>
[Amazon] 贖罪の奏鳴曲

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

贖罪の奏鳴曲
贖罪の奏鳴曲で自分のブログにレビューを書く

贖罪の奏鳴曲

おすすめ!3.8 [3.8](10件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:416859位
  • 定価:¥ 1,760
  • Amazon価格:¥ 1,728
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4062173778(講談社)
贖罪の奏鳴曲のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(10件) 3.8 [3.8]

「魔女は甦る」、 「連続殺人鬼カエル男」(読了したが、感想は書いていない・・・。) に登場する渡瀬、古手川ペアが再登場。 この人の作品は新しいものほどおもしろい。 どんどん文章も内容も洗練されている。 悲惨な描写が鮮明に描かれているので、苦手な人は苦手だと思うけど、 この作品は殺人事件そのものよりもそれに関わる人々の行動、動機、心理が細かく描かれていると感じた。

 中山七里さんの本は・・・本当に犯人が 最後の最後までわかりません・・・大・どん・でん・返し・・・犯人だと思って読んでいたのにへぇ〜・・この人だったの〜とびっくり・・・目がテン状態でした。弁護士… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般JUGEMテーマ:映画映画の試写会にいきました。隣の女の人二人(上下関係あり)が「これって原作も売れてますよね」「ああ、映画面白かったら図書館で借りてみよ」「この人の○○もいま有名だよ… このレビューの続きを見る

*あらすじ* 弁護士・御子柴礼司は、ある晩、記者の死体を遺棄した。死体を調べた警察は、御子柴に辿りつき事情を聴く。だが、彼には死亡推定時刻は法廷にいたという「鉄壁のアリバイ」があった―。「このミス」大… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 弁護士・御子柴礼司は、ある晩、記者の死体を遺棄した。死体を調べた警察は、御子柴に辿りつき事情を聞く。だが、彼には死亡推定時刻は法廷にいたという「鉄壁のアリバイ」があった――。

 ある夜、ひとりの男の死体を遺棄した、弁護士の御子柴。警察は捜査の結果、彼にたどり着く。実は御子柴には、思いがけない過去があって……。  おもしろかったー! 一気読みでした。序盤に抱いた主人公のイメ… このレビューの続きを見る

贖罪の奏鳴曲

22:48:By planet17

内容(「BOOK」データベースより) 弁護士・御子柴礼司は、ある晩、記者の死体を遺棄した。死体を調べた警察は、御子柴に辿りつき事情を聴く。だが、彼には死亡推定時刻は法廷にいたという「鉄壁のアリバイ」があ… このレビューの続きを見る

3.8

贖罪の奏鳴曲

18:40:By ぼちぼち

JUGEMテーマ:読書  どんでん返しが止まらない! 怒濤のリーガル・サスペンス!! 大森 望氏、推奨! 封印された過去が、新たな「罪」へ。 「正義」と「贖罪」の意味を問う驚愕のミステリー。 「このミス」大… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 どんでん返しが止まらない! 怒濤のリーガル・サスペンス!! 大森 望氏、推奨! 封印された過去が、新たな「罪」へ。「正義」と「贖罪」の意味を問う驚愕のミステリー。 『さよならドビュ… このレビューの続きを見る

3.8

ヘルタースケルター

09:57:By Jiboomy

 タースケル

関連する商品