>
[Amazon] 僕は君たちに武器を配りたい

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

僕は君たちに武器を配りたい
僕は君たちに武器を配りたいで自分のブログにレビューを書く

僕は君たちに武器を配りたい

おすすめ!3.4 [3.4](17件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:5475位
  • Amazon価格:¥ 1,344
  • ユーズド価格:¥ 20
  • ISBN/ASIN:4062170663(講談社)
僕は君たちに武器を配りたいのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(17件) 3.4 [3.4]

僕は君たちに武器を配りたい

新年、明けましておめでとうございます。仕事や育児で時間が取れず、最近は月1,2回程度しか更新できておりませんが、今年もご愛読いただければ幸いですm(_ _)m 今回は、宣伝で恐縮ですが、診断士試験の2次合… このレビューの続きを見る

3.4

近況:

20:00:By THE DAILY 082

毎日のようにBLOGを更新しようと思いつつ、半月ぐらい経ってしまいました。時間がなかったのも確かなのですが、本当は更新する気がなかったんじゃないかと思っています。あまり何事にも興味がなくなっていて、ある… このレビューの続きを見る

結論から言うと、「仕事を探す人」ではなく「仕事を作る人」を大量に育成しないかぎり、日本に未来は無い、ということになると思うのですが、これは至難の業ですよね。「仕事を作る人」=起業家を、何らかの教育シ… このレビューの続きを見る

 自分が働いている会社に、働かないうえに新しい発想もなく、社内政治だけには長けた、既得権益を握って離さないオジサンたちが居座って甘い汁を吸っている。そう感じるのならば、本書で述べたように自分の会社をぶっ潰すためのライバル企業を作ってしまえばいいのである。自分の会社が本当に不合理なシステムで動いているのならば、正しい攻撃をすれば必ず倒せるはずだからだ。

自宅から会社に通う若い女性は、そこそこのお金を貯めている。リクルートが自社のメディア『L25』を使って、「女子会」というイベントを仕掛けていたが、それはこの女性たちに、貯め込んだお金を使ってもらおうとい… このレビューの続きを見る

商品を遠くに運んで売ることができる人(トレーダー)自分の専門性を高めて、高いスキルによって仕事をする人(エキスパート)商品に付加価値をつけて、市場に合わせて売ることができる人(マーケター)全く新しい… このレビューの続きを見る

 マーケターとは、端的に定義すると、「顧客の需要を満たすことができる人」のことだ。 大切なのは、「顧客自体を新たに再定義する」ということである。つまり、人々の新しいライフスタイルや、新たに生まれてき… このレビューの続きを見る

 就職先を考える上でのポイントは、「業界全体で何万人の雇用が生み出されるか」という大きな視点で考えるのではなく、「今はニッチな市場だが、現時点で自分が飛び込めば、数年後に10倍か20倍の規模になっているかもしれない」というミクロな視点で考えることだ。まだ世間の人が気づいていないその市場にいち早く気づくことなのだ。

 すごいタイトル名なので、つい手に取ってみたくなった。この著者は、京都大学の教授でもありながら、実業も手がけられ、投資家でもある。要するに、実践の中から、今の学生をはじめ社会人に向けて発信した内… このレビューの続きを見る

2012:05:21

19:26:By bloooooog

さいきん読んだ本たち ムーミン熱が止まらないよ。原作やアニメでも違ったり、作者も兄弟で違うし いろんな顔をキャラクターたちが持っている。あたしはどちらかといえば アニメ派ですが、原作も趣があってすき。… このレビューの続きを見る

 山口の平田軍団!(笑)いつもの蕎麦屋さんで・・・ランチ。やはり、美味い!ふしの屋!お見送り、ありがとうございました。広島到着!渚と渚組の皆様とお茶・・・この本、面白い!↓↓↓

私事で恐縮だが、順調であれば来年の春に父親になる予定だ。最近は子供の名前を考えたり、将来どういった人間になってほしいか人並みに考えたりもしてしまう。それでも、最終的にはなるようにしかならないと思いつ… このレビューの続きを見る

おススメ本

11:44:By ヒミツキチ

先週の週末は、NEXTスペシャル、久々の3000人規模のイベントに、日曜日は、超満員の原岡さんの製品セミナーとニューウエイズの底力を感じさせる2デイズでした。詳しくは、キヤマさんブログhttp://junways.juge… このレビューの続きを見る

 高校受験の勉強に励む子どもに、こんな本を読ませていいのかと思いつつ、でも、悪いけど受験が終わりじゃないから、先生やその他誰かの言われた通りに何かを上手くやってりゃそれでいいんでしょ?というのではこの先つらくなるばかりだから。。。という事を知ってほしいなあと思って、とりあえず手渡しました。母の愛の深さを思い知れ(?)なんちゃって。

 最近流行の朝カツ。要するに朝の時間を使ってキャリアアップを目指すべく勉強しようとかいう昨今の流れ。更には英語公用語化をする!という企業まで出てきて「これはTOEICとかないとダメなの?」という資格取… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 非常に面白い一冊。著者の瀧本氏は、マッキンゼーをでてエンジェル投資家をしつつ京大でベンチャー論の教鞭をとっている方。神経質そうなタイトルと表紙からスティーブジョブズのような細見で眼… このレビューの続きを見る

関連する商品