>
[Amazon] 天使の耳 (講談社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

天使の耳 (講談社文庫)
天使の耳 (講談社文庫)で自分のブログにレビューを書く

天使の耳

おすすめ!3.3 [3.3](10件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:93372位
  • Amazon価格:¥ 605
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4062630168(講談社)
天使の耳 (講談社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(10件) 3.3 [3.3]

3.3

天使の耳

21:27:By Wisteria note

交通事故に端を発する短篇集。 交通事故は人の人生を左右しますものね。たまに思うのですが、歩行者のほうが道路に飛び出しても、車のほうが悪いとなるのは、少しかわいそうな気がします。 車のほうが絶対的に… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:自分が読んだ本 ちょっと前に読み返した本の感想を書きたいと思います  「天使の耳」東野圭吾 著   講談社文庫 表題作「天使の耳」 午前零時の時報と松任谷由実さんの曲から始まる物語。 … このレビューの続きを見る

天使の耳

23:53:By T_plus!

 くどい長編よりはこういう短編のが好きです。 ちょっと捻くれた雰囲気が好き。

この本は交通警察と交通事故に関係する物語を書いた連作短編集です。 全部で6編。 どれも日常起こりうるかもしれない様な出来事で人生を狂わされる人々がいるという事を教えてくれる物語でした。 初めの1編は「天… このレビューの続きを見る

連作短編集。といっても 交通警察を描いているだけで、 登場人物などは、ばらばら(たぶん) 前半は、ひやり、どきりというエンディング。 最後のほうには、スッキリするラストな感じに。 並べ方のよさのおかげで読後感は悪くないかな。

3.3

天使の耳

06:22:By DoWhat10!

交通事故をテーマにした作品集。 事故って被害者も加害者も一瞬にして 色んな物をを失ってしまうんだなーと。 しかし、自分一人が気をつけてもどうしようもないことも あるわけで… しかし、小倉の警察は腐ってるな。

3.3

天使の耳

13:54:By bookshelf -13-

  

 【あらすじ】 深夜の交差点で衝突事故が発生した。 目撃者はなく、どちらの信号が青だったのかが争点となるのだが、 一方の車の運転手は死亡してしまい、その同乗者である妹は 目が不自由という問題を抱えて… このレビューの続きを見る

もう〜すっごく個人的にショックなことが・・・ この本、家にあったのに買ってしまった(TT) 東野氏の作品は読みやすく好きなのでたくさん読みたいと思っている為、 買い置きが何冊かあって、忘れていたーー… このレビューの続きを見る

『天使の耳』、『分離帯』、『危険な若葉』、『通りゃんせ』、『捨てないで』、『鏡の中で』・・・交通課管轄の事件・事故をとりあげた短編ミステリー集。 一ばん好きだったお話は、『捨てないで』。 『捨てないで… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品