>
[Amazon] どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)
どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)で自分のブログにレビューを書く

どちらかが彼女を殺した

おすすめ!3.4 [3.4](35件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:9396位
  • Amazon価格:¥ 659
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4062645750(講談社)
どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(35件) 3.4 [3.4]

東野圭吾氏の 『どちらかが彼女を殺した』 読了。 刑事・加賀シリーズの第3弾とも第4弾ともある作品だ。 どっちかわからないのは、帯によって違ったりするからで、 もう一方の 『悪意』 (現在、読んでい… このレビューの続きを見る

時間に余裕が出来たので・・・ 小説を読むことに  なんでこの本を選んだのか??は よくわからないのですが 作者の方が好きなので 手に取った一冊・・・ ストーリーはシンプルで 登場人物も少ないので 犯人… このレビューの続きを見る

 最後まで読んだけど、犯人の名前が書いてなかった・・・こんなのありか?ネットで犯人を調べて少しだけ満足した。でも、これって、どちらが犯人でもいいんじゃないって感じがしました。

 うーん  最後の最後まで「どっちが犯人だよ!!」と  ドキドキしっぱなしだったんだけど  結局わかんないって!!!  多分、そっちだろうなぁ…  とは思うけど  こんな終わり方いや〜   まぁ、読解力不足ってことなんやろうけど。

今日び、すっかり流行りの小説家、東野圭吾先生の作品を、最近読み始めました。ビギナーです。 しかもメジャーどころ(ガリレオとか白夜行とか)からは絶対に始めないという、ひねくれな私のおきまりのパターン(笑… このレビューの続きを見る

今日び、すっかり流行りの小説家、東野圭吾先生の作品を、最近読み始めました。 しかもメジャーどころ(ガリレオとか白夜行とか)からは絶対に読まないという、ひねくれな私のおきまりのパターン(笑) 普通に、… このレビューの続きを見る

生活がいったん落ち着いたと思ったら,勉強と卒論をどうしようという感じの青です。   公務員試験の第一志望を受け終わった後(落ちたけど),読書がとまらなくなり,内田康夫を数冊読んだ後, 母がはまっているよ… このレビューの続きを見る

 書き忘れてましたが、2月、3月と一冊ずつ読んでました。「どちらかが彼女を殺した」最後まで犯人の名前が出ない、新しい推理小説でした。自分で解かなきゃいけないの。ひょんなところから犯人分かってしま… このレビューの続きを見る

加賀恭一郎シリーズ3冊目です。 こちらは加賀さん視点で描かれているところが無いので、これだけ読んでも楽しめると思います。 妹を自殺に見せかけ殺された兄が、犯人を捜し復習するという物語です。 面白い点は、この兄も警察官というところでしょうか。 最後の謎ときはありますが、誰が犯人かは書かれていません。 読んでたら分かりますが(^_^;)      

  はろーん こんばんわ 昨日は熱があり 喉がいたくてブログ 更新できませんでした すみません(>_<) もう治りましたよ〜 バカはすぐ治るんです まだ喉はいたいけど; *** はい でででですが … このレビューの続きを見る

妹の友達に教えてもらった本。 「読み終わっても犯人わからなかった」 「袋とじの解説を読んでも判らなかった」と聞いて おもしろそう! これは読んでみなくては!と即行で読み始め。 確かにわからない。 犯人が… このレビューの続きを見る

 東野圭吾・著 『どちらかが彼女を殺した』 東野圭吾さんの本は疲れているときでも、割と読みやすいので 今までにも何冊か読んでいるのだが・・・・ コレは〜・・・ やっつけ仕事だったでしょ〜 ゴール… このレビューの続きを見る

犯人、分かりましたか? 私は分かりませんでした。 3回読んでも分かりませんでした(;´Д`) 頭の体操になると思います。全力で現実逃避してください。 個人的には、終わり方が「私が彼を殺した」より人間臭くって好きだなあ。 >>次は何を読もう。 にほんブログ村 読書日記Ranking にほんブログ村 本ブログRanking

タイトルでどちらかが犯人だ! ってそこまでわかっているのにもかかわらず 最後まで犯人がわからなーーーい! 袋とじを読んで・・・ なんとなくわかる感じ でも、その予想で合っているのか わからないとこが… このレビューの続きを見る

 どちらかが彼女を殺した  著者 : 東野圭吾  受賞歴 : 1997年本格ミステリ・ベスト10 5位

My favorite books.

19:49:By Tsurezure...SO!

