>
[Amazon] 月の影 影の海〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワ...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

月の影 影の海〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)
月の影 影の海〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)で自分のブログにレビューを書く

月の影 影の海〈上〉 十二国記

おすすめ!4.2 [4.2](22件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:205080位
  • ユーズド価格:¥ 26
  • ISBN/ASIN:4062550717(講談社)
月の影 影の海〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(22件) 4.2 [4.2]

十二国記

22:23:By JUNGLE GREEN

昔上巻を読みきろうとしても、苦しくて読み切れないくらい、陽子の地を這うような孤独や苦しみがわかって辛すぎて読めなかったんですが、思春期の頃とリンクしてしまうというか。月迷風影という曲はアニメのエンデ… このレビューの続きを見る

  【あらすじ】髪の色は若干赤毛がかっているものの、性格は真面目で優等生な女子高生である中嶋陽子。彼女は毎日普通に学校に通う平凡な日々を送っていたのであったが、ある日、その平凡な日々が壊されること… このレビューの続きを見る

全然、図書館で借りられるのですが…。やっぱり大作は持っておきたい気持ちがあります。(1冊105円)短大の頃友達がはまっていました。その影響です。昨日の三谷さんの連載もたくさんでてるし、十二国記もたくさんでてるし読まなきゃいけないものがいっぱい!十二国記、複雑なのでわからなくなったらアニメを見ようかな…。原作は小説なのです。複雑で濃厚。

 物語が進むごとにわかってくる異世界『十二国』のこと。 主人公陽子の視線で読者もこの異世界を眺める感じです。 それとともに浮き出してくる陽子を取り巻く事件の異様さ。 息もつかせぬ展開ってこういうんを言… このレビューの続きを見る

 再読しました

 うちのオカンは本を読むのが好きです。 最近は宮部みゆきにはまってるとか… ジャンルとしては、ミステリーとファンタジーが大好きなようです。 児童書あたりも読んでますね 以前NHKでもアニメ化しましたが、… このレビューの続きを見る

 「十二国記シリーズ」 小野不由美(著) 講談社 言わずとしれた、小野不由美先生の作品。 私的にはファンタジー部門・日本代表になれる!と思う異世界譚。 出会ったのは高校生の頃ですが、今読んでもその… このレビューの続きを見る

学生時代と違い小説はあまり読まなくなったが、このシリーズは比較的よく手にするので記事にしてみたいと思う。 内容は暗く重め。アニメを観て面白いと思っていたものの、耳慣れない言葉や設定が台詞だけでは… このレビューの続きを見る

昨日整理していたら こんなものが出てきました 1997年 …うは!まさしくひと昔前。 慶国主上と女官たち ワタシは陽子が大好きです この時期はかなり充実していたようで 楽しそうにかいていたみたいで まったく描いた記憶がございませんでした(笑) ああなつかしい。 香港とか行ってたなあ。 たまごっちなんて超時事ネタ。 十二国記は絶対的に 陽子と楽俊が好きです。 次に小松の親分と六太。

少女向けと銘打たれているが、その実、全年齢向けだと思う。 主人公に対し、ここまでの苦難を向けるものも珍しい、と思うほどの波乱万丈。容赦がないといえるほどの苦難の波に、思わず何度放り投げたくなったことか… このレビューの続きを見る

小説・十二国記 月の影 影の海の感想です ■あらすじ 学校にケイキと名のる男が突然、現われて、陽子を連れ去った。辿りついたところは、地図にない国。そして、ここで陽子を待ちうけていたのは?(あらすじよ… このレビューの続きを見る

4.2

本の紹介その2

03:11:By PReSTiSSiMo

なんとなくその2 中学のときに読んでハマった「十二国記シリーズ」です。 中学の図書館にあったやつを「絵がかわいいな」と思って読み始めたのがきっかけ。 絵がかわいいとかそういう規模のお話じゃありませ… このレビューの続きを見る

「あなたは私の主(あるじ)、お迎えにまいりました」学校にケイキと名のる男が突然、現われて、陽子を連れ去った。海に映る月の光をくぐりぬけ、辿(たど)りついたところは、地図にない国。そして、ここで陽子… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:漫画/アニメ いまだその続編を待ち続けているのが「十二国記」だったりする。最新は番外編の「丕緒(ひしょ)の鳥」だけど、これほど完結させて欲しい本も珍しいよ。 [PR] 国の教育ローン/教育費の悩みに教育ローン アロマオイルの効能/アロマエッセンスの効果を知ろう 医療事務で働く/医療事務の魅力や仕事のこと 犬のしつけ/噛み癖、無駄吠え、トイレ対策!

現在通勤中に読んでいる小説です。 思い返せば、今から約7年〜8年前にNHKアニメで知ったのが切欠で、 いつかは小説を読んでみたいと思っていた物をやっと手にしたという感じです。 まだまだ序盤しか読ん… このレビューの続きを見る

「あなたは私の主、お迎えにまいりました」学校に、ケイキと名のる男が突然、現われて、陽子を連れ去った。海に映る月の光をくぐりぬけ、辿りついたところは、地図にない国。そして、ここで陽子を待ちうけていたのは、のどかな風景とは裏腹に、闇から躍りでる異形の獣たちとの戦いだった。「なぜ、あたしをここへ連れてきたの?」陽子を異界へ喚んだのは誰なのか?帰るあてもない陽子の孤独な旅が、いま始まる。

もう既にいつ読んだのか憶えてない...(<だから意味ないって...!) 陽子かっこいいなあ。わたしは何にこんなに迷ったり途方に暮れたりしてたんだっけ。導いてくれる人がいないわけでもないし、導いてほしいわけでも助けがほしいわけでもないのに、楽俊にそばにいてほしいと思います。

執筆中…

月の影 影の海 小野不由美 講談社X文庫ホワイトハート/講談社文庫 十二国記シリーズ第1弾。 ファンタジーにはまってた時期に存在を知った本でした。 存在は知ってたけど、どうも展開が過酷らしいと聞い… このレビューの続きを見る

月の影 影の海 十二国記(上)(下)著者/小野不由美 親、同級生、教師。他人の顔色をうかがいながら高校生活をおくっていた陽子の前に、突然あらわれた金の髪の男と異形の獣達。そして気づけば一人、見知らぬ… このレビューの続きを見る

4.2

十二国記

20:16:By T_plus!

十二国記だと図南の翼が好きかなぁ。主人公の子がかなり好感。 陽子も好きなんだけど、元々の世界にいた頃は共感するところがほとんどなくて、どうせ成長するんだから、早くしてくれ〜と思って見てました(笑)す… このレビューの続きを見る

かたっぱしから読んだことのある本とか見たことある映画・ドラマとか聴いたことのある音楽やらの感想を書いていくことにしました。 第一弾は「月の影影の海(上)」 これは小野不由美さんの十二国記シリーズ… このレビューの続きを見る

関連する商品