>
[Amazon] 貧乏はお金持ち──「雇われない生き方」で格差社会...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

貧乏はお金持ち──「雇われない生き方」で格差社会を逆転する
貧乏はお金持ち──「雇われない生き方」で格差社会を逆転するで自分のブログにレビューを書く

貧乏はお金持ち──「雇われない生き方」で格差社会を逆転する

おすすめ!3.7 [3.7](9件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:116517位
  • Amazon価格:¥ 1,980
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4062153580(講談社)
貧乏はお金持ち──「雇われない生き方」で格差社会を逆転するのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(9件) 3.7 [3.7]

橘さんの本はリアリズムがあって好きです。 ひきこもり、今月15日にはなんとか終わりそうです。。。 *****************************************ホワイトハンズ 代表 坂爪真吾(さかつめ・しんご) HP:http:/… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:日記・一般<読書日記>  今年49冊目、「貧乏はお金持ち──「雇われない生き方」で格差社会を逆転する」(橘 玲著)を読了しました。  この本も天白図書館で借りました。橘氏の本は、今までに少なくと… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書久々に橘玲氏の本を読んだ。基本的には「黄金の羽根の拾い方」のアップデート版と言ったところ。今回は橘節があまり効いていないように感じたことと、タイトルと内容が一致していない気がすることも含めて、ちょっとインパクトは感じない本だった。しかしながら、この人もまたリバタリアンであり、導入部での格差社会の現状認識や、あとがきでの主張は池田氏が言っていることと通じる部分がある。

 かつてこの国では、サラリーマンは「社畜」と呼ばれていた。自由を奪われ、主体性を失い、会社に人生を捧げた家畜すなわち奴隷の意味で、彼らの滅私奉公ぶりや退屈な日常を嘲り、見下すのがカッコいいとされてい… このレビューの続きを見る

著者の本は、随分前に読んでいたが当時はファイナンスがさっぱり分からずしばらく読んで放っておいた。そして、今著者の本を読んでみると・・面白い!この本は、独立してフリーエージェント(マイクロ法人)となる… このレビューの続きを見る

自由に生きる

00:14:By バカリキ

 「英語科教育法?」のレポート作成のため、参考文献を借りに図書館に行ったのだが、保管庫にあるとのことで取り寄せてもらうことになった。「一週間はかからないと思いますが…」とのことだが、提出期限に間に合うかな。 予約してあった本を借りることができた。

紹介者★:SATUUUUN 貸付OK★:○ コメント: (独立したい)会計士必読! 節税対策、法人設立などの金持ち父さん的な話が多いです。 ただのスキル本ではなく、格差社会や会社とは何かといった社会学的考察もあり、おもしろいです。

 今日は本の紹介です。 『貧乏はお金持ち』橘玲著 会社に左右されず独立した人生を歩むには? サラリーマンは国からも企業からも搾取され、使い捨て られる運命しかない。 経済的独立を果たすために「一人… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:ビジネス  当ブログでも過去の著作を何冊かご紹介したことのある、橘玲さんの最新刊です。今回は「マイクロ法人」をメインテーマに据えて、会社とは何か、から始まり、その可能性、どのように… このレビューの続きを見る