JUGEMテーマ:オススメの本 These novels are Keigo Higashino's. These are mystery novels and we can't know who is a murderer. There is not answer. When a detective said 'this murder case's crimin… このレビューの続きを見る

 またもや加賀さんシリーズ。 この本は犯人が最後まで明かされない、 「読者が推理する」という異色のミステリー。 すごい試みだけど、ものすごくおもしろかった。 全ての理由に筋が通ってて、 全部「読者が推… このレビューの続きを見る

「さまよう刃」が重かったので 軽めのを・・・っと思って読んでみました。 「すべての手掛かりは示された。 真相を解明するのはあなただ。」 っと、確かに書いてはあるのだが・・・。 まさか・・・だ。

なんだか、今週は東野圭吾WEEKになったなぁ。 今週3冊目にして、久しぶりの長編。 やっぱり短編よりも登場人物の葛藤や駆け引きがより深くて面白い。 加賀刑事と被害者の兄との真相究明への競争というか、駆け引… このレビューの続きを見る

えっ?究極の「推理」小説??それは私への挑戦ですか? そんな風に考えていた時期が私にもありました…。以下、僕が袋綴じの解説を読む前に、真剣に推理した文章を載っけておきますよ。(’;ω;`)

2択。

12:32:By ぐ〜たら編集の日々

ウチの編集部のバイトくん、Hはある種の特殊能力の持ち主。 僕は空模様があやしいとき、必ず 「なぁH、雨、降るかな?」 と訊きます。 そこでちょっと考えたあと、Hが 「たぶん降ります」と言ったらだいた… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:ミステリこんな推理小説を読んだのは初めてです。妹の死を偽装自殺だと見抜いた兄は警察にはただの自殺と見せかけ、自力で犯人を捜そうとします。しかし警察側にも他殺だと気づいた人物がひとり・・・そ… このレビューの続きを見る

内容(「BOOK」データベースより) 最愛の妹が偽装を施され殺害された。愛知県警豊橋署に勤務する兄・和泉康正は独自の“現場検証”の結果、容疑者を二人に絞り込む。一人は妹の親友。もう一人は、かつての恋人。妹の復讐に燃え真犯人に肉迫する兄、その前に立ちはだかる練馬署の加賀刑事。殺したのは男か?女か?究極の「推理」小説。 推理小説なのね。

 【あらすじ】 恋人を親友に奪われ、もう誰も信じられないと落ち込んでいた和泉園子。 彼女はある日、兄・和泉康正によって遺体となった状態で発見される。 妹が自殺するはずがないと信じている康正は、自らの… このレビューの続きを見る

パソコン、やっと元に戻りましたー。 といっても自分ではなおしていませんが…。 というわけで、PCでブログ更新再開。 昨日読み終わったんですが、犯人が誰だかわからないんです。 推理の手引きとやらが袋… このレビューの続きを見る

まず題名に惹かれて買った久々のミステリー。 実際には推理物とは思ってなかったのですが、 読んでるうちに入り込んでいきます。 終わりに近づくにつれて「?」が増えて もう「で?」とか「ん?」と謎が深まるばかりでした。 読み終わってから「えぇ!?教えてよ!」と 心の中で叫んでしまった。 やられたなぁ。 以下あらすじ少々

まず、読書中の感想。 ↓ 東野圭吾すごい。 容疑者はたった2人。 なのに「こんなに犯人探しのプロセスが面白い本はない」と 言えるくらい、よくストーリーが練ってある。 この本に出会えてよかったーとま… このレビューの続きを見る

実は読んだのは新書版なのですが。。 この小説、答えが書いてありません。自分で推理するしかないのです。 最後まで読んで「えぇっ!?どっちよ!?」と戸惑いました・・・。 だってそれほど真剣に推理しながら読ま… このレビューの続きを見る

 参った!!!また?!‥ このところ、東野奎吾にハマッている。  O先生から薦められた時は‥う〜ん、娯楽ものは‥という感じだったのに、そして「手紙」も‥重い!‥という感想だったのに「秘密」からハマッてし… このレビューの続きを見る

純粋な謎解き本として楽しめた。 2回読んで、最後の解説を参考にしてやっと解ったけど(汗) ★★★★☆

一見、自殺に見える妹の死。しかし兄は「他殺」の証拠を掴み独自に調べを進めていく。 加賀刑事も登場して最後は・・・・「私が彼を殺した」よりも簡単らしいが、 やっぱり一回読んだだけじゃ、犯人を特定できず。二度三度、読む本。 ★★★★☆

最愛の妹を殺したのは、親友か?恋人か?「どちらかが彼女を殺した」 最後まで犯人がわからないという、WHO DONE IT?を読者が推理するという作品。 一応さいごに手引きみたいのがあるんですが…。 (文庫版で… このレビューの続きを見る

関連する商品

  • 新参者

    新参者

    JUGEMレビュー件数:1

    Amazon評価平均:評価平均40

  • 嘘をもうひとつだけ

    嘘をもうひとつだけ

    JUGEMレビュー件数:19

    Amazon評価平均:評価平均35

  • 卒業

    卒業

    JUGEMレビュー件数:31

    Amazon評価平均:評価平均35

  • 眠りの森

    眠りの森

    JUGEMレビュー件数:29

    Amazon評価平均:評価平均35

  • 祈りの幕が下りる時

    祈りの幕が下りる時

    JUGEMレビュー件数:3

    Amazon評価平均:評価平均40

  • 赤い指

    赤い指

    JUGEMレビュー件数:29

    Amazon評価平均:評価平均35

  • 私が彼を殺した

    私が彼を殺した

    JUGEMレビュー件数:29

    Amazon評価平均:評価平均35

  • 悪意

    悪意

    JUGEMレビュー件数:35

    Amazon評価平均:評価平均40

  • 宿命

    宿命

    JUGEMレビュー件数:42

    Amazon評価平均:評価平均35