリンには育ててくれる人がいました。ジョウンです。彼… このレビューの続きを見る

関連する商品