>
[Amazon] 創作の極意と掟

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

創作の極意と掟
創作の極意と掟で自分のブログにレビューを書く

創作の極意と掟

3 [3](4件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:130500位
  • Amazon価格:¥ 1,404
  • ユーズド価格:¥ 581
  • ISBN/ASIN:406218804X(講談社)
創作の極意と掟のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(4件) 3 [3]

本読了レビュー1

10:41:By MONOGUSAWAY

JUGEMテーマ:読書 創作の極意と掟/筒井康隆 創作とは小説のことなので小説書きなら読むと楽しい。どういう表現やどういう効果が小説というものに影響し、意味を与えてくれるのか。小説の技巧というデイヴィッド… このレビューの続きを見る

写真家の笠井さんがこの記事を載せてたのを読み、読んでみたいと・・・ https://cakes.mu/posts/7763 笠井爾示 (@kasaichikashi) | Twitter __________________________ ___… このレビューの続きを見る

●本日の読書 ・「創作の極意と掟」筒井康隆/講談社  筒井さんは凄いなあ。「ロートレック荘殺人事件」であっと驚くトリックを、「虚構船団」でホチキスが針を吐く様をコココと表現し、「残像に口紅を」で小説… このレビューの続きを見る

「この文章は謂わば筆者の、作家としての遺言である」 本書はそうした衝撃的な一行によって始められる。「遺言」。考えてみれば以前に『偽文士日碌』を読んだ時にも思ったことなのだけれど、筒井康隆氏はいずれ… このレビューの続きを見る

関連する商品